居候猫日記。

April 20 [Wed], 2016, 22:09
ある晩、仕事から帰って部屋の電気をつけたところでなにやら背中に視線を感じる・・・。
振り返ってみるとそこには・・・



見慣れない猫が一匹。
おっ!と思って近付こうとしたら、さっと窓から出て行ってしまった。
この日から彼との気ままな同居生活が始まったのでした。(写真の日付を見たら1月10日だった)

次の日。
帰宅していつものように部屋の電気を付け、振り返ってガラス戸の隙間を確認してみる。
そこにネコの姿は無し。
『 昨日はたまたま来てただけで、今日もいる訳ないかー』
と納得。
それじゃあいつも押し入れで寝てるコジローに帰宅の挨拶でもしますか(・∀・)と思ってカーテンを開けたら。
なんと、目の前に昨日の野良猫が。
大胆にも押し入れの布団の上で寝てるじゃないですか!(笑)
突然の急接近に固まるあたしと猫。
とりあえずそーっとカーテンを締めて見なかったことにする。

ズビズバちゃんと名付けたその野良猫は
夜やって来て餌を食べた後押し入れで一眠りし
明け方に出ていって夜にまた帰ってくるという生活サイクルを繰り返すようになりました。



この事態にフジコは不機嫌MAXで威嚇しまくり←でも取っ組み合いの喧嘩にはならない
コジローはというと、そっと身を隠して静かに彼を受け入れた模様←臆病者の平和主義者
タカコちゃんは我関せずといった感じでいつもと変わらない様子

お互いにつかず離れずな生活を送っていたある夜。
仕事から帰ってカーテンを開けたら、盛大に嘔吐物が巻き散らかされていた。
しかも、汚れてもいいように敷いていた布を避けるかのように端っこの方でも吐いてたもんだからすべての布団&掛け布団に被害が。
『こんにゃろう!この間シーツとか全部洗ったばっかりなのに!!ふざけるなー!ヾ(`Д´*)ノ』
とズビズバに怒りをぶつける。
彼も負けじと唸ってきたけど、引っ掻いたり噛み付いたりはしてこない。
そう、ズビちゃんは温厚で根はいい子なんです。

怒り心頭なままとりあえず床につき
次の日早起きして洗濯機を回し、布団を干してオカンに取り込んどいてもらうようお願いして仕事へ→

で、仕事終わりにお礼も兼ねてオカンに会いに行って言われた言葉に感動。

『布団に吐いたって洗えばいいだけじゃん。生きてるうちしか迷惑かけられないんだし、いい事じゃない迷惑かけられるのって。生きてる証拠だよ。それにしても食べたものをすぐに吐いちゃうようじゃ先は長くないのかも。関わり合った以上目一杯迷惑かけられな!』
だそうです。

オカンの懐の大きさにはいつもハッとさせられる。
そして、自分の器の小ささが嫌になる。
もっと寛大でどっしり構えていられるような人でありたいと思う。

まぁ、そんな事もありながら。
ズビとの生活は続く。

2月の末に沖縄に旅行に行ってきたんですけど
その間、押し入れを占領されてしまったコジローの為にと机の上にブランケットを敷いていってあげたのに



その上でズビが寝てたりとか。
もしかしたら昔は飼い猫だったんじゃない?と思うくらい図々しく馴染んでいく彼。



冬の間、2回くらい何日も姿を見せないことがあって
『ついに死んだか・・・』と思うとひょっこりまた現れたりして。
自由気ままな彼。



そんな彼。
最近では部屋の真ん中で堂々と眠ってたりだとか
あたしの布団の上に乗っかって寝たりと段々遠慮と警戒心がなくなってきております。

不甲斐ない飼い主のお陰でフジコジにはストレスを与えちゃってるかもしれないけど
これからも仲良く共存していこうぜ!(σ´∀`)σ

食レポ。

April 19 [Tue], 2016, 17:23
ずっと気になっていた池袋にあるカレー屋さんでランチ。





赤い鶏カレーに玉子・ポテサラ・フライドオニオンをトッピング。
カレーにポテサラはとても合う。
さらにフライドオニオンの組み合わせも最強。
めっちゃ美味かった。
是非、横浜にも出店していただきたい(・∀・)

お次はデザート。
旗の台にあるカフェへ。



グルメサイトで見かけて美味しそうだなーと思った安納芋とキャラメルのかき氷。
これまた最高に美味し!!
上にかかってる安納芋のソースが濃厚で激ウマ。
美味しいものは最後まで取っておきたい派なので、なんとかこのソースを最後に残せないかと思ったんだけど
そうすると氷の部分が零れてしまうので、仕方なく上から食べる。



そしたら中にもちゃんと安納芋のソースが入ってた(・∀・)
店員さん、いい仕事してますね(笑)
いや、もう、あまりにも美味しくて幸せだったわー。

でも、このお店。
実はかき氷以上に気になるポイントがあったから行ったんです。

それは【 ブンブンブラウカフェ】という店名。
どうでしょう好きな人ならピンと来ると思うんだけど。
ブンブンブラウといえば、マレーシアジャングル編で登場したボロくて汚ったない宿泊小屋の名前ですよね。
これって何か関係があるのかな?と思ってリサーチ。

お店の外観や内装からは特にどうでしょうっぽいところは感じられなかったんだけど
店内で流れてるBGMの途中にどうでしょうのオープニングメロディがかかったことでどうでしょう絡みのお店だと確信。
店員さんに聞いたらどうやら店長さんがどうでしょうファンらしい。
番組との繋がりは全くありませんとのことでした。



出口に貼ってあった藤やんステッカーを発見。
同じどうでしょうファンとして心ほっこりでした(*´∀`*)



最後に芸能人御用達で有名な『 天のや』さんのたまごサンドを実食。
個人的な意見でいうと別にそこまで美味しいものじゃなかったです。
家にたまたまあっただし巻き卵と食べ比べたけど、そんなに味も変わらないし。
コンビニで売ってる卵パンの方があたしは好きだなと思いました。
強いて言うなら辛子マヨネーズとサイズ感・パッケージングが上品な感じ。
話題のものがすべて自分好みかというと、そんなことはないですね!

それよりも
崎陽軒のシュウマイはやっぱり美味い!!

昨年末の話。

April 18 [Mon], 2016, 23:45
今回の記事は姉から
『 エッチングクリームっていう薬剤を売ってるお店が鎌倉にあって、仕事で使いたいからそれを買ってきて欲しい』
と頼まれましておつかいに行った時の話です。

鎌倉に行った時でも滅多に行かない市役所方向にあるそのお店は、奥まった細道にあってひっそりと小洒落た佇まいでした。



事前に姉からも聞いて知っていましたが
今回頼まれた商品は劇薬指定されてる成分の入った商品の為、購入する際個人情報の記入が必須となるそうです。

で、もうひとつ頼まれていた缶入りの鳩サブレを豊島屋さんで購入し
それらを郵便局から郵送しようとしたところで問題勃発。

郵送したい商品のところに『 食べ物・エッチングクリーム』と書いたら
郵便局の人に『 エッチングクリームってなんですか?』と尋ねられ
『 ガラスを溶かす液体らしいです』って答えたら、それがどうやらダメだったらしい。

危険物は飛行機内に持ち込めないので送れません
うん、それは理解できる。
船便で送るとなると日数がかかります
はい。別に届くのに日にちがかかるのは構いませんが。
そもそもこの液体を郵便物で預かること自体出来るかわからない
なんじゃそりゃ!
と郵便局員さんとすったもんだ。

年末の郵便局。
ただでさえ混雑してたのに、あたしが窓口のひとつをずっと占領したもんだから物凄い行列が出来てしまう。
険悪な雰囲気を背中に感じ始めたので、『 コンビニから送るのでもういいです』と伝えたんだけど
郵便局員さんは『 今お調べしてますので』の一点張り。
そうこうしてるうちに並んでる人たちが殺気立ち始めたので、椅子に掛けて待つことに。

久しぶりに人から怒鳴られたわ。
ちょっとイライラしていたので、さらにイライラ状態になる私。

待つこと30分。
男性職員さんがやって来て『やはりこちらはお預かり出来ません 』と言われる。
っていうか、随分前からもういいって言ってたじゃん!ヾ(`Д´*)ノ
と内心ムッとしてたんだけど。
その後の男性職員さんの言葉に怒りの感情は浄化された。
その代わり、なんとも言えない悲しい気持ちになってしまった。

その返事がコレ ↓
『 こちらの知識不足もあり、大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。いろいろ調べてみましたらガラスを溶かして模様を描いたり出来るようですね。今回の件で私自身知識が増えてガラスに興味が湧きました。有難うございました。』
と腰を低くして丁寧な対応。

コレを聞いて
そもそも問題のある商品を持ち込んだのはあたしで
いろいろと融通がきかないマニュアルになってしまったのだって利用者側にも問題があるからだろうに
相手に対してイライラして自分情けなかったなって
郵便局員さんにこんなにもへりくだった対応をさせてしまって申し訳なかったなって気持ちでいっぱいになったのでした(-_- )





気になってた洋食屋さんでオムライスを食べながら、郵便局員さんに貰った資料に目を通す。
うーん、化学は苦手(;・∀・)

この件
姉からはバカ正直に中身を書かなきゃ良かったのにと言われ
自分でも確かにそうかもなと思ったけど
あとから何か問題が起こっても嫌だし
今回の件でまたひとつ気付かされることがあったから
あたしとしてはいい経験になって良かったなって思う(・∀・)

郵便局の皆さん!
いつも様々な対応お疲れさまです!
給与の振込が郵便口座なこともあり、いつもお世話になってます!
有難うございます!!( ´ ▽ ` )ノ

そうそう。
問題のエッチングクリームの入った荷物は
コンビニで出したらあっさり空輸便で無事沖縄に届けられたのでした。
ちゃんちゃん♪

台湾3日目。

April 14 [Thu], 2016, 3:15
あっという間に最終日。
天気は雨。
本当は自転車を借りて淡水をサイクリングする予定だったんだけど。
仕方ない。
徒歩で淡水を満喫することにしよう!

と、行き先が決まったところで朝ごはん。



1日目にも来店した阜杭豆漿でリベンジ。
前回よりも列は短く、20分くらいで入れました(・∀・)

並んでる途中で『 蛋っていう字は卵っていう意味なんだよ』という姉との会話を思い出し、食べたかったサンドイッチのメニュー名が判明。
今回は学習して事前に食べたいものをノートに書いて、おばちゃんに渡してみた。
そしたらかなりスムーズに注文が出来た♪



ノートののったお盆は遥か彼方に。



ジャジャーン!
食べたかった料理を見事注文!!
どれも美味しかったー(*´∀`*)

さぁ、MRT淡水線に乗って北投のさらに先、終点・淡水駅を目指します。



やってきました、川辺の街。
めっっっちゃ寒いです(笑)





いきなり道を間違えて、人気のない方向に進む。
途中、自分と同じように道に迷った中国人カップルと地図を見せ合いっこしながら自分たちの居場所確認。
一緒に紅毛城を探すことに。



↑ これは心理大学という学校内にある建物。
チャペルが立派だった。









無事目的地に到着。
という訳で、カップルとはここでバイバイ。
紅毛城は改修工事中でした。

お隣の英国領事館も見学。









次は情人橋まで歩きます。



町並みがなんとなく横須賀の平成町に似ている。



漁人埠頭にはホテルと遊園地と



情人橋があります。

この橋。
あたしはベイブリッジくらいの大きさを想像してたんですが。
実際は埠頭の敷地内に架かってるだけの小さな橋でした。



なんでも向こうのバレンタインデーにあたる情人節にこの橋が完成したことから情人橋という名前がついたらしいよ。
実際ここでは恋人同士が愛を語り合ったり、結婚式用の写真撮影をしたりと。
かなりロマンティックスポットらしい。
でも、この日は全然人がいなかったー。
寒い!









お腹も空いたしってことで、淡水老街にやって来ました。
お店もいっぱいでなかなかに立派なストリートです。



ここでは名物の阿給(アーゲイ)と抄米粉(ビーフン)を食べました。

阿給は厚揚げの中に春雨が入ってて、それに少し甘めなタレがかかった料理です。
汁気のない持ち歩き用の阿給を売ってる屋台もありました。
が、この時は身体の芯まで冷えていたので、温かい阿給にして正解だったでしょう。

淡水散策はここで終了!
台北市内に戻ります。

で、やって来たのは中正紀念堂。









思ってた以上に敷地が広かった!!
ただっ広くてお庭の手入れも行き届いててとても綺麗な公園。
建物の中のデザインも素敵でした。

この後、かなり時間に余裕があったのでMRT3路線を始発から終点まで乗って車窓から町並みを眺めるなんてことをやってみました。
次回は猫空に行ってみたい。

そんなこんなしてたら日も暮れてきましたので。
夕飯を食べに永康街へ。







【 永康刀削麺】というお店で炸醤麺を食べる。
これがきしめんよりも太い麺で、まるであたしが作ったうどんのような歯応え。
そして上にかかったそぼろ肉にはかなりしっかりと濃い味がついており、結構な食べ応え。
前に座ったお姉さんが食べてたピーナッツっぽい匂いのする麺料理もかなり美味しそうだった。



景福門。



遠くにライトアップされててなんか迫力のある建物があるなーと思って行ってみたら総統府でした。



二二八和平公園から見た台北駅側。
綺麗だったなぁ。

何度も『帰りたくないー』と呟き
HSRの改札を通りたくなくて何回もその前をウロウロして
いよいよフライトの時間が迫ってきたので仕方なく空港へ→





0:40 桃園発のpeachに乗って日本に帰国。



4:40 羽田空港に無事着陸。

本当に楽しい3日間でした!!
いやー、LCCの早朝深夜便ってなかなかいいね( ´ ▽ ` )ノ
是非また利用したいと思いました。
そんでもって一人海外もいいもんだね。
ちょっと度胸がついた気がする。

ありがとう、台湾。
また行きたい、台湾☆

2日目!

April 09 [Sat], 2016, 22:03
この日は朝から雨が降る生憎の天気。
遠出するのは次の日に延期して、台北市内の散策をすることに。

まずは朝食を食べるべく、迪化街を目指してテクテク。



途中で通った北門駅。
歴史的建造物の跡地なのか駅の床が透明になってて下が見えるようになってました。



【 金仙魚丸分店】で排骨飯!!
なんと、ここのお店。
前回リーダーと来た時に前を通ってて『 こんなところでご飯食べるのもいいなぁ』と思ってたところでしたΣ(゚Д゚ノ)ノ
なので今回ここで食事ができて嬉しかったわー

で、肝心の味はと言うと
うーん・・・うーん・・・・・・・・・イマイチだった(;・∀・)
お肉が硬いのと、もっとタレいっぱいでご飯にタレが染み込んじゃうくらいに汁だくだったら良かったのになと思いました。
もやしとか青菜が入ってて、しかもしっかり丼サイズなので食べ応えがあります。
骨付き肉が好きな方は是非!

さて、朝食が食べ終わりました。
次は昼食に小龍包が食べたかったので。
お土産のパイナップルケーキを買ったり思い出の地巡りをしながら目的のお店まで徒歩移動。



途中で見かけた看板。
要するにどういうこと?( ̄^ ̄)??



台湾で初めて野良犬を見た!
これ結構ビックリでした。
思い返せば前回の台湾旅行の時も犬って全然見かけなかった気がするのよね。
たまたまかもしれないけど。
犬は食材だったりして?
わからん。

ちなみに、台湾ではあまり昆虫も見かけない気がする。
屋台とか行ったらハエとか飛んでたりしそうなもんなのに、まったく飛んでないし。
蝶・蛾・ゴキブリなど。
その姿を目にすることはほとんど無い。
何故?
いるけど見なかっただけ?
それとも少ないの?
いないの??
虫が生息出来ない危ない理由がある?
兎にも角にも、そういうところも『台湾って綺麗だな 』って感じさせるひとつですね。







ちっちゃいお寺。
ご年配の方たちがお参りしてた。





1時間ほどで小龍包のお店に到着。
前回、本場鼎泰豊の小龍包は食べてたので
今回は【 京鼎楼】の小龍包を食す。

で、どっちのお店が美味しかったか結論から言うと。
味はどっちもそんなに変わらない気がします。
ただ、鼎泰豊の方が活気があって店員さんもお客さんも元気で賑やか。
さらに回転率がいいので料理が熱々&出てくるのが速い
それに比べて今回のお店は盛り上がりにやや欠けており、料理に輝きがない←なんとなくそう見えるだけかもしれないけど
という訳で、やはり台湾に行ったら鼎泰豊さんの小龍包を食べるがよろし。

あと、ここでもうひとつ思ったのが。
中華料理って一人で食べるもんじゃないなってこと。
理由は2つ。
@量が多いので1人だとあまり注文できない・食べきれない
Aなんとなく孤独を感じる(笑)

@番はもっといろいろな料理を頼んで食べ比べたりとかしたいのに
それが出来ない!っていう切なさから。
A番は他テーブルが団体さんで会話が盛り上がってたから余計にそう感じたのかも。
夜市だと周りの賑やかさとか気にならないんだけど、テーブル席タイプのご飯屋さんだとちょっと気になるねー
でも、1組日本人の女子大学生かな?って感じの8人がいたんだけど
その8人が話してた会話の内容を聞いてると『 やっぱ1人の方がいいわ』って思ったりもした。
だって、ウケるーって言ってる話が全然ウケないんですもの!
年々団体行動が出来なくなってるあたしです。

さて、台北市内散歩の後編です。



前回泊まったホテルは健在でした。







龍山寺は前回行ったので
今回は行天宮へ→



地下道には占いのお店(?)が並んでました。
客引きのオバチャン達は節度をもって声をかけてくるので、なんとなく好感がもてます。
台湾の人たちはあまりガツガツしてないですね。





綺麗で立派なお寺でした。

買ったお土産を宿屋に置いて、夕方からは西門町へGO!!



【 西門紅楼】
日本統治時代に建てられた建造物だそうです。

建物の中はというと



半分は歴史資料感で



もう半分は現代風なお洒落ショップエリアになってました。
ちょっと赤レンガ倉庫と似た雰囲気。



西門町は日本でいう秋葉原で
萌えーなイラストと若者がいっぱいなところでした。

夜は夏寧夜市の屋台でご飯。
食べるため移動は徒歩。



雨だったからか、やってないお店も結構あり。
期待したほどの活気は無かったです。

気になったお店で鶏肉飯を食べる。



したらさ、この料理が今回の旅で一番美味しかったんです!!
鶏、バンザイ(ノ*°▽°)ノ
このご飯があまりにも美味しく、そんなお店で提供される魯肉飯はさぞや美味いんだろうと胸が高鳴って追加注文!



ご飯2杯目(笑)
したらさ、これが期待したほどの味じゃなかったんです・・・。
ご飯が油っぽいっていうのかなー
ちょっとこってりし過ぎていた。
魯肉飯は士林夜市の2店舗目が1番あたし好みでしたね♪

最後は台北駅に寄り道。





地図を見ながら端から端まで歩いたお陰で、かなり地下街に詳しくなった!
次回行くことがあったら、迷うことなく目的の方向に進める!・・・はず。
空港までの行き方、コインロッカーの場所と使い方など
下調べも終わってお宿に帰宅。



今回重要なランドマークだった北門♪



2日目に歩いた範囲。
左下から右上まで脱線しなければ2時間3時間くらいで行けるかなーといった感じ。



今回パイナップルケーキを買ったお店は7店舗。
どれも美味しかったけど、個人的には右上・アンバサダーホテルのパイナップルケーキが一番美味しかった☆

よく歩いたからかこの日は横になった瞬間爆睡。


最終日に続く→

台湾1日目の夜。

April 09 [Sat], 2016, 21:44


ハイッ!
台北101に行ってきました!!

こちら、前回近くまでは来てたけど建物の中には入らなかったので
今回は展望台まで見てきましたよー
ちなみにこの日の天気は曇り。
チケット売り場のお姉さんにも『 視界が悪く景色があまり見えません』と日本語で書かれた案内を見せられましたが
ちっちゃいことは気にせずGO(σ´∀`)σ



高速エレベーターに乗ってあっという間に89階(382m)到着。
入口に猿の格好した台北101君がいた。
とりあえず年女なので記念撮影。

で、肝心の景色はというと
案の定全く見えませんでしたー(笑)
ガラスの向こう側があまりにもはっきりと濃く白いもんだから、最初白いカーテンが下ろされてるんだと思ったヨ。



ガラスに近付いて辛うじて足元の街の明かりが見えるレベル。
後からやってきた日本人の女の子2人組が『 マジ何も見えないじゃーん。ウケる!!』と大爆笑してて、はたから見てて十分楽しそうでした。
いいよね、なんでも面白く笑い合えるのって(・∀・)



さらに上の階に進むと外に出られるようになってました。
雲?靄??の中に立って見る景色は幻想的でなかなか綺麗。
海外からのお客さんたちもみんなはしゃいで写真をビシバシ撮りまくり。
ただ寒い!
『 そういえばパズーとシータが雲の中で寒がって毛布に包まるシーンがあったな』とどうでもいいことを思い出しました。
あたしにも現れないかなー、パズーみたいな人。

なんつって( ´ ▽ ` )ノ



↑ こちらはダンパーという地震などの揺れを抑える装置らしい。



まさかこんなところでランドマークタワーの情報を目にしようとはΣ( ̄□ ̄)!
驚きです。
ランドマークタワーには高度な免震技術が使われてたのね。
知らなかった。
いい勉強になった。

さらに出口を進むと宝石などを販売する売店エリアを通過するんですけど。
そこに展示されてた彫刻たちの造形の細やかさにただただ感心でした。

以下、その一部。











すごいなぁ。
特に伊勢海老が本物そっくりで見とれたわ。



帰りはひとつ手前の駅で降りて夜散歩。
台湾は香港ほどネオン看板がギラギラしてないから、なんとなく趣が感じられていいですよね。
ひとりで歩くのにちょうどいい雰囲気で気持ち良かった(*´∀`*)

2日目に続く→

台湾1日目

April 05 [Tue], 2016, 23:22
さぁ、台北駅に到着しましたよ!
で、駅構内で早速迷子になる(笑)
Easy Cardのカウンターを探して右往左往。
台北駅の地下はかなり迷路です。

そしたら偶然にも、思い出のアイツと再会!!



↑ コチラでーす(σ´∀`)σ
鉛筆を持ったちょっとホラーな鳥人間!
これは地下道・中山道のキャラクター(と思われる)
前回台湾に来た時に出会いまして、今回も変わらぬ姿で出会えたことにちょっと嬉しくなりました。

この後、駅構内の地図を見ながらM6番出口のEasy Cardカウンターを発見。
無事に悠遊カードをGET☆

続きまして気になるお店へ朝食を食べに行く。
隣駅だったので台北の町並みを見ながらぶらぶら歩く。



目的地と思われる場所に到着。
ガイドマップに書いてあった通りかなりの人気店のようで、長蛇の列が出来てましたよ。
1時間くらい並んで入店。

■店名 : 阜杭豆漿

ここで食べたかったのは台湾ではポピュラーな朝食である豆乳&油條と。
他のお客さんが食べてたサンドイッチみたいな食べ物。
ところがメニュー表の漢字が全く読めなくて意味プー。
さらに注文を受けるオバチャン達の勢いが激しく、めっちゃ流れが速いΣ(゚Д゚ノ)ノ
戸惑ってるうちに自分の順番が回ってきてしまった(笑)

オバチャン『 ハロー!アマイノ?!スッパイノ?!』
あたし『 す・・・すっぱいの!』
で、一か八か当てずっぽうでメニュー表の漢字をノートに書いてオバチャンに見せる

あっという間にオーダー終了(マジで速い)



で、結果出てきたのがコレ。
左のやつはまさにあたしが食べたかった鹹豆漿!
豆乳をちょっと固めた汁に油條が入った料理です。
とても美味しいです( ´ ▽ ` )ノ

そして、当てずっぽうで頼んだ右側のやつ。
あたしが食べたかったの、これじゃなーーーーーい(笑)
でも、これはこれで美味しかったです。
※中に蜂蜜みたいなシロップが入ったパンでした(焦糖甜餅という商品名だった)

食べ終わって12時。

大荷物を置きたいなぁということで、今度は宿泊施設探し。
西門駅に移動します。



今回お世話になったのは【Fun Inn Taipei 】というゲストハウス。
これがなかなか見つけられなくて再び右往左往。
タクシーのおっちゃんに助けられながら、なんとか辿り着くことが出来たのでした。



あたしが利用したのは女性専用部屋の上段ベッド。
2段ベッドではなく、ロフトタイプだったのと。
ベッドにカーテンが付いてて個人空間が作れるところがとても良かったです。
ちなみに他のお客さんはほぼ中国圏の人達っぽかった。
声のボリュームが大きくめっちゃ賑やかだったわー(笑)

荷物を置いて行動再開。







故宮博物館に行ってきました。
ここに向かう途中のバスの中で、突然隣のおばちゃんに声をかけられ
何事かと思ったら、どうやら『 半袖じゃ寒いわよ!長袖は無いの?』とあたしの身を案じてくれてるようでした。
腰に巻いてるカーディガンを指差して長袖持ってるアピールをしたら仏頂面だったおばちゃんがめっちゃ笑顔を見せてくれた。
・・・優しい(T-T)



博物館は中国人のツアー客で非常に賑わってましたな。
彼らは団体なので、とにかく勢いが半端ない。
ガイドさんはいいポジションを陣取って意気揚々と展示品について語ってましたよ(特に3階が激しい)



実物の肉型石見てきました。
完全にラフテーでしたね。



一番有名な展示品・翠玉白菜は他の博物館に貸出中だったようで見ることが出来ませんでした。
残念。

博物館をぐるっと見て回って
次は士林夜市へ向かう。



スーパーで見かけたエリザベスカラーを付けた猫。
シュッとしてて行儀が良かった。
可愛い♪



屋台で売ってた肉饅頭。
熱々の肉汁が飛び出して大惨事に(笑)















お寺の写真。
そして野良猫。
赤が綺麗。





士林市場の地下にあるフードコート(?)で夕飯を食べることに。
この人数カウント、正確なんですかね??



1店舗目で食べた魯肉飯。
薄味で油っぽさもあまり無し。
具も少なめで個人的にはイマイチ。
スプーンなところは評価◎
30元とめっちゃ安い。





2店舗目で食べた魯肉飯。
値段は上記のお店と同じ。
ここの魯肉飯が一番あたし好みで感動の美味さだった!
お肉の脂身が多いのと、しっかりした味付けが◎
あまりにも美味しかったので飲めもしないビールまで注文。
一人ボーッと周りの景色を見ながら食事をする時間は大変有意義でしたね。
みんな元気だなぁ。



台湾の射的の銃は日本のより本格的。



少し早い時間に訪れたので人出はそこまで多くなかったけど。
夜市の雰囲気をそれなりに感じる事が出来たので満足。

続く→

台湾一人旅。

March 30 [Wed], 2016, 0:29
日記の更新が滞りまくっているので。
ネタが新鮮なうちに最新記事から書いちゃおう!
※2016年度はタイムリーに日記が書けるように心掛けたい・・・

今年の誕生日は何か美味しいものを食べに行こう!と思い立ち
3月の22日から24日まで台湾旅行に行ってきました。
しかも今回は初めての完全一人海外!
めっちゃ楽しかったー♪

では、順に思い出写真を見ていきましょう( ´ ▽ ` )ノ

【 21日】
10:00-19:30 仕事
勤務終了後、羽田ファーストキャビンに一泊。

【 22日】



3:50 連絡バスを利用して国際線ターミナルに移動



さすが早朝。人気がない。
フライト待ちの人たちが結構あちこちで無防備に寝てました。
1晩くらいなら空港で夜を明かすのもアリかもしれないと思いましたよ。



ゲート内で朝食。

5:50 羽田発のピーチ便で台湾へ



8:40 台湾 桃園空港に到着



早朝便だったので人が居ない。
普段人の流れにどれだけ頼って行動してたのかがわかりました。
『 こ・・・こっちの道で合ってるのかな・・・・・・?』と不安になりながら一番に入国。
一人行動ってのはサクサク進みますね!

さぁ、今回は前回と違って自力で目的地まで行かなければいけません!
今回は台湾高速鉄道(HSR)という新幹線を利用して台北を目指しました。

まずは空港から桃園駅までバスで移動。







HSRですが、そんなに本数は多くないようです。
次の発車まで時間があったのでソーセージとヨーグルトを食す。
チーズ入りソーセージ美味し♪



HSRは聞いていた通り、日本の新幹線と全く同じ内装でした!
なんか落ち着く( ´ ▽ ` )ノ
気分的にはちょっと名古屋まで行ってきます!みたいな感じだったよ。

そんなこんなで
あっという間に台北駅に到着→→
続く。

タイで出会った犬猫たち。

March 28 [Mon], 2016, 23:55
今回タイに行くにあたり
タイの猫達には是非媚を売っておきたい!と思い日本から猫餌を持参した私。

お陰で出会った猫達には好かれたと思われる。

以下、思い出のアニマル写真 ↓















タイの猫の特徴としては毛は短く痩せてて指が長い。
シャム猫っぽいなーと思ったら、シャムとは昔のタイの呼び名のことらしく。
つまりシャム猫は元々タイ産の猫だったんですね。
納得です。
触らせてくれるような子はいなかったけど、可愛かった♪





写真は2枚しか無いけど
バンコクでは街のあちこちで寝てる犬をよく見かけます。
逆に犬の散歩をしてる人は見かけなかった気がする。
日本でいうペットっていう概念がタイの人たちには無いのかも知れません。

パッと見生きてるんだか死んでるんだかわからなくて、見かける度にドキドキしました。

以上。


タイ最終日。

March 28 [Mon], 2016, 23:06
龍ちゃんは午前便でひと足先に帰国。
あたしとひろたんはお昼までの短い時間ではありましたがタイ散歩に出掛ける。



クイーンシリキットコンベンションセンター駅近くにある交差点の様子。
たくさんの車とバイクたち。
ほんとに、バンコクはとにかくエネルギッシュな街でした。



まずはサイアム駅に移動してルンピニー公園の屋台で朝ごはんを食べる。







ご飯と赤飯と炒り卵と豆のスープ。
それとオレンジジュース。
まぁ、普通な味でした。



サイアム駅の近くで使われている歩行者用信号機を目撃。
ちなみにトゥクトゥクに乗った時にファランポーン駅近くでも1回だけ見かけました。
ちゃんと機能してるのはかなりレア!
なんか、日本では当たり前のことなんだけど
タイに行って安心して横断歩道を渡れたのはこの時が初めてだった気がします。
むしろ『 あ。あたし死んだかも』って思う場面が3回くらいあった。
今思えば、バンコクでは歩きスマホしてる人とか一人もいなかったなぁ。
生きることはサバイバルで一瞬も気が抜けないってことなんでしょうね(・∀・)
良くも悪くも日本は安全に慣れすぎてるように思う。

この後はひろたんの要望でタイの大学・チュラロンコーン大学に行ってみた。
この大学は日本でいうところの東大らしい。



大学病院が併設されていて敷地が広い。



大学病院の食堂で2回目のご飯。
どうしても食べたかったカオマンガイが食べられて満足!!
でもコームーヤーンには適わなかった。



こちらは大学の食堂。
すっきりしててシンプルでした。



ひろたん曰く、雷を発生させる装置らしい。
ほぇー。



アユタヤ焼けした兄ちゃん。
タイの陽射しはかなり強かったぜ!



バンコク散歩も終わり、時間になったので最後はタクシーで空港に向かう。



機内食で最後のタイ料理を食べて完。
あっという間の4日間でした。

いやー、タイは本当に素敵な国でした。
行けてよかった!
コップクンカー、バンコク!!ヽ(*゚∀゚*)ノ♪
P R
★JINRO★
ようこそJINROへ! ここはいむじぃのつれづれなる日記コーナーとなっております★
★プロフィール★
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しばじぃ。
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-BANANA FISH・動物のお医者さん・鋼の錬金術師
    ・ペット-フジコジタカコともふもふする。
    ・コレクション-ピノキオグッズ・御朱印
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30