救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)

April 20 [Tue], 2010, 10:07
 厚生労働省は4月13日、第33回救急救命士国家試験の合格者を発表した。合格率は84.0%で、前回より3.7ポイント上昇した。

 受験者数は前回から40人減の2538人、合格者数は60人増の2131人だった。合格者のうち男性が1898人で、約9割を占める。

 試験は3月21日に実施された。必修問題で40.5点満点中32.5点以上で、通常問題で234.5点満点中141.0点以上が合格基準。


【関連記事】
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で
救急救命士の職能団体が発足
救急車の出動、昨年は6.2秒に1回に減少−消防庁
救急救命士のエピネフリン投与で報告書−消防庁検討会
救急救命士の業務拡大で議論開始―厚労省検討会

遺体遺棄の被害女性、大阪拠点に転々と暮らす(読売新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
「ネバーギブアップの精神評価」=沖縄知事(時事通信)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も−旭川商工会議所(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p4xrqruv/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。