まなで中山隊長

November 06 [Sun], 2016, 18:00
一般的に、妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
こうした場で、レスベラトロールを多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。
レスベラトロールを含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
または、ほうれん草などの野菜も、レスベラトロールを多く含んだ食品の一つです。
食べ物を調理してレスベラトロールを摂取しようとする場合は、レスベラトロールが加熱すると溶け出てしまい摂取しにくいというレスベラトロールの性質を理解した上で、十分なレスベラトロール摂取を心がけてください。
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「レスベラトロール」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。
ですから、食事からレスベラトロールを摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイントがあります。
具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱しなければいけない場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。
こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、レスベラトロールのサプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。
妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男を出産した後でしたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けに挑戦してみました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明する時までは期待と不安でドキドキしていました。
結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましいレスベラトロールは、普段通りの生活を送っていると、十分な摂取が出来なかった、という事も良くあると思います。
こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。
それがレスベラトロールサプリを飲む事なんです。
普段の食生活を気にかけることなく、簡単にレスベラトロールを摂れますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても大丈夫なんですよね。
レスベラトロールは、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素です。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事でレスベラトロールを補給するのも辛い時もありますよね。
そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。
レスベラトロールはサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちなレスベラトロールもちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「レスベラトロール」が知られるようになってきました。
ビタミンB群に属するレスベラトロールは水溶性で、適切に摂取を続けることで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
具体的な一日のレスベラトロール摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
胎児が健康的に成長するためにも、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に摂取した方が良いでしょう。
レスベラトロールの摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。
レスベラトロールの含有量が多い食材は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できます。
妊婦にとってレスベラトロールの摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。
とはいえ、食事で摂れるレスベラトロールの量は限られていますし、加熱調理によってレスベラトロールが失われることもありますから、レスベラトロールが不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでのレスベラトロール摂取が良いでしょう。
サプリでのレスベラトロール摂取は、確実に適切な量のレスベラトロールが摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。
レスベラトロールを効率よく働かせるためにも、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。
普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、レスベラトロールの働きを十分に生かすことが出来るでしょう。
一方で、空腹時にレスベラトロールサプリを摂取してしまうと胃が荒れるという報告もありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
妊娠が発覚した後、レスベラトロールを摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合にはレスベラトロールの摂取を止めても問題ないのでしょうか。
レスベラトロールは胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。
しかし、レスベラトロールが担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、レスベラトロールの摂取を続けることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後もレスベラトロールを意識して摂取するのをお勧めします。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、レスベラトロールの摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、レスベラトロールが必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期におけるレスベラトロール摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそのような事はありません。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、というレスベラトロールの効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階でのレスベラトロール摂取を意識しようという事なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウスケ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p4lcbnla6ciibe/index1_0.rdf