日本に於いて、皮膚が白く淀んだくすみや大きなシミが存在しない

November 08 [Sun], 2015, 21:49

日本に於いて、皮膚が白く淀んだくすみや大きなシミが存在しない素肌を好ましく受け止める価値観が以前からあり、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。
目の下の弛みが現れると、誰しもが実際の歳よりもずっと年上に見られてしまいます。顔の弛みは色々ありますが、殊更目の下は目立つ部位です。
残業、飲み会、深夜に放送されるスポーツ観戦・次の日のお弁当や食事の支度…。肌が荒れると知ってはいても、実は8時間もの睡眠時間を確保できない人が多いようです。
20代になってからできる難治性の“大人ニキビ”の患者が増加傾向にある。10年以上大人ニキビに四苦八苦している人々が評判の良いクリニックを訪れている。
硬直した状態だと血行も悪くなりがちです。すると、下まぶた等顔のあらゆる筋力が落ちます。そこで顔の筋繊維もしっかりとストレッチをして、たまに緊張をほぐしてあげることが重要です。


審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美を重視したトータルな歯科医療分野のひとつ。歯の存在意義には機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、2つとも健康に関わるとても重要な要素だと言える。
「アトピー」とは「限定されていない場所」という意味を持つギリシャ語の「アトポス」を語源としており、「遺伝的な因子を保有している人のみにみられる即時型のアレルギー反応に基づく病気」に対し名付けられた。
ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や甘皮などのお手入れのこと。ヘルスケア、美容、ファッション、医学的な処置、生活の質(quality of life=QOL)の保全などあらゆる扱い方が可能で、もはやネイルケアは確立された分野と言えるだろう。
頭皮のケアは別名スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。頭皮(スカルプ)は髪の悩みの種である抜け毛やうす毛などにかなり関わっていると同時に、顔のたるみにも影響を及ぼすのです。
明治末期、外国帰りの女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを紹介したことから、これらを総括する熟語として、美容がけわいの代替えとして使用されるようになったと言われている。


ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、体の内部に蓄積されている様々な毒素を体外に排出させるというイメージしやすい健康法で美容法というよりも代替医療に大別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」を短く表現した言葉である。
無意識の内にPCやスマホのモニターに集中してしまい、眉間に縦ジワを寄せ、なおかつへの字ぐち(これを私はシルエットから取って「富士山口」と呼んだりします)になっているのでは?これはお肌の大敵です。
フェイスラインのたるみは不要な老廃物や脂肪が滞留することで徐々に悪化します。リンパの流動が悪くなると様々な老廃物が蓄積し、むくんだり、余分な脂肪が付きやすくなり、たるみの原因になります。
細胞分裂を活発にして、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している最中にはほとんど分泌されず、日が落ちてからゆるりと身体を休め静かな状態で分泌され始めます。
歯の美容ケアが大切だと捉える女性は増加しているものの、実生活に取り入れているという人はまだ少ない。その最多の理由が、「自分一人ではどのようにケアしたらよいのか情報がない」という意見だ。



キレイ・デ・プラセンタ トライアル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ