恐ろしいこと。 

2004年08月10日(火) 0時23分
隣の病室のばーさんが1時間くらいずーっと「あ、あ」ってひたすら「あ」だけを言っていて恐ろしく思いました。
だってあのおばあさんにだって若いときがあって、
普通に会話したり恋したり働いたり笑ったりしてるときがあったのに、
今は「あ」しか言えないんですよ?
そういう風になってしまう時間とか人間とかの恐ろしさを感じる。
そしてそれを少しも浮いたものだと見なさず、あたかもそこにいて当たり前のような雰囲気かもし出す病院はやっぱり異様だと思いました。
でもマスターキートンが読みたいので(母の友達が見舞いに持ってきた漫画)病院に行かねば。

それはそうと、昨日初めて料理らしい料理を作りました。
なにを隠そう、私は料理が大嫌いです。
料理なんて、絶対作りません。
作るくらいなら空腹を選ぶ。
そんな私が今日料理を作りました。
しょうが焼き。
(ん?これって料理か?)
今思うと写メっときゃよかったかな。
私の作る料理は不思議で、作ったものはサラダでさえも不味い代物になるんですが、しょうが焼きはわりと普通だった。
ていうか自分の作るものは全て不味い。
みんなはおいしいと言うけど私の舌は納得しない。
自分で作った料理は、たとえおいしくても、作っているときの不快感が思い出されて、
何でもかんでも不味く感じるようです。
やっぱり料理は嫌いなんだよなあ。
他人に口出されるから、嫌いなんだろうけどなあ。
作ってるときに自分の眉間に皺がよっているのがわかります。

大変なことになった。 

2004年08月09日(月) 0時21分
母がアキレス腱を切って入院した。
「おーい、入院することになっちゃった」
病院にいる母からメールがきて、デニーズでご飯を食べていた私と妹は爆笑した。
母は土曜にバドミントンで足を痛めていたのだが、土日は病院が開いていなくて、やっと今日病院に行ったのだった。
母は今日病院に向かうときでさえ自転車で行こうとしていたのた。
(さすがに危ないと家族で止めた)
「自分のことだから、よくわかるのよ。そんなに大きい怪我じゃないはず」と言って、
自転車を漕ごうとしていた母。
そんな人が入院。
爆笑したものの、それは全然笑い事ではなくて、全くもって大変な出来事だった。
母の着替えを持って行ったり電話をしたりご飯を作ったり習い事に行ったり。
はっきり言って疲弊した。
母は1週間は戻って来れないらしい。
まだまだ疲弊は確実に続く。

特筆すべきこと。
今日、初めて病院の病棟に入った。
そこはひどくちぐはぐとした空間で、私はおぞましささえ感じた。
患者と見舞い人のテンション、人種、遠くから聞こえる鳴き声、がちゃがちゃと食器の鳴る音、ブザーの音。
騒がしいのか静かなのかわからない空間に、死んでいるのか生きているのかわからない人たちが奇妙に気分を高揚させて会話しているのだ。
異様だった。
消毒液臭い院内で私は父に「病院ってちぐはぐね」と言った。
「病院は嫌いだ」父はそう言って顔をしかめた。

私の家は3階です。 

2004年08月02日(月) 15時20分
汗をだらだら流しながらちゃんぽんを食べる昼。
ベランダから見える公園では除草をしていて、
その草の匂いが私の部屋まで届く。
草とか土のにおいは結構すきなので、そんなに悪い気はしない。
汗で湿った鉛筆を握る手の、下にひかれた紙が歪む。
湿度って恐ろしい敵だと思う。
勉強している、自分に酔いそう。
(やっばい!私勉強している!受験生みたい!すごい!偉い!)
普段勉強しないからこれです。
受験生なんだから、勉強なんて当たり前よね。
まあ悪い気はしないけれども。
エアロスミスを聴きながら受験勉強。

せみの声。竿竹売りのトラックのスピーカー。
日本の夏は、DNAレベルで私の肌に染み付いているようでした。
じわりと浮き出た汗が頬伝って、髪の毛を伝って、太ももの上に落ちる。
悪い気はしない。

ハリーポッター アズカバンの囚人 

2004年07月28日(水) 23時40分
ハリーポッターを見てきました。
(ハリーポッターは、一応原作も読んでいて、映画も今までの分は全部見ている)

私の個人的な感想としては、ハリーポッターは世間で騒がれているほど面白いとは思っていなかったので、
今回の映画も、特に期待していませんでした。
エマちゃんの可愛い様子を見に行こう、とかそのようなノリで行っていました。
でも、今回は監督が変わったせいか、以前と比べて堅苦しくなくて、
エンタテイメント的に見れて面白かったです。
笑うシーンも多かったし。
ハーマイオニーとロンがなんかドキドキ(?)な展開だったし。
あの2人は、やっぱり原作で結婚するのかしら?
どきどきと言えば、ゲイリー・オールドマンは格好よかった!
すっごくちょい役だったけど!(そういやエマ・トンプソンもちょい役だった)
私は「レオン」がすきで、(ジャン・レノもナタリー・ポートマンもゲイリー・オールドマンもすきなの!)
それでゲイリー・オールドマンもすきになったのだけど、
シリウス役の薄汚い彼はすごく格好よかった。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップ効果みたいな。
薄汚いのに格好いいんだよ。
むしろ薄汚いのがいいのかな。


あらすじとしては特に何もいうことはありません。
基本的には、小さい子が見るファンタジーの話です。
ものすごく都合のいい話だけど、小さい子向けだからなあ。
やっぱりロード・オブ・ザ・リングとかとは、比べられません。
同じファンタジーでも、カテゴリが全然違います。

ハリーポッターは毎回思うことなのだけれども、すごく原作を読んでいない人に不親切だよね。
まああの厚さの本を2時間に収めるっていうのがちょっと無理あるんだろうけども。
あとね、エマちゃんは個人的にはもうちょっとふっくらした方が可愛いと思うんだよ。
そしてダニエルくんよりロン役のあの子の方がすきです。
あの情けない顔がすきなの。


たいしたこといえてないけど、ここで終わりにする。

ラジオ 

2004年07月25日(日) 16時27分
録音したラジオを聴いているのに、思わず姿勢をよくして聴いてしまいます。
うちは、ラジオの入りがすごく悪くて、電気つけても雑音入るし、ちょっとした障害物があっても上手く入らなくなります。
だから、ラジオを聴くときは極力動かないようにして、かちんこちんになって聴くのですが、
録音してたら別にねっころがって聴こうがブリッジして聴こうが変わらないんですよね。
なにを緊張してたんだか。

ラジオは結構好きです。
勉強するときとか(一応受験生ですからね!)音楽も聴きますがラジオも結構聴きます。
耳に馴染むところが好きです。
一人暮らしするなら、絶対ラジオの入りがいいところがいいです。

いい日旅立ち。 

2004年07月13日(火) 23時24分
こんなに暑いのにエアコンを持っていない友達がいて、
その友達は扇風機も持っていなくて、
さすがに見かねて「扇風機買いに行こう」と、今日は友達と一緒に扇風機買いに行きました。
最近の扇風機は安いから予算は5000円くらいで買いに行ったのですけど、
友達の家は田舎で、扇風機を売っている店がない!
うだる暑さの中、徒歩でうろうろして(30分は確実に歩いた)
ようやく3軒目くらいにまともな扇風機売ってる店を見つける。

いろいろ扇風機を見るんだけど、友達はやっぱり安さ最重視で、
首振り・タイマーついてるっていう条件の中の1番安いのを買いました。
決めたのはいいんだけど、友達、何を思ったのか残り1つしかない展示品が欲しいと言い出して、
箱ないっつうの!
箱ないよ!
店員さんに梱包してもらって、小脇に抱えて帰りました。
梱包したって、形は丸見えです。どこからどう見ても扇風機。
エスカレータに乗りながら扇風機を抱える2人組み。
どう見ても怪しい。
そうしたら友達が物には名前をつけるタイプで、一緒に名前を考たりした。
なんでそんなファンシーな趣味持ってんだよ。
怪しさに磨きがかかる。

もうちょっとで夏休み。 

2004年07月12日(月) 23時47分
なんか一昨日くらいから友達と壮絶なメールをしている。
ほとんどけんかみたいな壮絶さでメールしている。
そして1回のメールがすごく長い。800字とか。ありえないよね。
普段携帯料金なんて月1000円くらいの私ですが、ここ10日間で900円とか使ってる。
メールの代金だけで900円とか…あほかなこれ…。
いい加減やめなきゃなあ。
ちなみにけんかのようになった内容というのが双方の見解の違いとか常識的意識の落差とか根本的な考え方とかについてなんで、
これ、ぶっちゃけいつまでやってもきりないんじゃないかなあ、と思う。
私も彼も理屈屋の頑固なので絶対譲らないし。
そして最初はそういう話題で始まったのに、なぜか今効率のいい勉強法について討論(ていうかほとんどけんか)している。
あれ…木曜もこんなことあったな…木曜も違う子とこんなけんかしたな… !
「頑固さ」と「柔軟性に欠ける頭」の違いを相手がわかってくれなくて、私が躍起になって説明したりとかして怒鳴りあったな…。(だって頑固さと柔軟性がないっていうのをイコールだって言うんだもの彼!)
私の毎日って結構くだらないな…そんなもんかな。

今日は一昨日ぐらいに注文した本が来たので取りに行きたいと思っているけど、無理かなあ。
模試終わるの3時くらいで、そのあとも用事あるしなあ。
その本は、8月発売だと思って注文したら、7月発売だったらしい。
なんか、ちょっと得した気分。
そういえば、このあいだもおつりのなかに昭和64年の10円玉が混じってるっていうのが2日連続であって、
とっても嬉しかった。
もちろんキープした。
人間って、結構単純だ。

テンタクラリア! 

2004年07月12日(月) 20時08分
お刺身って私、大好きなのですが、
さっき鰹を食べてたら、む、虫がいた!
アニサキスだ!と大騒ぎしていたのですが、よく見ても見なくても
明らかに形がアニサキスじゃない。
ネットで調べてみると、それはテンタクラリアという寄生虫だということがわかりました。
人体に害はないらしい。
「もし食べてたらたどうしよう!お腹で、お腹で虫が生きてたらどうしよう!肉の中に潜ってきたらどうしよう!」
とか言ってたんですけどね。
その心配もなくなりました。
人体に害がないあたり、わりと気のいい虫だったのかもしれない。
いや、見た目はグロテスクでしたけど!(なんで伸縮するんだ!)
Profile
タミ
1/11生まれ
受験生。関東在住。
びびり。
めんどうくさがりの理屈屋。
「毒舌で冷静なのに確実に天然入ってる」とは友達の弁。
2004年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ozs
読者になる
Yapme!一覧
読者になる