瀬尾の飛鳥

December 13 [Tue], 2016, 10:18
乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効用があります。

例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、お腹を良くしていきます。

結果、免疫力が上がり、沢山の健康に対する良い効果が得られます。

アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされているのです。

インフルエンザにかからないための注射に伺いました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射を接種しています。

予防接種終了後は怖かったーと口にしていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も語れませんでした。

便秘になってしまったとしても、薬を飲むことで簡単に、解消できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食事を見直してみてください。

例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、少しずつ治ってきています。

改善するために行った方法は、ヨーグルトを毎日欠かさず食べる事でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日食べるようにしたのです。

毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘で悩むこともなくなりました。

ご存知の通り、アトピーの改善には食事も効果的です。

アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで健康的な肌へ変わっていくことが可能となります。

胃腸などの消化器系を労わって免疫力が高まる成分としてヨーグルトと大豆食品などを毎日一定量摂取するとアトピーの改善に効き目があります。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。

約1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組を見たことがあります。

私の子供が受験の時期だったので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。

夜更けに高熱が出て、約40℃に上がって健康を害したので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよとおっしゃいました。

もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を頂けるので、検査したいと念じました。

ところで、乳酸菌と聞いて思いつくのはカルピスですよね。

子供のころから、毎日飲用していました。

それは乳酸菌があるからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

そのために、私は便秘を経験したことがありません。

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、かなりひどい見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、効果が出なかったばかりか、住む場所を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、痒みも消えました。

いっそ環境を変えてしまうのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

ここ最近、乳酸菌がアトピーに効くことが明らかになってきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって原因となることもあります。

多くのアトピー患者は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することが完治するための方法となるわkです。

便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌入りのサプリです。

腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も多いです。

しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を摂取し続けるのは大変です。

サプリメントなら、お手軽かつ確実に乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘にいいといわれています。

花粉症となった以来、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。

二年前に花粉症になってしまい、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

お薬を飲むことは気が引けたので、テレビで取り上げていた乳酸菌ドリンクを試用しました。

現在の段階では、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

便秘にいい食べ物を毎日頂いています。

ヨーグルトです。

出来る限りですが、毎朝、頂いています。

頂いている間に、便秘が好転してきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも終えました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。

しかしながらそうは言いますが、たとえ身体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのオーバーすることはありますよね。

消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識内の量に保つと安全でしょう。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が体験してみると、大量に食べないと、あまり効果がない気がします。

1日に1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌な人もジャムを入れたりして、可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

乳酸菌が身体に良いということはわりと知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。

この説も、本当かもしれません。

それは、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、すぐに効果の出るお薬ではないからです。

とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、はなはだ大変なことに陥ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、連れて出ない方が正解かもしれません。

主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザといった病気に感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもまれにあります。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試してみることが良いでしょう。

このごろは、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、乳酸菌サプリというものも売られています。

私は腸まで届くような乳酸菌飲料を試したとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。

乳酸菌サプリメントと言えば、やはりビオフェルミンです。

まだまだ子供だった頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンとなるのです。

通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品等です。

大変な便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態に至っています。

この状態を改善することで、、うんちを出やすくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

インフルエンザは風邪とは違うもの言われているようです。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状が微妙に違います。

時として、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、怖くもある感染症です。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、身体の不調も引き起こします。

中でも女性に多い症状としては便秘なのです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。

可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。

アトピーになると非常にきびしい症状になります。

季節を問わず一年中かゆみとの闘いになります。

汗をかく夏場は痒みが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

便が溜まった事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰でも体験するものだと思います。

私もその一人で、大変な時は一週間便が出ないこともあります。

便秘薬も売られていますが、私はアレがあまり好きではないので、出来るだけ自然に便が出るオリゴ糖で改善しています。

お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。

普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。

屁による臭いの元は内臓ある悪玉菌にあるとされています。

なので、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌が増えるの、を防止する役割をする、乳酸菌を摂り続けることによりおならの臭いを相当、減らせます。

ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。

手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

便秘のパターンによっても、効果を得ることができるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、2歳になったところのことでした。

かゆみがしょっちゅうあり、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。

そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、一向に具合が良くなってくれません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でもお腹に効力を発揮するといわれているようです。

お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸の中が活発になり体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

乳酸菌を常に飲むことで整腸効果が高くなると考えられています。

最近の研究成果でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がかなり有効だということが分かり始めてきたのでした。

インフルエンザはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。

ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザを防いでくれたり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Syuri
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p5pnirweeleedh/index1_0.rdf