プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ozkbjvasdxpodi
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【ボクシング】亀田興毅が再起戦でKO勝ち! 亀田大毅、井岡一翔も勝利 / 2010年07月25日(日)
 25日、大阪府立体育会館第1競技場で行われた「トリプル世界前哨戦」は、亀田兄弟&井岡一翔の3人全員が勝利した。

 トップバッターで出場した大型ルーキーの井岡(WBC世界L・フライ級10位)はフィリピン・フライ級8位アルバート・アルコイに9回1分57秒TKO勝ち。過去4戦と比べて井岡はバランスに欠け、しつこくパンチを強振してくるアルコイに手を焼いたものの、6回にラッシュの場面をつくり相手を弱らせると、7回にはワンツーからの連打でのけぞらせ、8回にストップ寸前のチャンス。迎えた9回に右を当てたところで主審のストップを呼び込んだ。

 続いて登場した亀田大毅(WBAフライ級王者)はロセンド・ベガ(メキシコ)からダウンを奪った末に10回判定勝ち。この日の大毅は相手を誘いながら左をつく戦い方。ガードを落としたスタイルから右ブローをよく決めたが、3回にダウンを奪った後は、ベガを攻め崩すことはできず。ジャッジ全員がフルマークをつける勝利で次戦の坂田健史(協栄)戦へとつないだ。

 トリを務めた亀田興毅はセシリオ・サントス(メキシコ)を2度倒し4回49秒KO勝ち。右ジャブをよく突き、きびきびとした動きの興毅は2回に左ボディーフックをカウンターし最初のダウンをマーク。4回またもサントスのボディーにパンチをまとめて倒し、10カウントを効かせた。興毅は3月にポンサクレックに初黒星を喫して以来の再起戦を飾った。

【関連ニュース】
亀田大毅が世界王者に!日本初の兄弟世界王者誕生
内山高志が王座防衛!世界戦2連続KOを達成
内藤大助、亀田興毅戦の敗退以来の再起戦でKO勝利
名城信男が3度目の防衛に失敗!カサレスが2階級制覇
ボクシング専門誌「BOXING BEAT」の公式HP 7月25日21時31分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100725-00000001-gbr-fight
 
   
Posted at 23:07/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!