【龍馬伝】 第1回『上士と下士』〜だらっと感想文〜

January 09 [Sat], 2010, 15:24
第一話、思っていた以上に面白かった。
始まる前は、正直そんなに期待しておらず、番宣の多さに少々ウンザリ。(ごめんよ…)
大体、坂本龍馬と福山雅治とのイメージのギャップに疑問があり過ぎるだろう、と。
でも、面白かった。一話を見て、制作側が放送前から発言していた意図もよく分かった。
脚本も良い。
泣き所がある訳では無いけれど、前作品みたいな綺麗事ばっかでウンザリな内容で無い事は確かだ。人間の哀しくて醜い部分も描かれている。実際もう少し深く描いても良いのでは?とも思うが、昨今の世状や時間帯なんかから言っても難しいところ。
そんなところを絶妙なバランスでお芝居をする俳優さん達の個々の能力がまた凄い。
一部不満もあるが良いキャスティングだと思う。
幕末好きを公言しているのに実は坂本龍馬についてまだそんなに詳しく知らない。その上、福山さんについても実はよく知らない。だからある意味、真っ白とまではいかないがアイボリー程度の頭で見られた事が良かったのかもしれない。

実際の龍馬は体格も良く、酒飲みで少々メタボ気味、お風呂にもあまり入らないのでちっくと臭った人だったようだ(笑)。福山龍馬は完全に真逆だと思うが、福山さんの線の細さが、龍馬の繊細な内面を体現しているようで(そこが狙いだったようですが)、新たな龍馬の魅力を知れるようで面白い。

しかししかし、福山龍馬よりも目立っていたのは、やはり香川照之さん。まあ、弥太郎目線のドラマなので目立って当たり前だが、ほんっとにご活躍だ。子規から弥太郎まで!
お陰で、【龍馬伝】のはずなのに、【坂の上の雲】が始まったのかと思ったくらいだ(笑)
(N○Kは香川様々ですね)。
余談だが、香川さん以外にもN○Kドラマでご活躍中なのが笹野高史さんの息子さん。【坂の上〜】では子規の少年時代、龍馬伝では少年時代の下士仲間の一人で出演。

香川弥太郎のインパクトは凄かった。ドラマだから実際の岩崎弥太郎さんが果たしてあんな感じの方だったのかは別だ。
ただ、あれ位ガツーンとかまさなきゃこれから先の事を考えると意味が無いと思うので、あの香川弥太郎は大成功だと思う。香川さん、やっぱり凄い役者だよなぁ。
それを踏まえ、実は既に最終回の香川弥太郎の事を想像すると胸に込み上げてくるものがある。まだ始まったばっかりなのに(笑)
最終回の香川弥太郎が実に楽しみだ!
(正直、福山龍馬よりも香川弥太郎にかかっていると言っても過言ではないだろう)

その香川弥太郎ともう一人魅力全開だったのが父親役の蟹江さん。良い意味で何故かあの様な衣装が似合う。
蟹江さんは野性的なバネの強さ(上手い表現が出来ない)が身体から滲んで見える。
第二話も出るのか?弥太郎父。

武市半平太については何だか意外だった。
過去のドラマの印象からかどうも武市は“龍馬や以蔵を馬鹿にしていて嫌味な奴”というイメージを持っていたが、今回の大森半平太はなんか可愛らしい人で人望もある。実際の武市瑞山に近いのかな?武市は男前で、頭も良く、情に厚く、人望もあり、後々もずっと藩主が彼を切腹させた事を悔やむ程の人物だったようだ。
第一話ではまだまだ悩み多き青年時代。これからの半平太の成長、変化が楽しみだ。
もう一人の意外だったのが、岡田以蔵。以蔵があんなに喋るとは思わなかった(笑)
岡田以蔵はもっと「ワシはあほぅやから…」と、いつも周りに馬鹿にされ控え目なイメージがあったけれどあんなに喋るのかと驚いた。実際岡田以蔵はカッとなりやすい性格であったようなので、あんだけキレててもおかしくは無いのかもしれない。
岡田以蔵は、貧乏で学も無い。それ故に剣の稽古に燃え、ハッキリ言ってそこしか取り柄が無かった。武市に人斬りとして利用された訳だが、それでも自分も国の役に立っていると彼は喜んだのだろうか…。
以蔵さんの事を思うといつも切なくなる。岡田以蔵の最期は、いつも本当に哀れで苦しくて見ているのが辛くなる描かれ方だ。今回は何とぞ今迄には無かったような最期にしてあげて欲しい。
でもそこは佐藤以蔵の見せ場な訳で…。嗚呼、複雑だー。

【新選組!】の時もそうだけど、彼らの最期を知っていると生き生きとしている姿を見る事が非常に複雑な気分になる。
(それがドラマなのだが)
ただ今回も、山南切腹の時の様な名シーンが結構生まれそうな予感もするのでそこは楽しみだ。(はーい出た矛盾)

第一話を見て一番気になったのが、土佐弁に対するキャストの緊張感。
なんかお芝居よりも、言葉の方に意識が行っている様な。探り探りな空気が何となく漂っている感じがした…ような。
確かに私も関西人であるから、ドラマで変な関西弁を使われるとホンマに腹立つ事はあるけど(笑)
ここは高知の皆さんに広い心で見守って頂こう。(某ドラマの内野さんの土佐弁評判良かったから仕方ないかもしれないが…)

今回の演者さん達は所詮その土地の人間では無いし、いくら吹き込みテープ聴いたって本当の意味で言葉なんてマスター出来ないし、よっぽど耳が良いか感性が素晴らしいかせいぜいこの1年毎日どっぷり24時間土佐弁で過ごす以外に完璧になる事は無いのだから、最大限の努力とハートで進むしか無いのではないだろうか。
(あまりに酷すぎるのは問題外だが…)

良いものには必ず自ずと結果は出るはずだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:@まほろば
  • アイコン画像 誕生日:6月22日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ-ドラマ
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oyashiraz/index1_0.rdf