葉酸はあなたも知っての通り妊娠を願望する方

March 01 [Wed], 2017, 22:33
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を願望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

ですが、妊娠中には葉酸以外にも色々な栄養素が不足しがちです。

また、葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、ミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。

不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。



目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけて頂戴。
実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、たとえば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。



細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。



この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけ立という方も多いと思います。



普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


一日の葉酸の摂取量を、食材から計算し立としても、足りないという事もあるので、注意が必要です。



近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は一般的に不足しがちなものだと言われています。一般的な食事では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというワケですね。



葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをするはたらきがありますので、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸のはたらきを十分にいかすことが出来るでしょう。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから避けた方が無難です。
妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。

こうしたお茶の特性は、カフェインゼロだという事です。ですから妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。


中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できると報告されていますから、赤ちゃんを授かった後も、飲みつづけるのがお勧めです。妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。それが葉酸の摂取です。
流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。



葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみて頂戴。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたらいいですねね。葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しい方は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリメントであれば簡単に済ませられますね。妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。


では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
殆どの場合が、妊娠前から授乳期のおわりまでが、葉酸サプリによる補給期間に適用されることになります。



葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体の健康維持を考える上でも必要不可欠な栄養素です。


なので、妊娠を願望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的にはたらかせる飲み方だと言えます。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取量に気を付けて頂戴。中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけて頂戴。葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。


また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。


なんとなく不妊を疑いはじめたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起き立とき)に測り、毎日つづけるといった注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大事です。最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多くふくまれています。果物では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸がふくまれていると発表されています。

あるいは、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多くふくまれています。


あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースで補うのも良いと思います。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、沿うした指導がされるようになっています。

葉酸は色々な食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。



サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰りかえしながら成長します。
この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。
葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特性を持っているため、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番でしょう。でも、色々な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どでしょう。簡単な判別方法としては、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリを選んでみましょう。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を創り出すのに有効な栄養素です。
この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすくなることが期待できます。



造血作用で血液が増えることで、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を打破するために大いに役たつのです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Runa
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる