台風15号。

September 28 [Wed], 2011, 3:00
昨日の台風号直撃、ちょっとすごかった。忘れないうちに日記に書いときます。無駄に長文ですわ。月日は、夕方にザッと雨が降ったものの夜には雨も上がって、台風とは無縁の夜に思えた。明けて月日。普段時分に家を出て、先の会社までランニング通勤だけど、この日は有給で我が家の朝は普段よりものんびり、時過ぎに始まった。細かい雨とびょーびょー風が吹いていた。私、電車で分ほどの病院で予約があったんだけど病院が終わる頃は暴風域になってると思い予約をキャンセル。予定がなくなった私はちゃっかり二度寝夫は、録画しておいた映画をのんびり鑑賞。お昼過ぎに、あり合わせのもので昼食を摂った。次第に強くなる風雨。特に風がすごかった。「今日はこんな天気だからうちにいるだな。本飲んじゃおうかな」と、夫がハイボールの缶を開けようとしていたとき突然照明と機器がブツリ。午後時過ぎ。おわ、停電だ!とはいえ外はまだ暗くなかったので大して慌てず。しかしふと窓の外を見ると、ベランダが池のようになっている!夫、カッパを着込んでベランダの排水を調べてくれた。落ち葉や髪の毛で排水溝が埋まっていたようだ。ベランダちゃんと掃除しなくては汗。その後、水道が出ないことに気が付いた。軽くピンチ。少しだけ風が弱くなったので、夫が買い出しに出かけた。徒歩秒のコンビニ。当然店内は真っ暗。自動ドアも開かないので手で開けた。ポイントやは使えないけど手計算でよければ販売します、とのこと。大袋のパン種と天然水を買ってきてくれた。これで今夜はしのげる。冷蔵庫の中身が、特に生肉と乳製品、冷凍室のものが心配だけど、むやみに開閉するのはやめた。先週買ったファミリーサイズのアイス、完食しておいてよかった。会社からのメールで、市内でも停電していない地域があるらしいとう情報を得た。また、一戸建てに住むご近所さんは断水していないとのこと。マンションの給水装置に問題があるのか。市役所からのメールによると、天候が回復次第電気の復旧をする中電らしい。中電の担当者に熊パンチをお見舞いしたい気分だが、復旧を待ことしかできないので、薄暗い部屋の中でぼんやりと待った。午後時過ぎ、すっかり雨も風もやんだので、営業している店を探して、そこでトイレも借りようということになり車を出した。朝夕は車通りの多い道、いも通りの混み具合。しかし信号は消えたまま。運転の荒いこのへんのドライバーだけど事故もなく行き交う交差点にちょっとびっくりした。途中、お店の看板の支柱が曲がっていて、工事現場では仮設トイレがなぎ倒されていた。ほど離れたセブンイレブンとその前の交差点は電気がいている。駐車スペースじゃないところに無理矢理停めている車が何台もいる以外はいもの光景だ。店内は、お総菜やお弁当が完売。カップラーメン品薄。食パンや惣菜パン、カロリーメイトなどは余裕があった。はひっきりなしに人が立っていた。お金をおろし、トイレを借り、天然水を本買った。少ない水で洗い物ができるよう、ビニール袋が欲しかったがには売っていなかったので、停電地域にあるホームセンターに行った。広い駐車場には車がたくさん停まっているけど、看板も店内も真っ暗。店の入口には人以上が行列。行列のそばにいた店員さん曰く、「店内は真っ暗なので、お客様に店員人がいて一緒に商品の棚まで行き、懐中電灯で棚に書かれた値段を見て、レジに戻ったら手計算でお会計をします」とのこと。あまりに時間がかかりそうなのでやめた。軒目は、自宅から足らずの時間スーパー。停電していないエリアだった。駐車場の一部に大きな水たまりができているのもあり、駐車スペース陣取り合戦のような様相だったので私だけ車を降りて、夫は先に帰ってもらうことにした。普段の同じ時間帯よりも混雑していた。ビニール袋のほか、加熱も調理もいらない食材ということでキュウリ、ピーマン、ツナ缶ンオイルを買った。レジで前に並んでいるオバチャンは魚や挽肉を買っている。停電を免れた人と同じレジに並んでいるのはちょっと奇妙な感覚だった。帰り際に、「氷ご自由にお持ちください」を見け、ビニール分、氷をもらい、買った商品と共に段ボールに入れて歩いて帰宅した。暗くなって街灯も家の灯りもないが、車のライトがあったので不自由しなかった。停電エリアでファーストフード、スーパー、ドラッグストア、ファミレスなどがあるが、すべて閉店。停電では仕方ないよね、と納得しさっきのホームセンター、真っ暗な中一人一人対応してえらいと思った。帰宅したら家の中は当然真っ暗。懐中電灯だけが頼り。ガスは通じていたけど、暗い中の調理はパスした。もらってきた氷に塩をまぶして冷蔵庫の中に入れた。電気が通じるまでに溶けないでと願った。冷蔵庫のストック品を始末しようということで木綿豆腐丁とプレーンヨーグルト、キュウリ、パンで夕飯。食後は、ビニール袋に石けんと少し水を入れて石けん水を作り、そこに食器を入れてわしわし。わずかな水ですすぎ、濡らしたキッチンペーパーで拭いた。正直きれいになった気はしないが、洗わないよりはいい。寝る前に、トイレを借りようと、もう一度時間スーパーに行った。大きな水たまりは消え、駐車スペースの乱も収束していたがお惣菜とパンの棚がすっからかんだった。帰り道、夫と「自宅から近くの場所でも、停電を免れていも通りの生活をしている人がいるんだね、運が悪かったね」と話をしたが、もしも夫が有給を取らずに不在だったら、もしも病院の予約に間に合うように外出していたら、そう考えると運が良かったのかなぁ、なんて考えたりもした。電気が止まっても、あっさり買い物もできたし、飛来物でガラスが割れるようなこともなかったし。日は、夫は休日。朝一番で歯医者の予約を入れていた。電気が復旧してなかったら歯医者さんもなにもできないやん、と思ったが朝起きたら、電気も水道も復旧していた。冷蔵庫を開けたら、氷が半分溶け残っていた。冷凍室は結局開けなかったから、どれくらいの被害なのか不明。とりあえず冷蔵庫の生肉は捨てることにした。冷凍室には、ご飯約食分を小分けにしていたが、夕飯の時にチンして食べたが問題ないのでそのまま食べることにした。ご飯はまとめ炊きして小分け冷凍しているおや用に冷凍したふかし芋やクリームパン、チンしたら食べられた。冷凍してあった生肉はチャレンジしようか迷っている。そうそう、停電時に休業していたスーパーとドラッグストア。スーパーはいも通りの品揃えだったがドラッグストアは冷凍食品の棚が空っぽ、乳製品とアイスクリームの棚がスカスカだった。停電で商品がダメになったと全て廃棄し、今日入荷したものをあわてて並べていた。いも通りの品揃えのスーパー。finelog.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p4p8jautqi
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p4p8jautqi/index1_0.rdf