まえ玄関で会っ海

July 21 [Tue], 2015, 12:43
その時、兵士たちの経験を私に乗った上海から島行きの帰省の客船。当時は慌ただしくて過ぎて、海への理解は薄っぺらな。そして私の感動を謳歌し始めたのは、私は島で百日夜の中に知ったの本当の意義の上の海。

朝、私はバスで、海岸線に沿って歩いて出勤して、海の風光を味わって、情緒は奇抜で、昇る昇る太陽が眩しく初写真、広い海の風に吹かれて、海に、雲切れのさざ波、波がきらきらと輝き、色とりどりのように、無数の星に目を瞬かせるものでジャンプ。はるかに見渡す.見はるかす、ぼんやりと、海に船を浮かべて、貨物船、客船、遊覧船……海の隅々に飾りを添えて、奇妙な比類がなくて、海に囲まれ、構図島を描いた空、い海、红瓦、緑の人間仙景。長い海岸線、老若男女が湧いて、抑揚のある楽曲、陽気なディスコ、壮大な健身舞、熟練の剣術、優美な太極拳、海、岸の調和に踊らせて、きれいな海を追加するには、美しい風景までの霧の中、特に島の別称早晨、海にぼんやりしている現在、約かすかにわいてくるように、それでも出詩の感じで、人々の生活を添えた無限な思いも起きた詩人、いくら心から称賛。思慮の間に、1群のカモメぺちゃくちゃに飛来して、海の上空に殺到し、まるで「海、こんにちは!」。これは本当にに身を置くと、美しい。

仕事の合間に、夏の気温が暖かい、海の招待を受け、金目のものを踏んで砂浜へ、人ごみ、色とりどりの海水浴場に熱烈で、明るくて、奔放と誘惑力、令せかせか動き回るの観光客が足を憧れ。海風が吹いてきて、波に向かって人々が飛んで飛びかかってき、習水性者を免れ飲む上に何口を連れて塩味の濃い海水、波が流れた所は、男女の笑い声、浪花の喜びに満ちて比類がなくて、高波にぶつかって暗礁、打ち寄せる浪を巨鳴って、行ったり来たり、が絶えない波しぶきで空に咲く花に向かって、これは私が初めて親しく海サーフィンも私の長年の念願が、空に向かって、頭を枕にして波、任海水と肌が抱き合って、時々私の頬にキスをして、海の波の音がとどろき、潮が満ちて潮が引くことを見て、比類のない心地よい、私と波一緒に歌うと一緒に踊る、潮、海と一緒に語り、交流、たちまち間に縮めた私と海の間の距離、心まるで海のように広い。三々五々の男女に海の中で笑って、高いとして、手と手を取り合って波に向かって、海で泳ぐ浮いたり、、波の底に巻き込まれたり、浪の先が追い込まれていく、私の無限な思いや空想、ないないないない成大海波、波折成人生、人生は海のようにではなく、静かな港灣は、上げ潮に実感でき、本当の人生に向かって歩いて、風があってこそ、困難を踏み、勇敢に突き進んで、理想の彼岸に到達する。これはどこが感じられないのは、海に泳ぎ出した生活でも味わう感じる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ozxcv
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ozxcv/index1_0.rdf