山田とイシガケチョウ

May 08 [Sun], 2016, 13:06
実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、浮気の追跡調査です。


探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で取り上げてみました。
調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。
対象に気づかれては元も子もないので、浮気しそうな日を絞って証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

よくあるサービス業の対価に比べると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように感じることがほとんどでしょう。ただ、安さで依頼したところで不倫の決定的証拠が得られなかったら、無駄遣いもいいとこです。大事なのは調査の能力の高さですが、調査料が高額であるほど必ずしも調査能力が高いわけではないのが判断に迷うところです。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。


夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚が本決まりになりました。

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。


感情的にはもやもやが残りますが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。探偵業務にかかる費用は、浮気調査を例にとると、20万前後(期間5日)を見込んでおくといいと思います。費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、どんな調査でも50万強で予算どりしておけば充分だと思います。

同じような浮気調査でも、その代金は業者によってかなりの違いが出てきます。
安易に一社に絞り込まず、契約前にいくつかの会社で見積りをとり、説明を受けるほうが納得がいく契約ができるでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、後はとことん相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。



まあ、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。

日頃、相手の行動の様子を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。結婚した人の不倫を調査を探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、通常、調査をする人の数と調査にかける日数をあらかじめ打ち合わせをしておきます。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。調べる人の事務所により、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p0ah8pceuef4el/index1_0.rdf