君と、僕と、音。 

March 18 [Fri], 2011, 8:11
本当はもっと早く伝えたかったんだけど、気持ちがまとまらないうちにこんなん書くタイミングを逃してしまい、また後で色々書きたいし書くと思うしそうしなきゃいられないし、微妙だけど、あの気持ちは気持ちで伝えておきたいし自分としても区切りとして書いておきたいので書かせてもらいます。

3月4日という1日を一緒にすごしてくれたみんなへ。
どこか遠くから思っていてくれたみんなへ。

PANIC☆chをパニックちゃんねるを応援してくれたみんなへ。

今まで出会ったバンドへ。

僕らのライブを共に作ってくれたライブハウス、イベントのスタッフの皆さんへ。

雑誌やお店や事務所や僕らの音楽を支えてくれた皆さんへ。

毎回のように僕らの力になってくれたスタッフ、ローディーのみんなへ。

見守り続けてくれた家族へ。

5年もの歳月を共に走り続けてくれたメンバー、MEGURU・華那・MAYO・kiriへ。




みんな一人一人のおかけで今に繋がって、また3月3日までの僕と違う僕になったよ。

実感がないのも少しあるけど、悲しさに胸を締め付けられたりもしたけど、今の僕は悲しさよりも幸せが溢れてるからさほど辛くないんだ。

それはみんなのお陰。

みんなの想いのお陰。

一つ気付いた事があって、うちらはとても幸せなバンドで僕はとても幸せな奴なんだなって。

僕らの音楽が誰かに何かを出来たのか、何かをあげられたのか、その答えはいつまでも出ないんだけど少し見えた気がした。

やってきた甲斐というか、僕の、僕らの今までは無駄じゃなかったんだなって。
きっとあの場にいてくれたみんなの何かにはなれたんじゃないかな。
少なくとも僕は得たものがたくさんある。

物事には必ず終わりがあって、終わりは何かの始まりで。
みんなにもすぐには無理だとしても新たな一歩を踏み出す為の大切な一日になったんじゃないかなと、そうだといいな。

正直、毎回ライブって楽しいんだけど、どこか満足してなくて心から楽しめるのってそう多くなかったかな。
だけどあの日は本当に楽しかったよ。
音楽やる事が、ライブが、パニでいる事が本当に楽しかった。

いつまでもあの場にいたかった。
だからみんなのアンコールの声をずっと聞いてた。


あの日で僕ら5人の演奏は終わりを迎えたわけだけど、音楽は終わらないし、曲も思い出も生きていく。
BESTWAYにもその想いを託したんだけど、5人揃ったステージが終わっても5人が紡いだ想いは、5人が奏でた音はみんなの中に響きつづけてほしいなと。

それだけで僕は、僕らは幸せです。


君達がこれからも幸せにあふれる毎日を送れますよう、切に願っています。











本当に今までありがとう。


KYO〜YA


(無題) 

March 12 [Sat], 2011, 22:16
みんな大丈夫ですかね?

仙台も福島も岩手も、行ったとこばかりで心配です。

東京はかなり揺れました。経験したことのないくらい。
階の高い所ほど被害はありますが、僕の近辺は無事でいます。

まだ落ち着いたのかわからないし油断できないかと思うのでどうかお気をつけて。

復旧まで相当時間も労力もかかるだろうけど、どうかご無事でありますように。
頑張ってください。


僕には何も出来ないけど、応援してます。
負けないでください。


関東のみんなも気をつけて。

1人と5人。 

March 04 [Fri], 2011, 6:31
PANIC☆chに出逢いパニックちゃんねるに出逢い、あっという間に時間が過ぎた。
5年という長い時間。

楽しい時間は早いというが、本当に早かった。

途中加入もワンマンも機材車も2面性もオーダー衣装も事務所もプロモもライブDVDも…

数えきれないほどの初めてと数えきれないくらいある曲逹、数えきれないくらいのライブがこの5年間に詰まっている。

色んな事があった。


色んな事がありすぎた。


まよっちの休みもかなちゃんの休みも正直キツかった。

4人でも回らなきゃいけないのか?
活動しなきゃいけないのか?

葛藤はあったけど、それでパワーアップした部分もあるだろうし、活動してたからこそ帰ってこれただろうし。

ドラム特有の景色だろうね。
ライブはみんなの、4人の背中がいつも見えてる。
ライブ中はみんなの表情より背中を見てる。
だから3人しかいないステージは寂しかった。
今回のラストツアーはそれを気にしたら辛いから心に背中を写してた。
名古屋ではメグル君のMCで「ラストは5人で」ってのが普段話すよりもステージで聞くのが何倍も何倍もリアリティーがあって、あぁ、良かった。5人でラスト迎えられるんだ、って思ったら涙が出てきたよ。

先日のリハで久しぶりに見る4人の後ろ姿からは言葉にしなくてもわかるくらい気持ちが伝わってきた。

そしてラスト演奏した曲もみんなの想いがそこにあった。

こんだけ長くいると話さなくてもわかるんだ。

どんなこと考えてるかはだいたい。


とても気持ち良いリハーサルだった。



そもそも俺が脱退の意思を伝えた時、誰も否定せず受け入れてくれた。

俺は出来ることならメンバーを探して活動を続けて欲しかった。

動き続けるバンドだったし。
何よりそれでバンドを止めたくなかった。

俺はさっと辞めて3月の記念ワンマンは新メンバーで出来たら一番いいななんて考えたけど、話してみたらみんなそんなサクッとしてなくて。

結果活動休止という形を選択させてしまい、正直少し嬉しくもあり申し訳なくもありました。

それだけこの5人ってのが重要なことなんだなって。

結果的にラストは主催という形にはなったけど5人でやれそうなんでそれだけで十分です。

正直言ってしまえば今日が終わるのが怖い。

バンドとの、KYO〜YAとのお別れだから。

でも踏み出さなければ前には進めない。

笑ってまた歩み始めるために今を精一杯楽しもう。

別れに涙はつきもんさ。泣くのは悪いことじゃない。

でも悲しいだけの別れにしたくない。


後悔のないように、終わりは始まり。


明日より先の未来がより輝くように、今日という日を心から楽しもう。


涙は雨、心がいつか晴れればその雨をうけてきれいな花が咲くはず。

泣いて泣いて晴れたぶんだけきれいな花が。


君も僕も。


独りじゃないよ。

今も。

これからも。

独り言と一人言。 

March 04 [Fri], 2011, 1:49
僕は汚い奴とか酷い奴が嫌い。
自己中だったり周りの事をこれっぽっちも考えてないような奴が嫌い。

口の聞き方とかなってないとか態度やたらでかい奴とか嫌い。

自分で何も出来ないのにチヤホヤされて図に乗る奴が嫌い。



嫌いな奴が多い、この世の中。


社会にもバンドにも。




まあ、そいつがそれでいいならそれでいい。

俺にはそれを変える力がないのを知ってしまったから。

いつか痛い目見るのがお前だからそれでいい。

むしろいつか痛い目にあってくれ。



嫌いな奴を見る目はこんなもんだ。

こんなもんだ、俺は。


そういう負の感情の表現、吐き出しがパニックちゃんねるのKYO〜YAだったりする。

昔は「ビジュアル系」って事くらいしか考えてなかったけど、負の吐き出しは前からあった。

それが全面に出たのが白コン。

KYO〜YA=白コン、これが決まりになった。

それは負の表現。

途中白コンを外したのは人間らしい表現に近づきたくなったから。

でも結局表現したいのは悲しみや怒り、痛みだった。
KYO〜YAとは、パニックちゃんねるとは僕にとってそういうもの。

逆に☆chは幸せとか喜び、楽しみを表現したかった。
明るい部分だけを。


それが2面性であるゆえの表現。

痛みや悲しみがあるから喜びや楽しみが大きくなるように、パニックちゃんねるがあるからPANIC☆chがある。

2つで1つ。


この辺は本来感じとってもらうべきで言うもんでもないだろうけど、寂しがりやなKYO〜YAは言ってしまいます。
わかってほしくて。


嫌いな奴は嫌いだからどうでもいい。
でも僕に携わる人はせめて良い人がいい。
だからかあんま嫌な奴がいない。

だからこそ周りの人だけでも幸せがたくさん来てほしい。
報われてほしい。


僕にとって音楽はそういう存在。
自分自身音楽に助けられて力をたくさんもらった。

だから聞いてくれるみんなにも少しでも力になるように。

そうやって音楽をやってきた。

俺はこの10年幸せだった。もちろんこの先も違う幸せを求めるけど。

そして聞いてくれた人に少しでも力になれたならやってきた意味があるのかな。
俺の10年は誰かの何かになれたのかな。



なってくれたならどうぞ、KuroroとパニックちゃんねるとPANIC☆chとそれぞれのバンドが産んだ曲逹を愛してやってください。

僕達が作った時間を忘れないでください。

そこにあった想いを。

そしてこれから先も胸に宿し続けてくれたら、これからも力になれたなら、僕はこれからも幸せです。



ビジュアル系なんてちやほやされてなんぼかもしれない。
お姉ちゃんが出来て、遊んじゃって、わーい楽しい。

それでもいいならいいけど本当にそれで幸せですか?
やりたかった事はそれですか?

そういう点はビジュアル系において最も嫌いな点でした。

まあ、俺はそこは貫き通してやったけどな。

お姉ちゃんの思い出はゼロだけどそれでいい。

KYO〜YAはそれでいい。

違う幸せ見てたから。


否定はしないけど、そういうバンドマンが増えてくれたらいいな。


なんて戯言。

KYO〜YAとバンド。 

March 04 [Fri], 2011, 0:55
起源…中学2年生の僕はLUNA SEAというバンドに出会いそれこそ衝撃を受けギターを手にした。
乙戸っていう奴にバンドをやろう!って言われてバンドをやった。
本気で何かに夢中になったのが初めてだった。 
毎日毎日ギターを弾くのが楽しかった。
今思えば彼がいなかったら今の俺はいないだろう。
いつかドラムにも興味がわき友達に8ビートを教えてもらい、独学でドラムを始めた。
高校はギターメインだったけど外でライブをするバンドを組む際、ドラムを担当。
これがKYO〜YAの始まり。

Kuroro…一番最初はTear dorops、途中Fairy taleと改名して中学の同級生とバンドを始めた。八王子RIPSというライブハウス。最初はコピーを、徐々にオリジナルをやった。
もうこの頃からKYO〜YAと名乗ってた。
程なくして進路の関係で解散。
別中学で組んでたバンドも解散。

そこのボーカルとギターにバンドやろうと誘われるのがKuroroの前身であり後の羽王である。
初期は朱雀、活動開始くらいに合わせてKuroroと改名。
羽王・忍・煉・緋翠・KYO〜YAで始動ライブは目黒鹿鳴館、2、3バンド動員10以下なんてライブはざらだった。
メンバーも代わり初のCDが満福チャイニィ。録りは別として名盤。笑
ツアーにも周り全てが初めての事ばかり。
いわゆる新バンド特有の勢いはここがMAXだった。
程なくギター昴が脱退。
宰を新メンバーに迎え再始動。
ホリデーで頑張ってたが思うように伸びず、事故を境にバンドの脱退を伝えるが、他のメンバーも脱退・解散を考えていて解散が決定。
メンタルが落ちてた自分はもうバンドはいいや、って今の気持ちとはちがう気持ちで引退を考えていたが、パニックちゃんねるから誘い。
最初は微妙だった。
そこまでメンタルが持ち上がらなかったけど周りの人に助けられてもう一度バンドやろうって思えた。
家族だったり福ちゃん、美保さん…友美さん逹。

その人逹がいなければまた今の僕はいない。
そしてパニックちゃんねるのメンバーがいなければ。

只のビジュアル系はもうやりたくなかった。というか元々か。Kuroroは曲が良かったし独創的だったからやってた。ちなみにたまにあれを当時流行りだった「和」とたまに言う人がいたがあれは「中華」である。
そんな僕に人生の歯車なのか2面性という新しい形のバンド。
俺のバンド人生は人により、巡り合わせにより築かれていると実感。

パニックちゃんねる…そもそも知り合いなのはきりっちょだった。
ふわふわした感じの子だなとは思ってたけど、何回かの対バンとか主催にセッションで出たりでいつの間にか連絡先交換してた。
出逢いは池袋の喫茶店。
メグル君は熱い人、かなちゃんは若干怖そうだけどタメでイーブン。まよっちは大人しい大人だった。
暫く返事は待ってもらい、いつかの夜に押しの電話で加入を決意。
ギャーギャー騒ぐ電話の向こう。
僕の新たなスタート。
PANIC☆ch/パニックちゃんねるの始まりの夜。

東京ミカエル。 

March 03 [Thu], 2011, 0:12
先日、ラストライブ見に行かせてもらいました。

純粋に良いライブ見せてもらいました。
10年間やってきた想いがこもった素敵なライブでした。

ミカエルにはKuroro時代に浦和ナルシスで出会ったのが初めてでした。

当時から個性的で良い意味でビジュアル系らしくないと言うか、とにかく楽曲が好きなバンドでした。

正直、悪いけど今いるいわゆるビジュアル系バンドで好きなバンド、曲が良いなって思えるバンドってそういなくて。むしろほとんどいなくて。

そんな中、ミカエルは本当に良い曲だなって思える唯一のバンドでした。

出てきてはすぐ解散していくバンドが多い中、長い間変わらずに歌い続けるミカエルにパニックちゃんねるでまた何度も対バンすることが出来て本当に良かった。

うちと同じくらい続いてたし、解散・活休ほぼ同じタイミング…重ねて見てしまいとても切なかったけど終わった後に会ったメンバーはどこかすっきりした表情というかやりきったんだなって感じました。

まあ、みんな真面目なんだろうけど、本当に真面目に音楽をやるって難しいですよね。
あくまで自分視点ですが、ミカエルの曲、ライブを見てももっともっと沢山の人に受け入れられて良かったんじゃないか、むしろ受け入れられるべきなんじゃないかと思いました。

なんだかわけのわかんないものが売れる時代に自分達の音を伝えたい唄をやりつづけるって本当に大変なんですよ。
変な話流行りを追えばそこそこいくし、見た目が今風でいけてればそこそこいけちゃう時代だからね。

ぺーぺーでも自分でメイクできなくたって座ってればイケてる感じになっちゃう時代だからね。


でも結局流行りをやっても自分達じゃないしね。


ってちょっと愚痴混ざりになっちゃったんだけど、そんな中、自分達の芯を歌い続けたミカエルは素晴らしいバンドだと思う。

なかなか出来る事じゃないからね。


俺もかれこれ10年近くこの業界にいましたが、心から良いバンドだって思えるのはミカエルくらいでした。



そういう事なのです。

ビジュアル系を好む方々よ、見た目かなり大事だが一番大事なのはやっぱり曲だよ。唄だよ。

結局音楽だからね。



そんな残念な時代の悲しいお別れでした。


東京ミカエル。10年間本当にお疲れ様でした。


きょ〜や(隠れファン)

バン宣は万里に値する万物。 

March 02 [Wed], 2011, 23:55
宣伝だす。

■無期限活動休止&現メンバーLAST TOUR FINAL「Proof of the LOVE」■
PANIC☆ch/パニックちゃんねる主催 パニッ娘&パニ男最終全国集会!!
3月4日新宿RUIDO K4にてPANIC☆ch パニックちゃんねるデモ音源発売!!
(※完全先着限定販売の為、無くなり次第終了とさせて頂きます。)
http://www.panic-ch.com/
また追い上げでみんなに伝えておきたいはずな独り言を書きます。

が、今はあくまでも宣伝だ。
みんな遊びに来てくれい!
K4をパンパンにしよう!

待ってるさぁ!


写真は僕のコレクションです。
ついにここまで来ました。並ばなくなってきました。マニアックで悪かったな!
きょ〜や(無愛想)

名 愛 阪 浮游? 

February 25 [Fri], 2011, 20:57
名古屋・大阪と集まってくれたみんなどうもありがとう。

大阪も名古屋も非常に慣れ親しんだ街でありハウスだったから終わってしまってなんとも言えない切なさに胸を締め付けられました。 
東京ならまだしも浜松、新潟、仙台、大阪、名古屋はKYO〜YAとしては本当に最後なんだなって言うか、あまり言葉にしたくないんだけどお別れなんだなって…。

痛感した。

胸が締め付けられるようだった。

でもきっとそれはライブがみんなとの時間がものすごい楽しくて幸せなことだからだと思う。

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

あの約30分のステージがとても30分には感じられない、5分くらいにすら感じるくらいだった。

そんな時間をみんなと共有できた事、とても幸せに思います。

 

ありがとう。


きょ〜や(こってり派)


あの頃髪は赤かった。 

February 15 [Tue], 2011, 4:24
仙台・新潟とみんなどうもありがとう。

寒い中だったけどハウス近辺は雪もあまり降らなくて、天候にはある程度恵まれたかなといった感じだね。
仙台ではかなり久しぶりにあのメイクしたんだけどナイフ(インビジブルライン)が出た頃のだね。
かなり懐かしい。

実はあのメイクはフランケンがもとだったのだよ。
ちなみにおでこはジャンプの某マンガから。

歯にアルミホイルかぶせて、口まわりにアルミホイル着けて、実は我ながら斬新だろ、って思ってたりしたよ。
まさか後にリアルフランケンをやることになるとは思わなかったけどね。

そんな裏話。
まあ、その他色々事件はあったけどなんとか無事に東北方面終了できたよ。

集まってくれたみんな本当にありがとう。


そしていざ、名阪へ!



と思ったら雪かい!

車上あらしかい!

俺のipod車に忘れてたんだけどそれは取られてないという…

ケースが小汚なかったからか?!

そんなんはいらねえってか?

やらねえよバカヤロコノヤロー!

人のもん盗ってんじゃないよコラ!




ってー事でね、色々あるけどね、振り切っていくぜぃ!

このままみんなも無事にラストを迎えよう。


きょ〜や(懐かしver.)

煌めけよ我が拳 

February 10 [Thu], 2011, 0:57
やはやは、新宿を終えて浜松も終えて、早くも東北に参ります。

どちらもライブ楽しかったです。ありがとう。

慣れ親しんだ浜松ともね…

本当にありがとう。


冬に東北に行く癖のある我ら、まだまだ雪の中をひた走るわけですが、気をつけて向かい、寒さを吹き飛ばし楽しんでいきたいね。


こないだね、久しぶりにチョコボールのキャラメルを食べててね、「こういうの食べてて銀歯取れちゃったりするんだよねー、あはは。これで取れちゃったらきついよなー。」なんてね、なんて事を考えていたら、ねちゃねちゃした食感の中にカツッてなんかかてーもんがあんなぁ、おかしいなぁ、なんて思ったら銀歯とれてんすよ。

銀歯、とれてんすよ。

あれー、俺が想像したパターンじゃね?これやっちゃったヤツじゃね?

あー、完全に取れちゃってるよ。



そう、やっちゃったわけよ。
銀歯ないの、今。

歯、穴あいてんの。
ポテチ詰まるよね。
豆、ばらまいちゃうよね。
ツアー中だからなかなか歯医者行けなくてきついよね。

でも仕方ないよね。

銀歯取れても振り切るぜ!


きょ〜や(カンフーガイ)



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KYO〜YA【パニックちゃんねる/PANIC☆ch】
  • アイコン画像 誕生日:12月30日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
こんな日々でも記せば立派なもの也。
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/p-ch-kyoya/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる