妊娠の準備は妊娠前からはじまっている

February 01 [Mon], 2016, 8:23

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。妊活中の時から葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。


どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。野菜を十分に摂れない時は、葉酸のサプリを飲んでも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。


調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがあります。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。

葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配の必要が無くなります。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けることが出来るという報告があるのです。

厚生労働省が推奨する妊娠初期の葉酸摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合はサプリメントを活用するのも良い選択だと思います。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下することにつながります。


古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。



血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。


上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。


ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、くどく言うと怒られそうな気がしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。それで、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
私はラッキーだったのか、服用後2か月には赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。

無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで葉酸をしっかりと補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p5n-p-qg7
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p5n-p-qg7/index1_0.rdf