ここから 

April 19 [Thu], 2007, 1:37
あたしの知り合いにR君がいる。
知り合ったキッカケはナンパ。

ナンパされた時、あたしと、あたしの友達Aちゃんがいた。
相手の方は、3人居て、J君、R君、K君。

結構面白そうな3人だったから、普段からナンパにはついて行かないあたしだったけど、その日はついてく事にした。

その日は飲み会をして、車で家まで送ってもらって帰った。
もちろんアドレスと番号は交換済み(笑

それからお互い忙しくて、しばらく連絡を取らない時期があった。
でも、ある日突然R君から連絡がきて、遊ぶ事になった。
その日は、R君の家で飲み会って事だった。
車で迎えに来てもらうと、一人知らない男の人が一緒に車に乗っていた。
名前はS君。
R君の家に着いて、しばらく酒を飲んでたら、R君が「じゃあそろそろ一服しようか。」と言ってパイプを取り出した。
同時にパケも取り出して見せた。

あたしはかなり驚いた(笑
その時のあたしの考えって言ったら、【麻薬なんてありえない、覚醒剤なんてありえない、やってる人は頭がおかしい、人間じゃない】みたいな感じだったから(笑
S君もパイプを取り出して、パイプの先にパケから取り出したマリファナ(以下:梵)を詰めている。

R君とS君がパイプを口にくわえて、火をつけながら吸っている。
あたしは目の前の光景をうまく理解出来ない状況(笑

あたしがポカーン(゚Д゚)とした顔で二人を見つめていると、S君があたしにパイプを差し出して、「吸ってみなよ^^」と言ってきたもんだからもう大変(笑
あたしは断固拒否を続けたけど、S君もR君も引かない(笑

「俺等がブリって楽しそうにしてるのを、愛子は一人しらふで見てて、寂しい思いをするのかぁ〜^^」

あたしの中の何かが切れた(笑
S君から差し出されたパイプを口にくわえて、さっきのS君達の真似をしながら吸う。
でも想像以上にキツかった・・・(笑
喉が痛いし、味(と言うか香り)も良い物ではないし・・・(笑
煙草のようにはいかないのね(笑
パイプを口から離して、息を吐かないようにする。
(肺の中に出来るだけ溜め込んでおいた方が効くから)
限界まで溜めて、ゆっくり煙を吐き出す。
でもこの時点では何も変化はない(笑
しばらく話してると、何とも言えない感覚になってくる。
音楽を聴いていても、普段より音を感じれると言うか、ポワポワした感じ?(笑
とにかくとっても気持ちが良くなって、動くのが面倒くさくなる(笑
お酒も美味しいし♪
そして!!一番の幸せって言えば、ブリった状況での食事www
もうマジで美味しい!!しらふとは比べ物にならないくらいに美味しく感じる。

これを、マンチと言うのですね(笑
もう食べ出したら止まらない、ずーっと食べつづける(笑

だから梵は太るwwwww
そんな感じで幸せな気分に浸りながら、眠りについて、その日は終了しましたとさ☆
ここから、あたしのジャンキーライフが始まったのです(笑
P R
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p-nuts-life
読者になる
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる