全国新酒鑑評会:「酒屋八兵衛 大吟醸酒」が金賞 地酒見直しの契機に /三重 

2007年07月11日(水) 9時48分
◇三重大など開発の酒米+県が作った酵母
 大台町柳原の「元坂酒造」(元坂新社長)が製造する「酒屋八兵衛 大吟醸酒」がこのほど「全国新酒鑑評会」(独立行政法人酒類総合研究所、日本酒造組合中央会共催)で金賞を受賞した。元坂酒造と三重大付属施設農場(津市高野尾町)が共同開発した酒米「伊勢錦」の短稈(かん)品種と、県科学技術振興センターが開発した酵母「MK―3」を用いているのが特徴。元坂社長は「県内で流通している日本酒のうち県産は2割しかない。この機会に三重の地酒を見直してもらえれば」と話している。
 同鑑評会は、全国規模で開かれる唯一の清酒鑑評会で、今回が95回目の開催。981点の出品清酒から252点が金賞に選ばれた。フルーティーな香りと、軟水の井戸水で仕込んだやわらかい味のバランスの良さが評価されたという。
 金賞受賞酒は、720ミリリットルで4000円。県内の小売店で約700本の限定販売中。【高木香奈】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000004-mailo-l24

J・K・ローリング、ハリー・ポッターの8巻を執筆予定? 

2007年05月16日(水) 13時47分
7月に発売される「ハリー・ポッターと死の秘宝」(仮題)はシリーズ最終巻と言われているが、8巻目が執筆されるかもしれない。著者のJ・K・ローリングは以前から7巻目で終わりと言ってきたが、もう1冊書く可能性もあるようだ。「チャリティのために8巻目を書くかもしれないわ。魔法の世界の百科事典的なものになるかも」とローリングは言っている。ファンにとっては何よりだが、まずは第7巻の発売が待たれる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000003-flix-movi

中国木材:日向に工場建設計画 住宅用の集成材生産へ /宮崎 

2007年03月15日(木) 17時37分
乾燥材出荷数では国内最大手の中国木材(本社・広島県呉市、堀川保幸社長)が、日向市細島の工業団地に一般住宅用の集成材生産工場を計画していることが明らかになった。設備投資額は用地買収費を含め70億円。既に旭化成所有の土地約30万平方メートルの取得交渉を始めている。
 同社の説明によると、新工場では主に県北の耳川や五ケ瀬川流域のほか、大分、熊本、鹿児島各県から集めた杉材と、輸入する米国産松材を接着剤で張り合わせてはりやけたに使う集成材を生産する。将来的に使用する杉材は、県内で生産される杉丸太の3分の1の年間約30万立方メートルに当たるという。
 計画は、直径30センチ以上の大きな材にも対応できる製材機械を07年度中に稼働▽バイオマスボイラーで蒸気を作る乾燥釜の設置▽集成材工場設置――の3工期に分かれる。いずれも、細島港から船舶を利用して同社の全国8拠点に輸送する。最終的には220人を雇用する。同社は07年度、九州北部で杉材15万立方メートルを購入する予定。
 同社の進出計画を巡り、現在、県北の製材業者らが市議会へ進出反対の請願書を提出するなど反発の声が上がっている。同社は月末に進出計画などを発表する予定。【甲斐喜雄】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000195-mailo-l45
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p4kgu7gbe
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる