勝率9割でも勝てない訳

October 06 [Wed], 2010, 19:36
最初の頃、私のFXの勝率は9割でした。

感の良い方なら、もうなんの話か分かると思います…。
勝率9割でもFXはトータルで負けることがあるのです。

もちろん、勝ちの金額が小さくて、負けの金額が大きいからです。
それでもですよ、最初の頃は最高60連勝とかあったから、

「100連勝も狙っちゃう??」

みたいな浮かれた気分もありました。

どうしてそんなに連勝が出来たかといえば、プラスになるまでひたすら耐えるからです。含み損が大きくなると、乗るか反るかのナンピンです。

今から考えればゾッとします。

よく退場しなかったものです。それはやっぱり根っからの臆病がサイワイして、枚数が少なかったせいでしょう。

たまに大敗して、それまでの勝ちを全部なくし、どうして自分だけがこんな理不尽な目に合うんだろう…と真剣に思いました

為替の世界は弱肉強食…。

強い者は勝ち続け、弱い者は負け続けるだけなのです。




そういうわけで、どうすれば勝てるのかという話です。

私が出した結論は、分からないことはしない。ということでした。

為替レートが一方向に動き続け、そして押し目を付けたとき、どっちに乗ればいいのか容易に判断できます。またこの場合、ストップの判断もしやすいです。

トレンドラインを突き抜けたとき、どっちに乗ってもストップのライン決めは簡単です。

分かりやすい場所で乗る。反対に走ったらストップ。

たったこれだけで勝てるようになりました。

結構ストップに引っかっかって心配になりますが、「あれ…私勝ってるんだ」なんて不思議に思うくらいです。




ただ、私はスキャルピングが好きで、暇な日は、ずっとぽちぽちクリックして遊んでます。

スキャルは他の人はどうやってるのか知りませんが、私は「買い」か「売り」のどちらか一方向しかやりません。

為替レートって、どちらに行きたいか意思がありませんか?

チャートには現われにくいんですが、ジッと見てると動くのが早い方向があります。気のせいかもしれないけど、その方向を自分で決めて、買いなら買いだけを延々と繰り返します。

ショートレンジ戦法と名付けてやってます
ドル円で10?20銭程度の小さなレンジの中の逆張りです。

結構勝てておもしろいです。

まあ、これが冒頭で話した60連勝したことがあるやり方なんですが、
このままでは、

「一度の負け」

で、コロサレちゃうんで、

ルールは、マイナス30銭でストップ。
ストップに一度でもなったら、その日の取引は全て終了。

一方向しかやらないのは、スキャルではあるけれど、20銭以上取ったろー…と狙ってるためです。方向が合っていれば間違いなく勝てますし、レンジ相場でも勝てます。方向が間違っていたとしても利幅が小さいから勝つ場合が多いです。

ナンピンは、ストップの30銭以内だったらOK。

利益の出たナンピンも、5銭程度でどんどん利確していきます。でも、最初のエントリー分がマイナス30銭になったら、すべての売買終了…。


長くなりましたが、今はこんな方法で戦っています。

スキャルピングはもっとやりたいけど、OLさんは疲れて無理です…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oyhgae4y
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる