“歴代最高キーボードとCore i5の最強コンボ”な「ThinkPad T410s」を楽しむ / 2010年04月05日(月)
 レノボ・ジャパンの「ThinkPad T410s」は、スリムなボディを採用しつつ、ヘビーな処理もこなせる環境を提供するハイパフォーマンスな薄型ノートPCだ。ThinkPad Tシリーズには「T410」「T510」というモデルもあるが、これらの本体重量が2キロを超えているのに対してThinkPad T410sは約1.79キロと、携帯性を重視しつつメインマシンとして使えるパワーも兼ね備えたバランスで多くのユーザーから注目されている。

【拡大画像や他の紹介写真】 【表:ベンチマークテストの結果】

 「T410s」という製品名からも分かるとおり、このモデルは同社が2009年6月に発表した「ThinkPad T400s」の後継機種という位置づけだ。ThinkPad T400sといえば、もともとキータッチに定評のあるThinkPadシリーズの中でも、“歴代最高”と開発者がアピールするキーボードを搭載したことで話題となった。そのキーボードはThinkPad T410sもそのまま受け継いでいる。基本的に、ボディについてはThinkPad T400sとほとんど共通で、見ただけでは区別がつかないだろう。本体サイズも、337(幅)×241.5(奥行)×21.1〜25.9(高さ)ミリと、ThinkPad T400sと変わらない。

 ThinkPad T410sで最も大きく変わったのは、ボディ内部のプラットフォームだ。ThinkPad T400sはCore 2 Duo SP9400(動作クロック2.4GHz)とCore 2 Duo SP9600(動作クロック2.6GHz)が選択可能で、チップセットはIntel GS45 Expressを採用していた。これに対して、ThinkPad T410sはCPUに“Arrandale”世代のCore i5-540M(動作クロック2.53GHz)、またはCore i5-520M(動作クロック2.4GHz)が選択でき、チップセットがIntel QS57 Expressとなった。

 ThinkPad T410sで導入されたCore i5-540M/520Mは、2010年1月に発売された“Westmere”世代のコアを採用するデュアルコアCPUだ。32ナノメートルプロセスルールを採用し、1つのダイにCPUコアと45ナノメートルプロセスルールのグラフィックスコアを統合する、開発コード名“Arrandale”と呼ばれていたモデルだ。Hyper-Threading Technology(HT)に対応しており、1個の物理コアで2スレッドの同時動作が可能なので、CPU全体では最大4スレッドが同時に実行できる。また、Turbo Boost Technology(TBT)にも対応するので、Core i5-520Mの定格動作クロックは2.4GHzだが、CPUの動作状況に応じて動作クロックを最大で2.93GHzまで向上できる。

 ThinkPad T410sは、CPU以外にもBTOで購入時にスペックが変更できる。特に注目したいのが、グラフィックスチップにCPUに統合されたグラフィックスコアのほかに、外付けGPUとしてNVIDIAの「NVS3100M」も用意されている点だ。このGPUは、NVIDIAのノートワークステーション向けラインアップで、CUDAコアを16基内蔵し、DirectX 10、PhysX、PureVideo HD(1080p)をサポートする。CPUに統合されたグラフィックスコアとNVS3100Mはスイッチャブルで切り替えて使うことも可能だ。

 今回の評価では、CPUにCore i5-520Mを搭載し、NVS3100Mは搭載しない構成の「2904ELJ」を試用した。メモリは2Gバイトを搭載するほか、HDD容量は250Gバイト(1.8インチ、5400rpm)、光学ドライブにDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。また、OSは32ビット版のWindows 7 Professionalがプリインストールされていた。

●使いやすいキーボードは継承。WiMAXはより速く!

 キーボードやポインティングデバイスなどの使い勝手はThinkPad T400sから変わらない。レノボ・ジャパンが「歴代最高」とアピールするキーボードの感触は良好で、ポインティングデバイスにタッチパッドとトラックポイントが用意されたのも、ThinkPad以外からの移行を考えているユーザーにとって好ましい。タッチパッドはWinodws 7で採用された「マルチタッチ」(ただし、2本指まで)に対応する。

 本体のインタフェースは、背面に電源、アナログRGB出力、有線LAN、USB 2.0×2基、DisplayPortを備え、右側面に光学ドライブ、無線LAN オン/オフスイッチ、左側面にUSB 2.0、ヘッドフォン端子、ExpressCardスロット(/34準拠)がある。USB 2.0は背面と左側面に合計で3基あるが、そのうち背面の1ポートはPC本体が電源オフでもUSBに接続した周辺機器に通電を行う「Powered USB」に対応する。また、背面のもう1ポートはeSATAと兼用だ。

 無線LANは、IEEE 802.11a/b/g/nが利用できる。ThinkPad T400sの無線LANモジュールは「Intel WiMAX/WiFi Link 5150」だったが、ThinkPad T410sでは「Intel WiMAX/WiFi Link 6250AGN(2x2)」にバージョンが上がり、WiMAXにおける通信速度が向上した(下り13Mbps/上り3Mbpsから下り20Mbps/上り6Mbps)。このほか、ThinkPad T410sはBluetooth v2.1+EDRも利用可能だ。

●Calpellaで性能はどこまで変わる?

 ArrandaleをはじめとするインテルのノートPC向け最新プラットフォーム“Calpella”の採用で、ThinkPad T410sは従来モデルからどれほど性能を向上させたのか。ベンチマークテストで検証するため「PCMark05」において、以前掲載したThinkPad T400sのレビュー記事で測定した値と比較してみる。評価で用いたThinkPad T410sの構成が、Core i5-520M(動作クロック2.4GHz)でメモリ2Gバイト、32ビット版Windows 7 Professionalであるのに対し、ThinkPad T400sの構成はCore Duo SP9400(2.4GHz)、メモリ2Gバイト、Windows XP Professional Service Pack3を採用したモデルだった。OSが異なるので厳密な比較とはいえないものの、参考値にはなるだろう。

 HDDテスト以外では、いずれもThinkPad T410sの結果がThinkPad T400sを大幅に上回る。総合結果である「PCMarks」では、ThinkPad T400sが4460なのに対してThinkPad T410sは5708となり、CPUテストでもThinkPad T410sの結果が6241なのに対して、ThinkPad T410sは7093と大きく値を伸ばしている。Grapchicsテストも1806から2596と向上している。

 「PCMark Vantage」でも、ThinkPad T410sは優秀な結果を出している。HDDテストについては1.8インチモデルながら5400回転なので、「PCMark05」「PCMark Vantage」「Crystal Disk Mark」それぞれに結果において標準レベルの結果を残している。グラフィックス性能については「3DMark06」と「FINAL FANTASY XI OFFICIAL BENCHMARK3」でも測定してみた。Core i5-520Mに統合されたグラフィックスコアを利用しているが、ベンチマークテストの結果はまずまずの値だ。さすがに最新の3Dゲームは苦しいが、「FINAL FANTASY XI」クラスなら設定次第で実用的な速度で動作するだろうし、Windows 7のAeroもストレスなく利用できた。

●T410sのバッテリー駆動時間はどうなる?

 性能面でThinkPad T400sを大きく超えたThinkPad T410sだが、プラットフォームが変更された影響でバッテリー駆動時間はThinkPad T400sより短くなった。公称値は標準バッテリーでThinkPad T400sが最大6.3時間だったのに対し、ThinkPad T410sは4.8時間だ。

 実際にどれだけ変わってしまったのだろうか。その検証を「BBench 1.01」(海人氏作)で行った。検証は、10秒おきにキーボード押下、60秒ごとに無線LAN(IEEE802.11g)によるインターネット巡回(10サイト)の設定で行った。また、液晶ディスプレイの輝度は最高レベル、音量は最大値の半分にしている。

 以上の条件で測定したThinkPad T410sの動作時間は2時間59分34秒だった。筆者の経験によると、液晶輝度を最高にする条件でBBenchの測定結果は、メーカー公称値の60〜75%程度となる。今回の結果はメーカー公称値の62%。バッテリー輝度を低くすれば4時間以上の連続駆動は期待できるだろう。

 ThinkPad T410sは、ThinkPad T400sの使い勝手をそのまま受け継ぎながら、最新のCalpellaプラットフォームの採用でパフォーマンスが大幅に向上した。CPU、グラフィックスだけでなく、モバイルWiMAXの速度も上がっている。ただ、その分バッテリー駆動時間は短くなっているが、液晶輝度などの設定次第で4時間を超える連続駆動が可能なので、オフィスから持ち出して客先を駆け巡り、その日のうちに戻ってくる用途なら十分だ。

 4月1日の時点で、BTOから選べる構成は、CPUとOS(Windows 7 Home PremiumとWindows 7 Professionalを64ビット版、32ビット版から選べるほか、ダウングレードを使ってWindows XP Professionalも導入可能)、グラフィックスコア、メモリ容量(4Gバイト/8Gバイト)、キーボード(英語/日本語)、指紋センサー(あり/なし)、カードスロット(Expresscardスロット/5 in 1カードリーダー)、Bluetooth(あり/なし)、無線LANモジュール(Centrino Advanced-N 6200/Centrino Ultimate-N 6300/Centrino Advanced-N+WiMAX 6250)、Microsoft Office Personal(なし/あり/with PowerPoint 2007)が用意される。また、ハイエンドパッケージの構成では128GバイトのSSD搭載モデルも選べる(ダイレクト価格37万3800円のところ、20万9580円のキャンペーン価格が4月8日まで適用される)。

 1台のノートでオフィスでの通常業務や出先での作業までバリバリこなしたい人には、まず最優先で検討すべき1台といえるだろう。【芝田隆広(撮影:矢野渉)】

【4月4日10時36分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000006-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 03:47/ この記事のURL
専門家が指摘、PDFを開くと任意のコードが実行されるおそれ / 2010年04月05日(月)
 独立系セキュリティ研究者のディディエ・スティーブンス(Didier Stevens)氏が、不正なPDFファイルに任意のコードを埋め込み、これをWindowsコンピュータで実行させる方法を発見した。

【関連画像を含む詳細記事】

 この方法では、普及したPDFリーダーである米国Adobe Systemsの「Adobe Reader」とFoxitの「Foxit Reader」が、コードが埋め込まれた不正なPDFファイルを開くとコードが実行されるという。スティーブンス氏は、「この方法は、ソフトウェアの脆弱性を悪用したものではない」としている。

 スティーブンス氏は自身のブログで、Adobe ReaderとFoxit Readerは、PDFファイルに埋め込まれた実行可能コードが展開され、実行されることを許可しないと述べている。しかし同氏は、通常とは異なる方法でコマンドを起動し、埋め込まれた実行可能コードが実行されるようにする特別な方法を発見した。

 この方法を用いた場合、Adobe Readerは、コードが埋め込まれたファイルを開く際、「コードを実行すると、コンピュータに損傷を与えるおそれがある」との警告メッセージを表示する。しかしスティーブンス氏は、このメッセージの一部を変更できることも発見した。例えば、実行可能コードを実行するようユーザーに促す内容に変更できるという。

 一方、Foxit Readerは、実行可能コードが埋め込まれたPDFを開く際、警告メッセージを表示せず、単にそのコードを実行することが確認されている。

 スティーブンス氏は、AdobeとFoxitに同問題を報告している。

 「Foxitに報告したところ、今週中に修正プログラムを公開するとのことだった。どのような修正が行われるかはわからないが、ほかのPDFリーダーのように、警告メッセージを表示するようになるのではないか」と、スティーブンス氏は電子メールで述べた。

 Adobeは声明で、スティーブンス氏のデモでは、PDFの仕様に定義された機能が使われていると述べた。同氏が使用した起動コマンドも、仕様に定義されているという。「これは一部のユーザーが利用する強力な機能の一例だが、この機能は、正しく使用しないとリスクが発生しかねない」

(Jeremy Kirk/IDG News Serviceロンドン支局)

【4月2日18時55分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-cwj-sci
 
   
Posted at 03:09/ この記事のURL
米国 空港での入国審査強化策を発表 / 2010年04月05日(月)
ワシントン(CNN) 米政府当局が空港での入国審査時の検査を強化する。航空各社や他国政府当局に対して、潜在的なテロリストに関する「脅威に基づくリアルタイムの情報」を提供するという。昨年12月25日に起きたノースウエスト機での爆破テロ未遂事件を受けて、安全管理策の強化が検討されていた。

今回導入される施策では、これまでのイスラム諸国を中心とした14カ国の搭乗者に対する追加的な入国検査を廃止し、米運輸保安庁(TSA)が潜在的なテロリストの名前やパスポート番号の一部、これまでの渡航情報などを航空会社や他国当局に提供し、必要に応じて詳細検査を実施することが予定されている。搭乗禁止者リストの使用や、ランダムに選出した乗客に対する追加的検査といった現行の制度は継続される。

国土安全保障省のジャネット・ナポリターノ長官は、「一次検査以上に詳細な検査を実施する必要があるかどうかを判断するうえでは、新方式が有効だ」と説明している。

米情報機関は、脅威に基づく情報を基に、追加検査を実施する乗客を選び出す。当局関係者によれば、追加検査の対象者を特定するうえで、人種は材料とはなるが、具体的な特徴に加えて信頼性の高い情報が入手できている場合にのみ参考するという。

新しい方式では、航空会社や他国政府機関の協力が不可欠で、規定を遵守しない場合には罰則規定が適応されるという。だが、米当局関係者は、「飛行安全性の確保はむしろ航空会社や他国政府機関にとって有益なこと」と述べ、とくに懸念はないとしている。

ナポリターノ氏によれば、国連機関の国際民間航空機関(ICAO)がすべての国際空港を対象とした安全規約を定め、安全管理分野での連携が強化される可能性があるという。 4月4日19時30分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000011-cnn-int
 
   
Posted at 01:52/ この記事のURL
資産を1億円にした、あるOLの話 / 2010年04月05日(月)
 投資漫画『カブ・ジェネレーション』。満開の桜の下、お花見をしながら、今までの投資を振り返るあずさ。彼女には大成功した思い出があるようですが……。

【拡大画像や他の画像】

 嘘じゃありません。あの時、筆者の資産は2億円を超えていました。2005年8月2日にりそなホールディングスが、1000株を1株に株式併合した時の話です。1株200円で1000株ほど持っていたのですが、株式併合後の株価20万円で1000株持っているとコンピュータが誤認識していたのです。

 株式市場に参加していると、さまざまなことに遭遇します。ここ数年でも、いざなぎ景気超えの戦後最長の景気回復、新興市場ブーム、ジェイコムショック、ライブドアショック、リーマンショック、サブプライム問題、金融危機……と、相場が上がったり下がったり。いえ、「一歩進んで、二歩下がる」みたいな感じでしょうか。株を始めたころは、景気とともに株価も上り坂で、コンピュータのミスではなく、本当に資産が増えていて楽しかったのですが、今はどん底からちょっと回復したくらいです。

 それなりに長い間、投資をしているので、株式分割や上方修正などのニュースで株価が急騰するのはもう慣れっこです。なので、突然自分の資産が1億円を超えても、そんなに驚きません。……いや、嘘です。あの時はビックリしました。写メ撮っておけばよかったなあ……。 景気がいくら良くても、資産1億円は夢のまた夢です。【雄山スズコ】

【4月4日19時15分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000007-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 01:11/ この記事のURL
ランボルギーニがリビングルームに! / 2010年04月04日(日)
リビングルームにランボルギーニが!!
リビングにヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA社の車が!

車好きにはたまらない家なのではないでしょうか? リビングに車がある風景。
この家、実は日本国内は東京にあるんだそうですよ。つちだたくやさんによるデザイン。トップのリビングの写真、車が乗ってるリフト部分はもちろん上下に動きます。室内にも、家の下にも車をリフトで配置できます。家主さん自らこのリフトを考えてデザイナーに送ってきたというのですから、これはまさに家主にとってドリームハウスですね。

続きでギャラリーどうぞ。
屋内に車があってもしっくりいくデザインになってて素敵です!


Brian Barrett(そうこ)

【4月2日14時13分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000310-giz-ent
 
   
Posted at 23:27/ この記事のURL
KONAMI、iPhone/iPod Touch向けに『ラブプラス i』3バージョンで4月5日0時より配信スタート / 2010年04月04日(日)
KONAMIは、iPhone/iPod Touch向けに『ラブプラス iM』『ラブプラス iR』『ラブプラス iN』を2010年4月5日0時より配信開始することを発表しました。

画像23枚:『ラブプラス i』

秋葉原にある、ソフマップ Mac Collection Akibaにてゲリラ体験会が11時〜14時まで行われ、その場で詳細が明らかになりました。当日まで全く情報が公開されておらず、たまたま秋葉原に寄っていた彼氏はビックリしてました。

『ラブプラス i』シリーズは、ニンテンドーDSで好評発売中の『ラブプラス』に登場する彼女たちが時間やスケジュールを管理してくれるアプリです。マナカ、リンコ、ネネの3バージョン用意されており、それぞれで楽しむことができます。

コミュニケーションモードでは、画面をタッチすると彼女から現在時間を音声で教えてくれます。カレンダー機能も搭載されていますが、配信当初は基本部分のみ。今後のバージョンアップにて、インターネット上のカレンダーサービスと同期が実装される予定です。

またiPhoneのみの機能として、カメラを使ってARマーカーを撮ると彼女が表示されます。もちろん撮った写真は写真データとして保存されます。

『ラブプラス i』の発表にあわせ、『ラブプラス』プロデューサーからのビデオメッセージも公開されました。

「『ラブプラス』のテーマである現実の世界、デートスポットなんかを侵食していくという、こういったテーマの『ラブプラス』なので、どこでも持ち歩いていただいて、よりいっそう『ラブプラス』漬けになっていただければなと思います。iPhoneを持っている紳士の皆さん、まだiPhoneを持っていないという紳士のみなさんも、是非試してみてください。」とコメント。

今後のバージョンアップについては、専用ボイスによる目覚まし時計、1分ごとの時刻お知らせ音声、ラブプラスマップ対応、インターネット上のカレンダーとの同期、カレンダーと連動したコミュニケーションイベントなどが2010年春に追加される予定です。

また、発売されたばかりの新型デバイス(iPad)への対応、GPS機能を使った「リアルデート」機能を2010年夏頃に実装する予定も発表されました。今後の機能充実化に期待が高まります。

『ラブプラス iM』『ラブプラス iR』『ラブプラス iN』は、2010年4月5日0時より配信開始で価格は各600円(税込)です。

(C)2010 Konami Digital Entertainment

【4月4日17時0分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000007-isd-game
 
   
Posted at 22:35/ この記事のURL
亀田興毅も絶賛!イッチーのボクシングはプロ級 / 2010年04月04日(日)
イッチーこと市原隼人が『ボックス!』(5月22日公開)で、思わぬ才能を発揮した! 市原が演じるのは、怠け者だが天性のボクシングの才能をもつ高校生・鏑矢義平。あのプロボクサー亀田興毅選手も驚くほど、プロ級のボクシングの腕前を披露しているのだ。

【写真】本人役で登場する亀田選手の演技はいかに?

この作品は放送作家・百田尚樹の同名小説が原作。市原演じる、高校のボクシング部エース・カブこと鏑矢義平と、カブにあこがれてボクシング部に入部、ボクシングに目覚める高良健吾演じる弱気な優等生・木樽優紀が、2人で競い合いながら成長していく姿を描く青春映画だ。

市原はこの作品に並々ならぬ意気込みで臨んでおり、設定にはない坊主にする事を自ら提案。役作りのため2009年8月からトレーニングを始め、11月には本格的にトレーナーをつけた練習へ移り、2010年1月の撮影までの約半年間もハードなボクシング練習を続けていた。

その成果もあり、この作品に特別出演している亀田が市原のボクシングを大絶賛! 市原が亀田の試合のリングアナを務めたことをきっかけにプライベートでも交流があったため、市原のオファーで急きょ出演が決まった亀田。役どころは、カブの試合を応援しにきた本人役となっている。そこで市原の試合の様子を見た亀田は、「数か月であれぐらい動けるなら、結構練習したんちゃう? 普通こんだけの動きはできへん」「プロテスト受けたら?」とベタ褒めだったそうだ。

坊主姿で汗まみれのイッチー。亀田興毅お墨付きの彼の気合の入ったボクサー姿、一見の価値アリ!【トライワークス】

【4月4日19時7分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000012-mvwalk-movi
 
   
Posted at 21:49/ この記事のURL
今季初優勝なるか!古閑美保が首位をキープ! / 2010年04月04日(日)
<ヤマハレディースオープン葛城 2日目>◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部(6,547ヤード・パー72)

 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」の2日目。サスペンデッドになっていた第1ラウンドの残りが7時56分から再開され9時17分に終了。続いて第2ラウンドが開始され、トータル2アンダーでホールアウトした古閑美保と天沼知恵子が首位に立った。

 第1ラウンドを2ホール残していた古閑は、18番でバーディを奪い単独首位で第2ラウンドに臨んだ。前半は我慢のゴルフを続けるが、9番でボギーが先行。10番でも連続ボギーを叩いて後退するが、12番から圧巻の3連続バーディを奪う。しかし、その後急にリズムを乱した古閑は、15番から3連続ボギーを叩き再びスコアを落としてしまう。難コンディションに各選手スコアが伸びず、古閑も苦戦したがトータル2アンダーで首位はキープ。1年4か月ぶりの優勝が見えてきた

 天沼は、2日続けてアンダーパーでまわり古閑と並んで首位タイへ。明日は約4年ぶりとなるツアー7勝目を狙う。また、ディフェンディングチャンピオンの黄アルム(ファン・アルム)(韓国)も、トータルイーブンパー3位タイにつけ、大会連覇のチャンスが巡ってきた。

【2日目の順位】
1位T:古閑美保(-2)
1位T:天沼知恵子(-2)
3位:黄アルム(ファン・アルム)(E)
4位T:宋ボベ(ソン・ボベ)(+1)
4位T:竹末裕美(+1)
6位T:タミー・ダーディン(+2)
6位T:井上葉香(+2)
6位T:村田理恵(+2)
6位T:北田瑠衣(+2)
6位T:茂木宏美(+2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
初日はサスペンデッド、古閑美保が3アンダー暫定首位!
竹村真琴、思い出の地で心機一転!「ルーキーらしく思い切り」
上原彩子がFMラジオのDJに初挑戦!
北田瑠衣が賞金ランキング2位に浮上!さくらは7位
藍は世界ランキング3位をキープ、桃子は26位に後退 4月3日19時19分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000006-alba-golf
 
   
Posted at 21:03/ この記事のURL
セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 / 2010年04月04日(日)
 一時ブームになったネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。過疎化が進んだと報じられたこともあり、日本企業の利用はほぼゼロになっている。このあおりで、国内最大のセカンドライフ事業者が、土地のレンタル事業を大幅に縮小させることになった。

 このセカンドライフ事業者「マグスル」は、仮想空間上のSIM(島)にある土地をレンタルに出したり、セカンドライフを運営する米リンデン・ラボ社が発行する仮想通貨のリンデンドルを販売したりするサービスをしている。

■ブログ上で「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」

 それが、2010年3月31日になって、同社のブログ上で、「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」を出した。お知らせによると、セカンドライフでは、企業利用はほとんどなくなり、企業向け土地レンタル事業の収益が確保できなくなったというのだ。

 セカンドライフは、07年初めに日本でも盛んに報道され、ネット上で爆発的なブームになった。京都を模した日本的な街並み「NAGAYA」が人気スポットになり、大手企業も製品PRの仮想店舗を構えたり、仮想社屋を建てて採用活動をしたりした。

 ところが、この年の暮れ近くになって、早くも「過疎化」が報じられる事態に。3D空間に対応できるパソコンがあまりなく、イベントなしには何をしていいかわからないことなどが理由とされた。そして、その余波で、08年になると撤退する企業が相次いだ。

 最近になると、もう企業利用もほとんどなくなり、マグスルでは、「Yurakucho SIM」など5地区を4月30日で閉鎖することにした。リンデン・ラボ社との方針の違いもあったという。今後も、稼働率が60%を下回る場合は、順次閉鎖していく。

 とはいえ、セカンドライフ自体は、根強いファンがいて、世界的に個人ユーザーは増えていく傾向にあり、リンデン・ラボ社もすでに黒字化を達成したという。日本では現在も、個人ユーザー2〜3万人がセカンドライフを利用しており、オンラインゲームなら十分な数だとしている。

■「日本で今後見直す動きが出る」と断言

 日本で批判的な人が増えていることについて、マグスルの新谷卓也社長は、マスコミの影響もあると指摘する。

 事業縮小のお知らせでは、「個人の思い」として異例の長文を掲載した。それによると、ブームのころは、楽しさよりビジネスに報道の力点が置かれ、「お金が儲かる次世代インターネット」と盛んに流された。セカンドライフには、友だちとチャットを楽しみ、様々な教室で新しいことを学ぶなどの楽しみがあるという。それが先入観で歪められてしまって批判的な見方が広がり、セカンドライフを見たり理解したりしていないのに「もう終わった」と報じられたというのだ。

 新谷社長は、取材に対し、セカンドライフには楽しい部分がたくさんあるとして、「日本で今後見直す動きが出る」と断言した。

  「ケータイの各種サービスでも、最初はアバターを作るだけだった個人ユーザーが、それを動かしてコミュニケーションを楽しむようになっています。慣れてきてアバター利用への要求は高度化すると予想され、いずれパソコンでも楽しむと考えています」

 セカンドライフ事業も撤退を決めたわけではなく、個人ユーザーへのリンデンドル販売は落ち込んでおらず、今後も続けていくという。同社によると、この部門は、事業の8〜9割を占めている。レンタル事業についても、「Shinjuku SIM」など3地区を建物付きレンタル中心にするなど、様々な方向性を試す。

 もっとも、エロやギャンブルのスポットさえ利用が低迷していただけに、どのようにして盛り上げるというのか。新谷社長はこう説明する。

  「ツイッターなどリアルタイムのネットコミュニケーションが普及してきたので、3Dアバターの選択肢も今後大きくなるはずです。例えば、インディーズミュージシャンのライブは限られた人たちのものでしたが、アバターなら時間や距離を超えてライブを楽しめるようになります。アバターが身近になれば、その楽しみが自然に分かってくると思っています」


■4月3日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 19:11/ この記事のURL
「無人島文化祭」始まる、中学生企画のイベントも/横須賀 / 2010年04月04日(日)
 東京湾唯一の自然島である横須賀市・猿島で3日、島の魅力をアピールする「無人島文化祭」が始まった。スタンプラリーや釣り体験など、同市立馬堀中学校の生徒たちが企画した多彩なイベントが展開されている。最終日の4日はライブも予定している。

 初めての「文化祭」は、猿島への定期航路を運航しているトライアングルが主催。市や横須賀商工会議所などによる「よこすかキャリア教育推進事業」の一環として、2009年度に馬堀中の1年生(当時)たちが考案した猿島を活性化する企画を採用した。

 ボードデッキを中心に行われたイベントは、ストーリーに沿って島の自然や歴史を体感できるスタンプラリー「バナナの皮を拾え」、市内事業者による讃岐うどんや焼きそば、フランクフルトなどの屋台、無料釣り体験など。中学生が発案した、猿島わかめ使用の「猿島チップス」の試食コーナーも来島者の人気を集めた。

 穏やかな陽気の中、「猿島に元気を」とプリントされたジャンパーを着た馬堀中の生徒や教員計約40人も各イベントの手伝いで参加。ライブや屋台の発案にかかわったという小山良成さん(13)は「本当に実現すると思っていなかったのでうれしい」と喜び、釣りの手伝いに励んでいた。

【4月4日9時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-kana-l14
 
   
Posted at 18:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!