自宅ゲーム会。

November 30 [Fri], 2012, 12:57
昨日は自宅でゲーム会。
Shingoとえむさんの3人で。
最初は席を暖める意味も込めてコロレット。
続いてやったのが、ベガス自分の持ってるのは、ラスベガス。
この作品は、2012年のドイツゲーム大賞の年間ゲーム賞の候補にミネートされた作品。
最終的には別のゲームが賞を獲得したんだけど、ネットで安かったので購入したもの。
16のイスの目が描かれたカジ場があって、それぞれに得られるお金が何枚か置かれている。
みんな最初に8個イスを持っていて、手番でそれを全部振って、出た目を一つ選んでその目のイスを全てカジ場に置いていく例えば、1のカジ場に置きたかったら、1の目のイス3つだったら、12個じゃなく、3つ全部置かなければならないそれをみんなイスを置き終わるまでやって、順番にイスの個数を数えていって、置いたイスが一番多い人が、一番大きい金額の紙幣をもらい、二位の人が次に大きい紙幣をもらう、という風にしてやって、それを4回繰り返して手に入れた紙幣の金額の合計が一番多い人が勝ち、というゲーム。
ぬらりひょんの孫 エロ画像ただし、イスの個数が同じだった場合は、両方失格になり、一位はその次に多い人になるのだ。
これにより、5個づつ置いた人たちが失格になり、たった1個置いただけの人が一意をかっさらって行ったり、ということもあり得るのだ。
イスゲーなんだけれども、やってることはエルグランデみたいなエリアで12位を決めるようなゲームなので、全くの運ゲーという訳でもなく、戦略と運のバランスが心地良かった。
戦略が完璧でも、最後の1個のイス目が出なければどうしようもないからねそれで、曹チた目が出ず、2位曹で少ない金額だけれど確実にお金を稼げると思われてたエリアの目が出てしまい、そこに乗せざるを得ず、そのためにトップと同じ個数になってしまい、両者共倒れ、なんていうシーンもあったしなかなかに良いゲームでした。
2回目は、架空のプレイヤーを入れてプレイしましたが、これもとても燃える展開になり、非常に面白かったです。
イス8個づつと紙に書いたお金と6個の小皿があれば出来るなんていうのは内緒笑えむさんがぶっこんできたのにはビックリしましたが勝負師なのねその後で、カルカソンヌを。
タイルを一枚引いて、それをくっつくように置いていくだけのゲームなんだけど、やっぱり面白かったです。
今回自分としても初めて草原ルールを入れてやってみたんだけど自分はハンデとしてミープル駒を2個減らした、面白かったです。
今までやったカルカソンヌの中で一番面白かったと思います。
ゲームとしては、自分が2桃キで勝ちました。
俺としんごで大きくしていた町に、えむさんが嫌がらせで変な地形を置いたせいで町が完成せず涙目になったのでしたTTでも、とても良い手でした、あれはそれで解散。
お疲れ様でしたまた今度、よろしくお願いしますー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p1634a07xq
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p1634a07xq/index1_0.rdf