だめだった〜 

2008年06月11日(水) 14時11分


ちょっと前に彼氏が出来たんだけど、もう別れてしまったよ爆

一才上のイギリス人で、友達の紹介で知り合ったんだけどさ。
ダメだった理由はただ1つ、性格の不一致。
何かお互い行動のタイミングとか体内時計とか
連絡とるペースとかことごとく違ってて、
ありゃ別れても仕方なかったって感じ。
遊ばれて捨てられるよりはいいけど。

最初はすごい良い雰囲気でこれは長く付き合えるかなって
思ってたけど、別れは早く到来。彼の私に対する興味が失せて
接する態度がみるみる内に変わっていく過程は、
かなりあからさまだったから、ちょっとしたトラウマになってしまったよ。

その彼を知るきっかけになった共通の友達(イギリス人:男)は
すごい良い奴で、こいつの友達だったら素敵な人かと
推測していたんだけど、性格全く逆だった。
彼らは性格、価値観が似ている友達ではなくて
お互いかなり違う感じだけどなぜだか長く友達やってるな〜笑、
みたいなタイプの人達だったみたい。
あぁ私の男を見る能力は、まだまだだわ。。。。


別れた彼とは未だに良い友達として連絡取っているけど
ヨリを戻す可能性は明らかにゼロッッ!!

あぁどっかに良い人いなかな〜。


ぶちのめされた夜 

2007年10月24日(水) 9時55分

けっして誰かと取っ組み合いのケンカしてた
ワケじゃないですよ。

昨晩は自分の人生の中で一つのターニングポイントが
あった夜でした。現在来年の夏を目処に仕事を辞め、
東欧のある国に行って英語に関する資格を取ろうと
計画しているのですが(これに関しては後々詳細を
書こうと思ってます。)、その資格を取得する学校に
申し込むため英語でのエッセイを作成する中で
かなりヘコむ事がありました。
2つのエッセイを書いて、イギリス人&アメリカ人の友人に
チェックを依頼していたのですが、その訂正具合が凄かった。。。。
イギリス人の友達は手加減して
明らかに違ってる文法とか(かなりありましたが)を直してくれていて
自分が元々書いていた文章をかろうじてまだ保っていました。
が、アメリカ人の友人がチェックしてくれたものは
私の原文を留めるものは殆どなし、私のアイデアを元に
彼が書いたエッセイ状態になっていました。

エッセイの訂正をしてくれた友達の文句を書きたいんじゃないんです。
自分の文法力&語彙力の無さを痛感して、とても情けなく感じたんです。
高校時代に英語が上手くなりたいと思ってから、これまでたくさん勉強して
実際に英語を使う機会も多く持ってきたと感じます。
でも日常会話が出来る様になっても、エッセイや何か公式な文章を書くとなると
英語での表現力は乏しく、苦手な文法のミスが目立ってしまうのが実状です。

自分は典型的な日本人よりは英語も喋れ、外国人の友達もいて
ちょっと天狗になっていた部分もあったと思いました。
いい気になっていて、自分はそこそこ英語出来るし
エッセイもそれなりに出来ると勝手に勘違いしていました。


アメリカ人の友達は昨晩一緒にご飯を食べながら
エッセイの訂正をしてくれていたのですが
ノートパソコンに打ち込んであった自分の文章を
目の前でどんどん変えられていくのは正直ショックでした。
彼もそんな私の心情を察して、
“P(私)は確かに文法をもう少し勉強しなきゃいけないと
 思うけど、来年の夏までまだ期間はある。毎日英字ニュースを
 見たり、自分で難しい文章を書く練習をすれば巻き返しは
 十分出来るよ。僕もいつでもチェックするし”と言葉を掛けてくれました。

自分もその資格に関しては、生半可な気持ちで取ろうとは
全く考えてないです。資格を取る学校は東欧諸国にあるのですが
実際その生徒は殆どが欧米からのネイティブだと
以前そのコースを受けた事がある
アメリカ人の友人から聞いた事があり、
今以上に英語力が必要とされる事もよく分かってます。
後数日したら今落ち込んでいる気持ちも整理出来て、
英語の勉強を始めると思います。
ただ、今は少しこの気持ちから抜け出すのが難しい。。。


読みにくい文章で申し訳ありませんが
最後まで読んで下さった方がいたら、
ありがとうございます。











日本って。。。 

2007年10月16日(火) 9時16分
外国に比べると全然多民族国家じゃないし、
自分はこれまで日本で英語圏以外の人と
関わる事はあまりなかったと思います。

でも近頃はイギリス人の友達と一緒に居る時に
いろいろな国の人達と話す機会が増えて
日本にもいろいろな国の人達のコミュニティーが
あるんだな、と実感したり。

まず友人達が行っている日本語教室、
何度かお邪魔して授業に出席させてもらったり
他の生徒さん達ともお話ししたりするけれど
皆いろいろな理由で日本に来て
日本語の勉強や日本の文化に慣れようと
努力する姿を見て何か自分も頑張らなきゃと感じました。
後は先日代々木公園で行われた
Brazilian Festival、
おそらく関東に住んでいる多くのブラジル人の
方達が訪れていて、雰囲気はまさにブラジル。
日本にいる感覚が全然しませんでした。
出稼ぎに来ているブラジル人の人達は
依然増加しているらしいく、そのコミュニティーも
おそらく中華系、韓国系の人達に匹敵する程の
大きさがあると思います。
最後は先週クラブに行った時にメキシコ人の人達と
知り合った事。彼らは名古屋に住んでいて
その日プレイしていたDJのファンで東京まで
出てきたとの事。皆日系の会社で技術者として
働いていて数ヶ月日本でトレーニングを受けたら
メキシコに帰ると言っていました。

日本でガイジンと言えば、いわゆる欧米・白人系の
人達の事を指しているのが殆どだと思います。
ただ、普段自分達が関わる事の無い所では
欧米以外の、異なった国や文化の人達も
日本には多く住んでいるわけで
彼らも日本に少しでも溶け込んだり、
日本の地に根を張ろうとたくさんの努力をしていると思います。

そんな人達を見かけて、もし彼らが助けを
必要としているのであったら
手を差し伸べてあげたり、友達になったり、
日本がいろいろな人が共存できる様な国になったら
良いなと感じた今日この頃です。

ビーチパーティー 

2007年07月24日(火) 13時22分



先週土曜日の仕事帰り、近くの海でやっていた
ビーチパーティーに行ってきました。
最近はあまりクラブに行ってなかった&
知り合いのイギリス人DJの人が回すのもあって
かなり楽しみにして行きました。
雨が降る中でしたが、パーティーをやっていた
海の家は大盛り上がり。皆ハイテンションで踊ってました。
その晩DJしていたのは全て外国人だったので
お客さんも必然と外国人率高く、
自分が日本にいる感じがしませんでした。
今回のパーティーで、私が以前短期で留学していたパース出身の、
OZガイと知り合いになりました。
お互いパーストークで盛り上がって番号交換もして
現在もちょくちょくメールしてる感じです。
これまでクラブや音楽イベントで会った人と付き合った事が
あるのですが、最近は特に誰かと付き合う気はあまりないです。
特定の人と付き合うより、国籍問わず広く友達が欲しい感じです。
なので、新しくあったOZガイも今度遊び行く事になったし、
いい友達になれたらと思います。

はぁ、外は本当にいい天気なのに現在仕事中。。。
(ブログ書いてサボってますが爆)
外遊び行きたいよ〜〜〜!!



The mistery of ish 

2007年07月19日(木) 16時27分

最近外国人の友達からのメールによく使われている単語、ish。
See you at 8 ish. みたいな感じで
時間についての文によく使われていました。
ishって何ぞや!?ドイツ語っぽいと勝手に思ってみたり。。。
さっそくイギリス人の友、トト子に聞いてみた所 ishはaboutと
同じ意味だという答えが返ってきました。
さっきの上の文だと、5時くらいに会いましょうって感じでしょうか。
スラング程軽い表現ではないけれど、
辞書に載る程の単語でもないとのこと。
通りで辞書で調べても出てこなかった。。。
アメリカ英語でも同じように使われているのかも
聞いたのですが、不明との事でした。


後日地元の海でインターシップで日本に来ている
アメリカ人の大学生(なんとMIT生!)と
知り合う機会があったのですが、
その時彼らもishを使っていました。
アメリカ&イギリス英語どちらでも使われているのね。

辞書に載っていないので確証は持てないのですが、
おそらく単語の成り立ちは語幹の -ishを元に
出来ていると勝手に推測していました。
日本語で言う、〜くらい、〜っぽい等、何か曖昧なことを
表現したい時の単語なんでしょうかね。

こうしてまた新たに新しい単語を覚えたのですが、
やっぱり英語って楽しい!って実感したり。
新しい単語とか知って調べたり、
成り立ちを調べるのはいつもわくわく。
英語で自分を上手く表現出来なくて悔しい時もあるけど、
やっぱり大好きだ〜!!!

ガイジンの彼氏、日本人の彼女 

2007年07月06日(金) 8時45分
地元ではあまりないけど、東京に来ると頻繁にみる光景、
"ガイジン(今回は白人に限る)の彼氏と日本人の彼女”のカップル。
以前イギリス人の友達、トト子と原宿辺りを歩いていた時、
30分間で何組のWM/JF(Western Male/Japanese Female)カップルと
すれ違うかカウントしてみた事がある。結果は10組でした。
いくら外国人が増えているといえども、この数は多いと思います。
しかもWM/JFカップルはよくいても、
反対にJM/WF(Japanese Male/Western Female)の
カップルを見る事はあまりないです。
そもそも日本に来る欧米人の割合では男性の方が
圧倒的に多いらしいし、自然とそうなってしまうかもしれないのですが。
ただ、普段イギリス人の男友達&その他外人の知り合いを見ている限り
彼らの多くは常に日本人の女の子の尻を追っかけていると思います。
日本人の彼女と別れた〜ってある友達から聞いたと思ったら、
一ヶ月のしないうちに新しい彼女が出来ているという事も以前あったし
日本に来た欧米人男性で日本人の女の子と、付き合った事の無い
もしくは肉体関係を持った事無い人を探す方がとても難しいと思います。
上で書いた、前カノと別れて一ヶ月しないで
新しい彼女をゲットした友人、トミ男。
彼は去年から日本に住んでいて現在の彼女が日本で付きあって二人目。
前カノは上手くいっていなかった最後の方には
"彼女は友人”と周りには言ってて、(やる事はやってたらしいけど)、
その彼女が最終的にはトミ男と一緒にいても将来はないと
悟ったらしく、彼女の方から去っていきました。前カノ、ゲン子さん。
正直かっこいいとは言えないトミ男にはもったいないくらいの美人さんで、
外人(白人)には綺麗な日本人な彼女が
出来るという逸話通りのカップルでした。。。

みんなでクラブや飲みに行ったりする時、
友達の友達という人達も芋づる方式で誘われて
一緒に行くのですが、やっぱりWM/JFカップルに会う事が多いです。
嫌味な程ラブラブしていたりする人も多いのですが、
そんな時にはいつも”大方彼氏が本国に帰る時には別れるだろうに、
お互い遊びだろうによくやるな〜”と思っています。
はい、私悪人です、性根腐ってます。でもこれが現状だと思います。
これまで本当にウマが合っている国際カップルにも何組か会った事があり、
そういう方達を見ていると本当に幸せそうだなと思った事もあるのですが
実際は約70%のWM/JFカップルは
最後(結婚)までいく様な事はないと思います。
日本にいる多くの白人男性はただ遊びたいだけで、
真剣なお付き合いを考えている人はあまり多くないと思います。
厳しい話かもしれないけれど、これが現状って事で。。。





夏早く来て〜 

2007年06月28日(木) 14時58分

気が付いたら6月も、もう終わり。。。早っっ!!!
昨日がクリスマスだった様な気がするくらいだし爆、
時が経つのは本当にあっという間だわ。

最近既に暑くなってきているけれど、
自分の中で勝手に夏は7月から始まる!って決めてたり。
お祭りとかも7月になるとたくさんあるし、何せ7月は
富士ロックに行くのもあって余計そう思ってる。
あぁ富士ロック本気楽しみ。。。普段ロック聴かないけれど
前好きだったKaiser Chiefs来るし、テクノ勢は
Space Cowboy, Justice, Chemical Brothers,
Tom Craft等が来る予定で見逃せない。

そう、8月は台湾に行く予定で
観光地もたくさん巡ったり、
台北のクラブに行こうと思っているから、それも今から楽しみ。
Ministry of Soundがあるからせっかく行こうと思ったのに、
噂ではあまり良くないらしいから、Luxuryっていう所に行こうと思う。
海外のクラブ初めて、どんななんだろ〜。

夏のクラブはagehaとかwater barが踊るのにもってこいだろうし、
後、海でテクノのイベントやるのも聞いているから積極的に行きたいな。

なんせ夏だし、楽しまなきゃ損でしょ!!!

でもまだ7月まで数日。。。我慢我慢。。。。



I'm so homesick!!!! 

2007年06月27日(水) 21時13分
英語教師をしているイギリス人の人達と知り合って、早一年ほど。
毎週の様にみんなでクラブや遊びに行ったりしていて、
皆本当に良い友達で出会えた事に感謝している。

つい2、3日前に彼らの中でも一番仲の良い友達、
トト子のブログを見ていた。
先日ジブリの森に皆で行った事が最新の日記として
上がっていたが、文末には"I'm so homesick"と書かれていて、
最近イギリスにいる友達達が連絡くれないけれど
私の事を忘れてしまったのか、日本で一人置いてきぼりになった
気がするといった類の事が書いてあった。
連絡をくれない友達を責める様な印象の文であって、
正直それを見て、うちはトト子が子供っぽいと思ってしまった。
確かに故郷を離れて日本で一人暮らしする事は大変だろうし、
ホームシックを時には感じると思う。
でも、日本に来るのを決めたのは自分だし
友達と本国にいる時より疎遠になってしまうのも仕方が無い事。
それを友達を責める様な言い方で書いていたトト子の姿勢に
疑問を持った。

ブログだけならともかく、その後トト子も友達になっている
Facebook(SNS)にログインした所、自分の今の心境を皆に
お知らせ出来る欄で彼女はまた"I'm so homesick"と書いていた。
それだけでなく、msnのメッセンジャーのユーザー表示名も
同じ様になっていて、ホームシック、ホームシック言いすぎ、
ウザイなぁと感じてしまった。

イギリス人の友達と一緒に居ると、日本人と一緒に居る時より
勝手気ままに出来る部分もあるので、そういった所は
ありがたいと思ってる。ただ、たまに向こうの自己主張が激しくて
いい加減にしてくれと感じるのも事実。
いくら相手の気分を害させても、自分の主張は言うべきであるという
考えを持っている人が日本人に比べると多い様に思う。
(もちろんそうではない、思いやりのある外国人もたくさんいるけれど。)
相手がウザイなとか思う依然に自分の思っている事を
伝えたもの勝ちという感じで、向こう(欧米人)にしてみたら
普通かもしれないが、日本人のうちから見れば
自己主張と自己中心の狭間をいっている時があると思う。

さっきまたトト子のブログを見ていたら、
ホームシック宣言に対し彼女の友達や彼氏から
何でそんな事言うの〜という悲しみを含んだコメントが寄せられていた。
自分がトト子の故郷の友達だったら、
自分もそういう風にコメントを書いていたはず。
友達のイギリス人全てがもちろん彼女の様ではないけれど、
トト子の様に少し自己中心的なイギリス人が多いのも事実。
普段の彼女はいい友達だけれど、
改めて欧米の人の自己主張精神というか、
Me Me精神を改めて感じた今日この頃。。。



お初です。 

2007年06月27日(水) 14時44分


ブログを始めてみました。
日々経験した事や、感じた事を気ままに書いていけたらと思います。

今回はお初の日記なので、手短に自己紹介なんぞ。。。。
名前: P
年齢:ギリギリ昭和生まれ
出身:ランドマークタワーがある県
職業:会社員
趣味:クラブ、テクノ音楽、旅行、英語、韓国語、国際交流、食べ歩き

友達にはブログ始めた事は言わないつもりなので、
細々と好き勝手に書いていくと思います。

よろしくです。


2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
P・・21歳の会社員  今年の4月から社会人になりました。  英語、旅行が大好き。  高校、短大の時にはオーストラリア、  韓国、トルコ、イギリス等に旅行&語学短期留学していました。  数年前からはテクノ音楽にハマりだし、よくクラブにも出没しています。   日々新しい事を学べる人間でいたいと思っています。  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p-kimagure-n
読者になる
Yapme!一覧
読者になる