<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)

April 22 [Thu], 2010, 22:29
 仙谷由人国家戦略担当相と枝野幸男行政刷新担当相は19日、神奈川県海老名市の養護老人ホームを訪れ、経済連携協定(EPA)に基づき来日中の、インドネシア人介護職員と面会した。仙谷氏は介護福祉士の国家資格試験について「コミュニケーションと技術さえしっかりしていれば問題ない」と述べ、ひらがなでの受験を認めるなど柔軟に対応すべきだとの認識を示した。日本はEPAにより、インドネシアとフィリピンから看護師、介護福祉士の候補者を受け入れているが、日本で働き続けるためには、3年以内に国家資格を取得する必要がある。

【関連ニュース】
厚労省調査:インドネシア人看護師候補 患者は好意的評価
EPA看護師:国家試験に3人が合格 狭き門に批判も
介護福祉士候補:インドネシア人の1割、日本語分からない
中国地震:支援に「言葉の壁」 高齢者、標準語案内読めず
インドネシア:日本派遣の看護師ら面接始まる

詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)
与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民(産経新聞)
両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」(産経新聞)
福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)
東北・秋田新幹線、一部区間で運転見合わせ(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/p01ad1c2/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。