最後かなーパート1(長文注意)

November 08 [Thu], 2012, 18:00
何が最後かっていうと義母の愚痴やら同居の愚痴やらがってこと。
この度、目出度く同居解消しやした。
遡ること10月の中旬頃夫と義母の言い争いがまたもや勃発。
イライラしたのか、またもや義母に呼び出されもう顔を見た時唐ナかなりご立腹な様子が伺えた。
血圧上がってんのか、顔真っ赤ですやん。
要約すると私のお金はどうなってんだあんたは何もしてくれないもう洋治夫だけに買い物行かせろ自分で買い物に行くから毎月3万渡せってなことでした。
何言ってんだ、このババァとか思いつつゆっくり話しを聞いたらどうも、私にお金の管理をさせたくない様子。
今までまかせっきりだったくせに洋治にさせるって、結局買い物の時は私が一緒なんですけど。
毎月3万て、あなたが毎月いくら使ってるか分かってる言いたいことはいっぱいあった。
けども、あまりにもの言い草に腹が立ち過ぎて頭の中が真っ白になった。
そんなに私が信用出来ないのなら、義姉ちゃんにやらせんのってだけ聞いたらそうしなさいそうしなさいあぁ、ついに同居解消の日が来たかと思ってたらどうも違うらしい。
面倒はこっちで見ろ。
お金の管理は義姉にさせろ。
だってさー。
もう、何て言ったら良いのか分からなくなって何も言わずに部屋を出た。
悔しくて悔しくて、涙が出た。
なんでじゃ面倒なことはこっちにばかりで義姉なんてもう1年も訪ねてきやしない。
義弟なんて、義実家に帰した時にお風呂すら入れてくれないのに。
離れて暮らしてる子の方が大事なんだよね。
たまにしか会わないから優しくしてくれるもんね。
その日は義姉に電話して事情を話して今までたまっていた愚痴を言った。
そしたら新たな事実が発覚。
義実家に帰る時はこづかいをくれと言われ毎回、1万渡してた。
それを帰ってくる時にきれいさっぱり使って帰ってくるから不思議でしょうがなかった。
だって、買い物してるにしては品がない。
家計費がきつい時でもおかまいなしの時もあった。
で、何に使ってたのかが分かった。
義弟にあげたり、孫にあげたりしてとか。
義弟、もう数年で40なるのに小遣いもらってたんか。
独り者で家賃もいらないんだからそんなんいらんやろうもん。
で、私的に一番悲しかったのが息子は普段からおばぁちゃんにって折り紙で何か作ったり一緒にパズルをしたり、テレビを見たり話し相手になったり頼まれたら用事を済ませてあげたりアレしてコレしてを聞いてくれてたのにおこづかいをもらうとかは全くなかった。
なのに、月に1回顔を見せるだけの義姉の子には毎回おこづかいをあげてるって聞いてやっぱり血の繋がりがないからかなぁって悲しくなった。
そこから1週間、義母とは顔を合わせることもせず食事作りだけをして夫に運んでもらってた。
鉢合わせしないように、なるべくリビングから出ない生活。
自分の家なのに行動が制限され、自分の家じゃない感じが嫌だった。
義母が謝ってくれるまではこの状態だろうと思っていた。
でも義母は謝る気配もない。
たぶん、自分の何が悪かったのかすら理解してない。
見かねた夫が義実家に1週間、義母を預けることに。
義弟が義母を迎えに来た時、こちらから顔を出すのが何となく癪に感じたため台所で所用を済ませていたらなんと義弟、一言も話さずに出ていきやがった結局、忘れ物をしてもう一度戻ってきたので夫が何か言うことないのと聞いたらば私が顔もださないのにコッチが何を言うのと言っhttp://www.red-hot-shot.info/て帰ったらしい。
あ。
そうだよね。
私が悪者なんやね。
とだけ思った。
それから1週間して、帰ってくる日を聞いたら3日後に今週もこっちにいる。
とだけのメールがきた。
夫はもう気にしなくて良いと言ったけど嫁の立場としてはそうそう気にならないもんでもない。
嫁ってのは、小さいことまで気にする生き物なんじゃい。
と思ったけども、やっぱり気にしてもどうしようもない。
実母に会った時、今こんなことになってるわー。
と話した。
したらば、やっぱりもうほっとけと言われた。
お金のことで揉めたら、もう上手くはいかんよ。
とも言ってた。
洋治君のお母さんはワガママなんやね。
と言われて、少し自分は悪くないと思えてきて救われた。
つづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p2tz94hnk2
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p2tz94hnk2/index1_0.rdf