郵政政策会議、決定過程に異論出ず=30日、閣僚懇で調整(時事通信)

March 30 [Tue], 2010, 16:59
 政府は29日、郵政改革関係政策会議を開催し、郵便貯金の預入限度額引き上げなどを盛り込んだ改革案の骨格について、与党議員と意見交換した。骨格の決定経緯や内容をめぐっては、閣内の混乱が露呈しているが、政策会議では異論は出なかったといい、30日の閣僚懇談会での意見調整の行方が注目される。
 政策会議には約40人の議員が出席。会議後の大塚耕平内閣府副大臣(郵政改革担当)の説明によると、出席者は骨格決定前に9回の政策会議を開催して議論を重ねてきた経緯を指摘、政策決定プロセスに不満を示す声はなかった。むしろ、閣僚から異論が相次いでいることに関し、「違和感を覚える」「政策会議のプロセスを理解した上で発言してほしい」などとの意見があったという。 

星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待−国際チーム(時事通信)
コカインなど所持で追送検=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
トキ 石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育(毎日新聞)
<規制改革分科会>メンバー41人を発表…枝野担当相(毎日新聞)
参院選公約、3本立てで=地方版、業界向けも作成へ−自民(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p5ou5h8o/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。