睫毛乱生の治療について

February 23 [Mon], 2015, 23:16
簡単に言うと睫毛が目の方向にはえているからチクチクゴロゴロ、ひどいと角膜炎などを起こしてしまう症状です。
老人に多いと言われており、加齢とともになりやすいという点は
飛蚊症、老眼、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症のとおなじです。
少数なら抜いてしまえば良いのですが、また生えてくると内側に向かっている為に同じことのくりかえしになってしまいます。

病院にいき、治療する場合は

睫毛乱生の治療法としてはまず比較的少数の睫毛が眼の表面に触っている場合には、一本ずつ睫毛ピンセットで睫毛乱生を抜きます。

さらに永続的な睫毛抜きを希望する場合は乾電池ケースに小さな金属板の接地用電極と先端に毛根に刺入できる細い針電極のついたペン状の部分からなる装置を使い、毛根を焼く方法があります。これで睫の毛根を電気焼灼し、
そのあと睫毛ピンセットで睫毛を抜くと、ほとんど抵抗なく抜け、以後この睫毛は再生しません。

睫毛内反や眼瞼内反では毛根を支える瞼板自体を、睫毛が眼球から離れる方向に永続的に倒すような操作をしてやる必要があります。
頭頂部薄い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こうすけp0p6wsaj
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p0p6wsaj/index1_0.rdf