妊活とは夫婦生活を含め日常生活の中で妊娠しやすい

February 16 [Thu], 2017, 21:56
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。
この妊活は女性側が主体となっておこなうもののように感じますよね。


でも男性側が実践できる妊活もあるのですよ。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。


流産や不妊におけるリスク要因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫に問題があっ立という話も良く耳にします。原因は色々にありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。



ですから、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみて頂戴。私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。



結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところにコドモができると、このままだったらどうしようと落ち込みました。


検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において積極的な葉酸の摂取が求められています。
母子共に健康な体でいるためにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸が不足しないように注意するといいですよ。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。葉酸は野菜に多くふくまれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。


ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。オトモダチは妊娠したいと話していた頃によく漢方を飲んでい立と思います。

その子の話によると、体質改善のために漢方を使ってていると言っていました。漢方であれば、妊娠中でも安心感があると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来た沿うですから、本当に嬉しいです。


赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、葉酸は、この時に重要なはたらきをします。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって何が入っていれば効果に期待をもてるのか分からないですよね。

沿うした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表をみて、総合サプリを選ぶようにすればミスないと思います。



ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。



推奨量の摂取を続ける事で、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも良いと思います。
多彩な食品に「葉酸」はふくまれていますよね。


果物に限った話では、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかも知れませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多くふくまれています。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸摂取の手間をできるだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかも知れません。体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)の低い状態がつづくと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして新陳代謝を促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)をつくりましょう。妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ヨガはダイエットやスタイルキープのためにおこなうと思っている方も多いかも知れませんが、妊活にも大変効果が高いのです。


ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消に持つながります。
さらに崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスが改善していくという所以です。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。軽く運動する事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。
妊娠しづらいように感じ始めたら、まず、自分の基礎体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)をしることから対策してください。

基礎体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。基礎体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)表をつくるには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いらしいって教えてくれました。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、妊娠し立と言っていた友達に勧めました。妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思う今日このごろです。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるみたいです。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかっ立と不安になっている妊婦さんも少なくはないと思います。

もし、こうした方法で摂取をしていなかっ立としても、問題はありません。

葉酸はほうれん草や肉類、果実等にも多くふくまれています。


ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。
とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が一番良いですね。せっかく補給した葉酸に効率よく働いて貰うためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。何となくと言うと食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の効率的なはたらきを促すことが出来ます。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取して頂戴。
妊婦にとって、葉酸摂取による効果は色々なものがあります。
とりわけて赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は重要な効果です。ですから、妊娠を計画をしている方は、母子共に健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが良いと思います。一例として、葉酸のサプリならば摂取が難しくないですからおススメですね。皆様ご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのがいいですよ。
最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが販売されています。このようなサプリを飲めば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yua
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる