時計再び

April 04 [Wed], 2012, 20:26
以前、分解掃除をして貰った腕時計が、再び動かなくなりました。
3年くらい前だっけと思って日記を掘り返したら、2005年11月。
6年半も前でしたかーぶるぶる。
まずは近所で電池交換。
が、電池交換しても動かず。
残念だけどもうメか、と思いつつ時計店の方の説明を聞いていると、何かがおかしい。
リューズが、かなり力を入れないと動かない、劣化しているせいだと言うんです。
そこに持って行く前は、別にそんな事はなかったはず。
それを言うと、再び裏蓋をはずしてカチャカチャいじり始めました。
素手で。
見るからに、かなり適当に。
おいー細かいチリが入っただけで壊れたりする精密機器なのに、素手でカチャカチャって何ー。
ピンセットhttp://www.side-bushinesss.net/byte_back/のような物を使って、そーっとやるのを見た事あるだけに衝撃の光景でした。
皮脂なんか、天敵ではないの見てるだけで、心の中で滝のように汗が出てきます。
色々つっこんで聞くと、その店の工具は以前いた技師さんが置いていった物でその人は、技師でも何でもないそうな。
電池交換くらいはできると言うんですが、つまり、今までずっとその店では素人がやっていたという事に…。
高級時計を扱ってる店だから大丈夫かなあ、と思った自分が甘かったようです。
メーカーに聞くというので、一応時計は預けましたが、期待度はマイナスに振り切っています。
素人さんの手荒い扱いで壊れたのか、それ以前にもうメだったのか、今となっては判りません。
気を付けましょう。
泣けるわ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p3pij697qo
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p3pij697qo/index1_0.rdf