ウソのエース

December 25 [Fri], 2015, 20:39

引っ越しは何度も経験してきました。



どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。引っ越しが近づけば、その準備で体力の消耗もかなりのものですから、引っ越し前日には、夜遅くなっても温かいお風呂をゆっくり味わい翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。また、当日寒くても温かいものが飲めると、一息つけるからです。




たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。



万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。



まずは上手な包み方を心がけてください。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、一個ずつ底から包むのが基本です。



包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方がクッションとしての役割がより高まります。細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。


自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをすることになっております。


引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場でなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、形式に則った委任状が提出できるならしかるべき代理人が手続きを行なえます。





大手の引っ越し業者の一つであり、全国どこでも高い評価を得ているのが引っ越しのサカイですね。全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手らしく、充実したサービスを望むことができます。


細やかなサービスができるよう、スタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、期待通りの引っ越しを実現できるでしょう。




引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。梱包作業を業者に一任しているのであれば、雨によって荷物が傷むなどのおそれは無いでしょう。


でも、雨による渋滞で引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、どうしても雨天対策は必要になってきます。雨が急に降り出すことも多いですし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。


いろんな引っ越しのやり方がありますが、梱包から何から作業を全て引っ越し業者に任せることにしてしまうと、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。





運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、お一人用の引っ越しサービスがありますから、それを利用するのが良いです。それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大きく減らすことができますから、その分は、何かと物入りな新生活のために使うようにしましょう。複雑な引っ越しの作業にお悩みの方は、アート引越センターならば、引っ越し作業も順調に完了できるでしょう。





必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支援してくれるでしょう。


重量のある家具や荷物の運送もきちんと対応してくれますから安心ですし、順調に転居先に移ることができます。引っ越しも、単身世帯だと新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。





また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の入り口からベッドを入れられないなどの困った事態になることもあります。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては往々にして、引っ越しは一生でも転換期になり得るわけですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも想定しておいた方が良いです。




引っ越し当日の忙しさは当然ですが、やらなければならないことがたくさんある中で想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。




生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、様々な側面から、生活そのものを改めて考え直すものですが、このまま続けてNHK受信料を払うかという点も検討しなければならないでしょう。





もし、引っ越し先でテレビがないとすればどう考えても受信料を払う必要はありません。



受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKに解約を申し出ることを面倒でもやってみましょう。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、物件を管理する人を探して取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるべきです。その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、あっさり希望が通ることがあるのです。そうやってエアコンを置いていくことができればエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因だと言えます。一般的に、引っ越しは時間と手間がかかるとよく聞くのですが、どうやら複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが原因だそうです。引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。



業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、いろいろな事情で、それが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明すると一番適当なプランがわかります。



いくつかの業者の見積もり価格を出すと他より安い値段で引き受けてくれることもありますからできれば5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。


職住接近したい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で住環境を変えることになるのでしょう。



引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものや長いこと着ていない服などは手放し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。





ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。


これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。



毎日使うものであり、自分になじむものなので引っ越しを機会に新しくすることもあまりないようです。



新しい住居に越してくる際、扱いに少々気を付けておきたいのは洗濯機、というのは間違いないでしょう。


洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、十中八九、水道の近くに置かれるはずです。



洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、換気や、水漏れの対策は普段からこまめにチェックすると良いです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oylefr64ifrfua/index1_0.rdf