即ち 

June 13 [Fri], 2008, 23:05
魔術とは力である
力にはいろいろな形がある

魔術を学びたいという君は
魔術の何を学びたい、と今いえるだろうか

ではまず、魔術というのは何かを述べなさい
答えは一つではないぞ

区別 

February 17 [Sun], 2008, 19:03
黒魔術 という魔術は無し
白魔術 という魔術は無し

魔術は魔術である
それを わかっているだろうか

道しるべ 

May 31 [Thu], 2007, 0:46
魔術師は宇宙を道しるべとする。
儀式も道しるべである。

追求 

February 17 [Sat], 2007, 12:35
結果の追求をやめてはいかん。
もとめないのならば、魔術などやめてしまえ。

意味 

October 02 [Mon], 2006, 22:45
なぜ魔術を学びたいのか考えよ。
その答えが出せずに、魔術を学べようものか。

無意識 

August 02 [Wed], 2006, 22:00
魔術を行う時は無意識を使え。
意識の中の無意識に自分を向けろ。

無意識というのはまた難しいもの。
それが出来なければなにもはじまらんよ。

チカラ 

May 12 [Fri], 2006, 22:33
力は全ての人間に備わっている。
ただ、そのきっかけが無いだけだ。
そのきっかけを少なくしたのは誰でしょう。
人間。
そう、人間は自分で自分の力を


なくさせてしまったのだ

神に祈る 

May 06 [Sat], 2006, 23:45
人は、なぜ本当にいるかどうかもわからない神に祈るのでしょう。
願いをかなえてくれるのは神様なのでしょうか。

こっそり魔術の話 

May 05 [Fri], 2006, 23:58
日記用のブログには書かない、書けないことをこっちに書こうとおもいます。
まぁつまりは独り言です。
多分、ほとんど魔術関連だと思います。

今日、某友人と話をしていて思ったことでございます。
黒魔術と白魔術について。
黒魔術とは自分だけの利益のために使う魔術のこと。
白魔術とは自分以外の人のために使うもの。
さて、これは本当でしょうか?
私が毎日行っている掲示板にこんなのがありました。

--------------------------------------------------------------------

世界には、人を幸せにする白魔術と、人を不幸にする黒魔術が存在します。
人を公にも不幸にも出来ますが、人の気持ちを変えるような魔法だけは使えません。
そんな魔法の使える国に、三人だけ魔女がいました。

さて、この国には、とても立派な王様がいました。
そして、素敵な妻子と、立派な家臣がいました。

しかしある日、王様は家臣を殺し、妻を殺し、子を殺し始めました。
毎日のように周りの人々を殺すので、家臣の一人が怯えきって、魔女のところへ相談しに行きました。
「王様が、家臣をころし、妻やご子息までも殺されました。このままでは、国民もどうなるのか分かりません。どうか、お力をお貸し下さい。王様を、呪い殺してください。」
「わかりました。相談してみます。」
家臣は安心して、城へ帰りました。

そして、魔女たちは相談すると、王様に死の呪いをかけました。
王様は亡くなり、家臣も国民も再び、平和な生活を暮らせるようになりました。

さて、この魔術は白魔術でしょうか。黒魔術でしょうか。

------------------------------------------------------------------

さぁ、貴方はなんと答えるでしょう。
これは立場の人間からしてみるとかわります。
王様からみれば黒魔術。
家臣から見れば黒魔術。
国民から見れば白魔術。
家臣からみれば白魔術。
きれいさっぱりわかれます。
さて、本当の所はどうなのでしょう。
答えは「どちらでもない」です。
つまり、魔術・魔法に黒も白も無いのです。
ただ誰かがわかりやすくそう分けただけであって実際黒も白も無いのです。
魔術を知らない人はほとんど黒魔術と白魔術をまったく別のものと考えるのですが本当の所は全て同じなのです。
黒と白は同じ。
悪と善は同じ。
死と生は同じ。
分けることは出来ないのです。

移転 

March 08 [Wed], 2006, 22:26
ブログを変えました。
次から日記はこちらになります。

夜嵐ブログ「後夜の言葉」
http://blog.drecom.jp/emakukiha/

これからもどうぞよろしくお願いします。
P R
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる