がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)

April 21 [Wed], 2010, 9:22
 厚生労働省が4月13日付で事務連絡した「疑義解釈資料(その2)」によると、新設の「がん患者リハビリテーション料」(200点、1単位につき)は、「医学的に正当な理由」があって対象患者に結果的に手術が行われなかった場合にも算定できるという。

 「がん患者リハビリテーション料」は、がん患者の治療前や、治療後の早期からリハビリテーションを行うことで、機能低下を最低限に抑え早期回復を図る取り組みに対する評価。厚労省は、対象患者に「手術が行われる予定」か「行われた患者」を挙げているが、今回の疑義解釈では、「結果的に手術が行われなかったことについて医学的に正当な理由があり、手術が行われなくともがん患者リハビリテーションを行うことが医学的に適切であった場合」には、算定が認められるとしている。

 また、「がん性疼痛緩和指導管理料」(100点)の施設基準に関しては、緩和ケアの研修を修了した医師が配置されていれば、それ以外の医師が指導を行った場合にも算定可能だとの解釈を示している。


【関連記事】
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可
地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示
有床診療所の評価「実質引き上げ」−厚労省担当者

両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)
<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待(毎日新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/p01ad1c2/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。