くすみやシミ

September 18 [Wed], 2013, 14:26
もともと、健康な皮膚のターンオーバーは28日毎のサイクルで、日々細胞が作られ、日々剥がれ落ちていることになります。このような「日々の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保持しています。
現代社会を暮らすということで、人間の体内には体に良くない影響を及ぼす化学物質が増加し、更には自分の体の中でも老化を促進するフリーラジカルなどが次々と作られていると報じられているらしい。
特に夜の10時〜2時までの240分の間はお肌のゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりがより一層活発な時間帯です。この240分間にベッドに入ることが何よりの美容方法ということは間違いありません。
例えば…今、パソコンを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?この姿勢は手のひらからの圧力を直接頬に当てて、皮膚に負荷をかけてしまうことに繋がっているのです。
アイラインなどのアイメイクを落とすときにきちんと落とそうとしてゴシゴシこすってクレンジングし続けていると目の周りの肌が傷ついたり発赤などの炎症を起こして色素沈着が起こり、目の隈の元凶となります。
審美歯科(しんびしか)というのは、美に主軸を据えた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の持つ役割には咀嚼などの機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、2つとも健康に関係している非常に重要な要素だと断言できる。
早寝早起きと同時に週2、3回楽しい事を続ければ、心身の度合いは上昇します。こんな場合も起こり得るので、アトピー性皮膚炎にお悩みの患者さんは皮膚科のクリニックを受診して相談しましょう。
トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、色素の濃いシミをわずか数週間で淡くするのにいたって優れた治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに効きます。
顔の加齢印象を高める重大な要因の一つが、歯に付着している”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、見えないくらい小さなデコボコがあり、日常の暮らしの中で茶色っぽい着色や煙草のヤニなどの汚れが固着していきます。
本国において、皮膚が透き通るように白くて淀んだくすみやシミが見られない状態を理想とする習慣がかなり前から広まっており、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。
気になる目の下の弛みを改善する方法で効果が高いのは、顔のストレッチでしょう。顔面にある筋肉は知らない内にこわばったり、その時の感情に左右されていることが頻繁にあります。
内臓が健康かどうかを数値で見られる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた医療機器で、人間の自律神経の状況を数値化して、内臓の問題が分かるという高機能なものです。
メイクの悪いところ:ランチタイムにはお化粧直しする必要がある。すっぴんの時に毎度訪れる落胆。コスメの出費がかさむ。素顔だと外出できないという一種の強迫観念。
むくみの理由はたくさん考えられますが、気圧など気候の働きも少なからずあるって聞いたことはありませんか。30℃近い気温になって大量の汗をかく、この期間にこそむくみの因子が存在しています。
さらに、肌のたるみに深く絡んでいるのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を作っている顔の筋肉を指しています。肌のコラーゲンと同じく、この表情筋の力も加齢にともなって鈍くなるのです。
ブレア・デイム
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oytpsajifg
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oytpsajifg/index1_0.rdf