尾形が瑠衣(るい)

March 09 [Wed], 2016, 22:14
FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本では大体21時〜午前2時の間あたりはよく相場が動いて取引しやすくなります。相場が動く要因としては、特にアメリカの雇用統計や各国GDPなど経済指標の発表があると大きな為替相場の変動があったりするので、留意しておく必要があります。少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか調べておくと良いですね。FX投資で一儲けしたい方には、たとえ忙しくても経済指標の発表日程は忘れてはならないほど大切なので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。何かしらの経済指標の発表が行われたら、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、油断は禁物です。FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、利用するものはすべて利用したい方のためにFX業者によるアラートメールを利用してみるのもベターです。FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、大変重要になってくるのが損切りという手法です。投資をしていれば否応なしにわかることですが、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大変重要なポイントとなることは間違いありません。被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、絶対にそれを破ったり無視したりしないようにしましょう。スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操って空き時間にFX投資に勤しむ人が増えているようです。PCをわざわざ立ち上げてソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。便利に使えるFXアプリなども相当数出てきましたし、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。将来はより一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増加していくばかりでしょう。さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、決められていたレベルに達すると、保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるために事前にマージンコールが発生し、口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takumi
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる