菅首相「自民の消費税10%は1つの参考」(産経新聞) 

June 18 [Fri], 2010, 16:20
 菅直人首相は17日夕の記者会見で、消費税について「年度内にあるべき税率、逆進性対策を含む改革案を取りまとめる。(税率は)自民党が提案する10%を一つの参考とする」と述べた。

 税率の引き上げの時期については「大きな税制改革を行う場合、実施する前に国民の信を問うことは本来あるべき道だと思っている」と述べ、基本的に次期総選挙後とする考えを示した。

 首相は消費税増税について自民党を含めた超党派での合意形成を目指すとしながらも、困難と判断した場合は「民主党が中心となってとりまとめたい」と語った。

【関連記事】
予算委なき閉会 これが「民主」政権なのか
消費増税、普天間を明記 民主マニフェスト判明
国民新、新党改革、社民、日本創新各党が政権公約を発表
「将来不安の払拭を」 菅内閣に経済人が注文
消費税率は15〜20%に 関経連が意見書
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

インフル定点、やや増加(医療介護CBニュース)
アールヌーボーの代表的芸術家 生誕150年 アルフォンス・ミュシャ展(産経新聞)
裁判員裁判の判決文に評議の経過 「国民目線」見せる工夫!?(産経新聞)
「靖国参拝せず」「憲法改正、喫緊の課題でない」 参院代表質問で首相(産経新聞)
口蹄疫 情報いつ公開したら… 早め?確定後? 悩む自治体(産経新聞)