ヒブナ(緋鮒)でライオンラビット

March 11 [Sat], 2017, 18:45
日本の看護師の給料は平均437万円ぐらいです。しかし、国、市、県立の公立病院ではたらく看護師は、公務員という立場で働いているため、年収の平均は593万円ほどになります。
公務員看護師は給料の上がる割合も民間病院とくらべて高く、福利厚生にも恵まれています。

準看護師の場合、看護師とくらべると平均年収が70万円ぐらい低いです。



看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。

看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とおもったより高い水準を推移しています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることの出来る試験です。
看護士の求人は多くありますが、願望に添った形の求人があるとは言い切れません。看護資格をおもちの方で就職できればいいやと思っておられる方は少ないでしょう。
できるだけ給料が高めで職場の環境が良く、夜勤がないという条件で働きたいと思っている方も多いと思います。願望通りの条件で転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。
看護師をめざす動機は、実際にどのような体験を経て看護師に憧れるようになったのかを加えると印象が良くなります。転職するときの志望ワケは、これまでのキャリアを生かしたい、もっと社会に貢献できる技術を身につけたいなど、前向きな感触を持たせるようにしてちょうだい。前職の不満や悪口は控えることが大事です。国内の看護師の年収は平均437万円くらいです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均593万円くらいになります。公務員としてはたらく看護師は給与の上がる率も民間病院より大聞く、福利厚生もしっかりしています。
准看護師として働いている場合は、看護師よりも年収が平均70万円ほど低いです。



日本の看護師の一年間の収入は平均してみると437万円ほどです。



しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する看護師は、公務員として勤務しているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院とくらべて高く、福利厚生も完備しています。準看護師の場合をみてみると、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。看護師の職場といえばホスピタルという位置づけが標準的なことでしょう。
しかし、看護師の資格を有効に指せる職場は、病院の外にもさまざまとあります。

保健所で保健師とよく話し合って地域住民の健康上のいろんなケアをするのも看護師の責任です。
また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、ほとんどの医療行為をナースがおこないます。

看護師の転職を成功指せるには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大事です。
それから、どんな点が大事なのかを決めておく方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その願望が叶えられそうな転職先の情報を少しずつ収集してちょうだい。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もリストアップしておきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shun
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる