エビスザメ 気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)

May 14 [Fri], 2010, 20:27
 2億年以上前のサメの特徴を持つエビスザメ(体長1.3メートル、雌)の展示が8日、大阪市港区の水族館「海遊館」で始まった。捕獲されるのは珍しく、関西では唯一の展示。

 4月、高知県土佐清水市沖の定置網にかかった。現在の多くのサメは背びれが二つあるが、エビスザメは一つしかないなど、大昔に絶滅した種類と共通点が多い原始的なサメ。

 気性は荒いが、口元が笑っているようなユーモラスな顔。恵比寿神から命名されたといい、同館は「見たら笑顔になれますよ」。観客を見事集め、商売繁盛なるか?【服部陽】

【関連ニュース】
<その9>海遊館の「毎日かあさん」
特別企画展:園児、サメにタッチ−−大阪・海遊館

<子育て>専門店開店 母家出・引きこもり経験の男性(毎日新聞)
<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
パンク修理の車にトラック、家族3人はねられる(読売新聞)
太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p11ficjd/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。