デトックス

September 26 [Thu], 2013, 18:16
顔の弛みは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が集まることによりどんどん進行します。リンパ液の循環が遅れがちになると老廃物が溜まってむくみが発生したり、脂肪が溜まり、たるみに繋がります。
デトックス法というのは、様々な栄養補助食品の摂取及びサウナで、そのような体の中の有害な毒素を流してしまおうとする方法のひとつとされているらしい。
審美歯科(esthetic dentistry)とは、美しさに重きを置いた総合的な歯科医療。歯の存在意義には物を噛むなどの機能面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、2つとも健康に関わっているとても大事な要素だと考えている。
メイクアップでは傷などを目立たなくすることにとらわれず、リハビリメイクを通して結果的に患者さんが自分の容貌を受容することができ、社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を更に向上させることを目標としているのです。
形成外科とは違って美容外科が健康体に医師が外科的処置を付加するという美のための行為であるのに、危機管理や安全性の確立が充分ではなかったことが一つの大きな素因なのだ。
アトピーの因子:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種類、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすい誘因、等。
加齢印象を与える主要な誘因のひとつが、歯に蓄積したくすみです。歯の表層には、見えないくらい小さなデコボコがあり、暮らしの中で茶色がかった着色やタバコの脂などの汚れが溜まりやすくなります。
幅広い年代の女性がおこなうピーリングとは、老化し役目を終えた不要な皮膚を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)し、まだ若くてすべすべの皮膚(表皮)に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする美容法なのです。
デトックスという言葉そのものはさほど目新しくはないが、これはあくまでもとして考えていて、治療とは異なることを少ないのだ。
メイクアップでは傷などを隠すことに主軸を据えるのではなく、リハビリメイクの力を借りて結果的には患者さん自身が自らの容貌を受け入れることができ、社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOLを向上させることが理想です。
現代社会を生きる私達は、365日体内に蓄積されていくという悪い毒を、古今東西のデトックス法を用いて出し、どうにかして健康体を手に入れようと皆躍起になっている。
特に女性に広く知られているデトックスとは、体の中に蓄積されたあらゆる毒を体外に排出するという古くからの概念を継承した健康法で美容術というよりも代替医療に区別されている。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。
ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体の中に蓄積してしまっているありとあらゆる毒素を体外に排出させることを重視した健康法でダイエット法というよりも代替医療に区分けされている。「detoxification(解毒)」を短く切った「detox」から来ている。
明治時代の末期、外国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらをひっくるめた言葉として、美容がけわいに替わって使用されるようになったのだ。
爪の生成行程はまるで年輪のように刻まれるというものなので、その時点の健康状態が爪に出やすく、毛髪と同様視界に入って分かりやすいことから健康のバロメーターとも言われている。
美容のせいにしないで!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oytrpdsajfi
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oytrpdsajfi/index1_0.rdf