シマスカンクだけど夏希

February 23 [Thu], 2017, 15:02
わたしの母は重度のアトピー患者です。

どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピーを発症しました。

皮膚がボロボロになって、毎日保湿を欠かすことができません。

ケアを欠かしてしまうと、外にいくのも難しいのです。

母を憎んでも仕方ないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、悲しい気持ちになります。

夜中に高熱になって、40℃前後まで上がって調子が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。

先生はインフルエンザが検査できますよと尋ねられました。

万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと願いました。

乳酸菌といえば思い出すのはカルピスかもしれません。

子供時代から、毎日飲用していました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。

母親が毎朝、私に飲ませてくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても健康体になりました。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも減っていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が下がっています。

これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿がかなり大事です。

そのためには、お肌の表面を保護して、保湿剤を使用が必要なのです。

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私の経験によると、多くの量を食べないと、あまり効かない感じがします。

1日に1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムを入れたりして、可能な限り摂取すると効果アリです。

インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂取しないといけません。

薬ももちろん重要ですが、栄養補給も大切です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできる限り摂ってください。

私が便秘になった理由は、普段あまり運動をしないからでしょう。

毎日の通勤は車なので、歩く事もめったにありません。

犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くこともありません。

そういった理由で、私は便秘がちなのではないでしょうか。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。

便秘に良い食べ物は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食物などであります。

しつこい便秘の方は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態に落ち着いています。

この状態を消えさせて、うんちを出やすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

ですから、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ働きのある乳酸菌を摂り続けることにより屁の臭いを抑えることができます。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌について調べてみました。

調べて見たら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

みなさんはこの事を知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、初めて知った事実です。

毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私はすごく健康になることができたのでした。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。

ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘知らずでいることができます。

乳酸菌を摂ることにしてから、肌の調子も良くなってきて、ダイエットにもなりました。

実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が生まれます。

しかしながら、このIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応が発生してしまって、アレルギー発生につながっていきます。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

乳酸菌シロタ株でおなじみの、何といってもヤクルトです。

昔、白血病になり病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMでもよく知られています。

すっかり白血病を完治し、ハリウッドで大活躍のCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、とても効果が期待できそうな期待がもてます。

元々、便秘に悩んでいたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

改善できたポイントは、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。

毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。

少し前に、インフルエンザになってしまってクリニックに行きました。

どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。

3日間発熱し続け辛い思いをしました。

高い熱が熱発するインフルエンザなので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

便秘にいい食物を毎日食しています。

それはバナナにヨーグルトです。

毎朝食しています。

食しているうちに、なんか便秘が良い状態になってきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲む必要がなくなりました。

現時点でポッコリしていたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。

私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなり痛ましい姿でした。

いろんな治療法を片っ端からやってみても、全く効果が得られなかったのに、住居を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、我慢できない痒みもなくなりました。

スパッと環境を変えてみるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

実はインフルエンザの予防ためにいいといわれているものに乳酸菌があります。

1年程度前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したという番組を見たことがあります。

私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。

アトピーに効果があると噂されている入浴剤をサンプルで貰い受けました。

ほとんどのものがそうですが、試しに利用してみないと品定めできないものです。

サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、使用感が良好でした。

違和感を感じる事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。

ここ最近の研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌は効果が高いということが知られてきました。

インフルエンザに関してはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。

息子がインフルエンザにならないための接種につれて行きました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射を接種しています。

予防接種の後は怖かったーと口にしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調も起こってきます。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘状態です。

運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが良い方法です。

更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回は歩いたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。

お腹が便で膨れて苦しんだ事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。

私もその経験があり、酷いと一週間便通が改善しないこともあります。

便秘に効く薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖を飲んでいます。

お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。

インフルエンザに感染したことがわかると学校の出席が5日間できなくなります。

インフルエンザに感染した際でも、2、3日で発熱は治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。

平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には大事なことです。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、最も大変なことになりかねません。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも無きにしも非ずでしょう。

インフルエンザ患者が多い時には、赤ちゃんを連れださない方が正しいかもしれません。

昔から、乳酸菌が身体に優しいのは事実でよく知られていますが、一方で効かないという説もあります。

この説も事実かもしれません。

どうしてかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。

まず、合うかを試してから判断するのがよいです。

インフルエンザは風邪とは違うもの知られています。

その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急に高熱にまで達し、3日から7日は最低それが続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状に小さな相違が見られます。

時として、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、恐ろしくもある感染症です。

私はアトピーに最適な化粧水を毎日使っています。

友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、ひどかった私のアトピーを想像以上にきれいに治してくれたのです。

今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、嬉しくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを喜びに感じます。

以前から腸内環境をきちんと整えると美肌になると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、そのじつ、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品らしいのです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。

ちょっと照れくさいです。

アトピーの改善方法には食事も大事になります。

効果的な食事を意識することで健康的な肌へと改善することができると思います。

胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力を強める成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを毎日一定量摂取するとアトピーへ効果があります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる