<野生チンパンジー>母、子の死骸と生活 ギニアで確認(毎日新聞)

April 28 [Wed], 2010, 3:56
 西アフリカ・ギニアの野生チンパンジーの母親が死んだ赤ちゃんを生きている時と同様に大切に扱うことを、京都大霊長類研究所の松沢哲郎教授と林美里助教らの研究グループが複数例観察することに成功し、27日付の米科学誌「カレント・バイオロジー」に掲載される。いずれも赤ちゃんはミイラ化しており、松沢教授は「人間の弔いの起源を解明する手掛かりになるのではないか」と話している。

 松沢教授は92年、ギニアのボッソウ村に設けた研究拠点で2歳半のチンパンジーの赤ちゃんが病死した際、母親が死骸(しがい)を背中に27日間おんぶして生活するのを確認。03年には、同じ群れで赤ちゃん2匹が相次いで死んだ際、それぞれ68日間と19日間、死骸と生活していることを確認した。

 いずれのケースも、母親は死骸の手足を首と肩の間に挟むようにしておぶい、毛づくろいしたり、たかるハエを追い払ったりしていた。死骸は強烈なにおいを放ち、次第にミイラ化。しかし、群れのチンパンジーは嫌なそぶりを見せず、子供たちがミイラで遊ぶこともあった。

 1例目は途中で観察を打ち切ったため、死骸のその後は不明。2、3例目は死骸が木から落ちるなどし、母親が見失ったという。

 ボッソウ以外の群れでは通常、死んだ赤ちゃんは仲間に食べられたり、捨てられたりする。松沢教授は死骸の毛づくろいやミイラ化はボッソウの群れで受け継がれている独特の「文化」で「愛情や弔いの表れ」と推測している。【広瀬登】

【関連ニュース】
チンパンジー:仲間の視線の先に敏感…京大霊長類研ら発見
チンパンジー:仲間が見るモノ気になります 京大霊長類研究員ら特性発見
チンパンジー:「アラシ」が婿入り 遺伝的多様性高める−−多摩動物公園 /東京
ぐるっとふるさと:とべ動物園のチンパンジー、お見合い イゾウとゴウ来園 /愛媛
県立のいち動物公園:チンパンジー双子1歳一緒に祝って 小学生以下双子募集 /高知

放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)
「ぽっちゃり」本土のマングース、環境に適応?(読売新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
胸に刃物、女性死亡=アパート近く路上、殺人で捜査−茨城県警(時事通信)
「犯人は『アー』と叫び走っていった」 加藤被告がメモ 秋葉原殺傷事件第7回公判(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/p2evuo2d/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。