私は夢の中の天国

July 03 [Fri], 2015, 15:30
西施湖で庭を歩く、太子灣光仙境に泳ぐために、私は命を捨てても喜んで、30年には文学創作の追求のままにならぬ。依然としてに迷いと落胆。見えない希望嬰兒敏感と成功。私心を回復する意懶つまらなく。数奇な運命を享受することができない楽しい生活。妻も秋の雨の夜、私と喧嘩をして家出をして3年になる。

今年の十月初一、私は52歳の誕生日、私は一人で車を運転して杭州に来て西施湖。探した旧市街の1家の中古車販売店は、自家用車を売りました五万元のお金。たくもない夢The Beautyは私の故郷に囚われ。太子灣ぶらぶらして、そばは名だたる蘇堤。時間はまだ早いが、訪れた観光客や旅行団がほぼ独占丸ごと蘇堤。暖かい日差しの下で、西施湖面の波がきらきらと輝き、眺め雷峯塔、まだ一面霧に霞む。

蘇堤に歩いて、突然目の前の翻って霧の中、を曲がるの老人が私の目の前に来て、ぼんやりと覚えて彼は大詩人ソ先輩の姿。私唿恍に先輩について蘇elyze hkバス。

西湖の南西の隅に、南屏山ライチ峰の下で太子灣公園。バスに乗って公園まで太子灣西門赤山ベイ駅で車を一歩太子灣公園の正門バス蘇堤駅。

太子灣の名から南宋。その時ここは西湖南隅田川の一面のリパルス灣。宋の時代の濱水の地位庄文、景献両太子の骨を埋め、湖の灣の名前の由来とされる。

朝の太子灣公園、静かですっきりして、偶然に2つの観光客が歩いていって、耳には小さな鳥語の蝉の声。芝生の上の大風車静かに立っていて、朝陽をまき散らす光透過無限、木々の枝に柔らかくて温かい光照射し、人の心を生幸せ。

蘇先輩に誘われて味わいの第1本の美食は西湖酢魚:1本の浙江料理係で有名な料理の風味。この料理は西湖ソウギョでやって主な材料を重んじ、魚の新鮮で柔らかい火と本の味、焼成後淋に甘酢濃汁、器にデスク、魚の味が新鮮で柔らかい胸びれを立て、甘酸っぱい。

昼になって、私は帰ってホテルの念。次に、第二本の美食手むく龍井蝦仁:1本の経典の江蘇省、浙江省の有名な料理、竜井茶の新芽を添えて調理したエビ。盛り付けにこだわり、平皿盛に海老を二枚の竜井芽のそばには、小皿調味料の汁、海老玉白、芽の葉の緑、きれいに透き通って雅丽オニバスの汁、色、ディスクの絵画のように美しい料理。拾って1粒の海老、少し酢入り口、柔らかく滑らか、やや歯ごたえ、口当り甘酸っぱい海老おいしい味からっと感じながら、お茶のすがすがしい香りぱっ。

第三本の美食は彼の創作の「東坡肉」、この料理はたぶん)を保持し、山東省の多くのホテルにもすべての席。と違うのは、知味观の東坡肉料理によって位、各分碧い蓋碗。蓋を開けて、魅力的な東坡肉があらわに体つき。肉質は肥えて飽きない、やせて小さい火柴、とろ火で煮てからパイ透。最終製品でやっと色紅亮、濃い味アルコールジュース、サクサク割れない、香もちコカ。

歩き疲れた、私たちは林の辺のシートに座って休め。ここは観光客を経て、週囲の一面の静謐で、もし一人だけぼんやり座って、気持ちをリラックスして、この太陽の下にも座って午前。勝手にしていて、時間が早く。彼は悲しみに語る彼は波乱の人生。私は非常に驚く。
  • URL:http://yaplog.jp/ozxcv/archive/4
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ozxcv
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ozxcv/index1_0.rdf