決済のタイミング 

May 03 [Mon], 2010, 16:24
FXで収益を上げるには、新規売買のタイミングと決済のタイミングが重要です。

これらのタイミングを知る方法として、各取引業者や、専門の情報屋が提供するチャートやブログなどの様々な情報によって判断することが出来ます。

このタイミングを見出す為の理論は、投資家の数だけあると言えるほど様々で、その内容や結果も様々です。

これらの判断方法も新規注文だけでなく決済注文でも有効な方法の1つですが、その他の方法として、最も多く利用されているローソク足チャートを使った方法もあります。

ローソク足の見方

ローソク足は、「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値を見ることが出来るチャートです。

“黒と白”などの2色で色分けされた中央の棒は、その周期の始値と終値を比較した時に、上下のどちらに変動したかを示しています。

つまり、棒が“黒”の場合には“始値に比べて結果的に価格が下がった”ことを表し、逆に“白”の場合には“始値に比べて結果的に価格が上がった”ことを表しています。

中央から伸びている線は「ヒゲ」と呼ばれており、“上端が高値”を“下端が安値”を表しており、合計した線の長さが長い場合には、その周期の値動きが激しかったことを表し、短い場合には、安定した値動きをしていたことを表しています。

相場の動きを読み取る
このローソク足チャートは、その周期のそれぞれの価格を知るだけでなく、その形から、今後の値動きの傾向を読み取ることも出来ます。

具体的には、“安値付近で始まり、高値付近で終わった”ような値動きをした場合、ローソク足の本体の棒状の部分が大半を占め、上下のヒゲが短くなります。

このような値動きをした場合には、今後、価格が上昇することが多いことから「買いのサイン」として読み取ることが出来ます。

逆に、“高値付近で始まり、安値付近で終わった”ような値動きをした場合には、上記と同じような計上で本体部が黒くなります。

このような値動きをした場合には、今後、価格が下落することが多いことから「売りのサイン」として読み取ることが出来ます。

サインを見出すポイント
これらの“サイン”は長期スパンの値動きの中でどの価格帯で発現したかによっても重要度は変わってきます。

例えば、いくら上昇しそうなサインが出ていても長期スパンで高値付近で発現している場合には、その後の上昇値は少ない可能性が高いと言えます。

逆に、安値付近で発現した場合には、その後の上昇値が大きくなる可能性があります。































P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oyoyoyoy
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる