【 更新情報 】

スポンサード リンク

鶏ひき肉を使った変わり親子丼

親子丼には、鶏肉を使うのが一般的ですが、鶏のひき肉を使っても美味しい親子丼が出来ますよ。材料は、一人前で、鶏ひき肉 100グラム、しょうゆ 大さじ1、砂糖 大さじ1、みりん 大さじ2分の1、酒 大さじ1が目安です。

作り方ですが、まずフライパン、又は鍋にしょうゆ、砂糖、みりん、酒を規定量のすべてを入れて、火をつけます。その中に鶏のひき肉をいれて、よくほぐして鶏そぼろを作ります。

ひき肉がパラパラになるように、よくかき混ぜて、しっかり煮詰めれば鶏そぼろの出来上がりです。通常の親子丼は、溶き卵をふんわり煮て使いますが、この鶏ひき肉を使った変わり親子丼では、温泉卵をのせてみましょう。

その温泉卵ですが、電子レンジで簡単に出来ます。まず、マグカップ等に卵を割って入れます。その中に卵が隠れるくらいに水を入れて、レンジで温めます。500ワットで約1分強で温泉卵の出来上がりです。

丼にご飯をよそって、鶏そぼろをのせ、中央に温泉卵をのせれば、変わり親子丼の出来上がりです。とっても簡単でしょ! 普通の親子丼も美味しいけど、この鶏ひき肉を使った変わり親子丼は、冷えても美味しく頂けますよ♪

絶品!ふわふわ親子丼

丼もの中でも、根強い人気の親子丼。半熟のトロっとした卵が、ご飯に絶妙に絡み、お箸が止まらない程の美味しさですね。そんなふわふわ卵の絶品親子丼のレシピです。

煮立てたダシ汁に、一口サイズに切った鶏肉と、薄切りにしたタマネギを入れて煮ます。この時に焦げつく様だったらダシ汁が少なすぎる場合がありますので、ダシ汁の量を調整しましょう。

タマネギにダシ汁がしっかり染み込むように煮込むには、、鍋にまんべんなく敷き詰めた方が、ダシがよく染みて美味しく仕上がります。

さあ、ここからがふわふわ卵の親子丼レシピのポイントです。鶏肉とタマネギにしっかり火が通ったら、溶きほぐした卵を半分だけ回し入れ、鍋に蓋をします。そして、弱火にして、鍋を円を描くように揺らします。

最初の溶き卵を入れてから30秒程経ったら、残りの半分の卵を入れれます。そしてまた、鍋を揺らしながら30秒煮ます。この時の火は超弱火です。

この後、さいばしで周りをゆっくり剥がし、ご飯の上に盛り付け三つ葉を散らしたら、ふわふわ親子丼の完成です。

ふわふわ親子丼レシピのポイントは、2回に分けて溶き卵を入れることと、2回目の卵を入れた後は、超弱火か若しくは、蓋をして余熱で温めることです。さあ、ふわふわの親子丼を召し上がって下さい♪

めんつゆでつくる親子丼レシピ

親子丼のダシは、みりん、しょうゆ、ほんだし等を使うのが一般的ですが、素麺などのめんつゆを使ってもできます。めんつゆには賞味期限があり、夏が終わると余ってしまった時などに、親子丼のダシに利用して使い切ってしまいましょう。

では、めんつゆを使った簡単レシピです。鍋(親子鍋が便利です。浅いフライパンでも可)にめんつゆ 1、水 1の割合で入れて煮たてます。味が薄いようであれば、ここで醤油を足して味加減をします。

煮立ったら、味の決めて(私はそう思っています。)のタマネギを入れます。長ネギを使うこともありますが、私はタマネギのシャキシャキ感と甘味がたまりません。

その後、一口大に切った鶏肉を入れて、約1分間ほど煮ます。この時注意することは、火は中火で煮ることです。また、あまり長時間煮ると、鶏肉が硬くなってしまうので、注意しましょう。

鶏肉に火が通ったら、ボールなどで溶いた卵を半分ほど、溶き卵を箸に這わせて、回りから静かに円を書くようにして入れます。この時は、鍋をコンロから少し浮かせて、卵が固まらないように注意しましょう。

この状態で1分ほど煮て、周りが少し固まってきたら、残りの溶き卵も入れます。その上に三つ葉を載せ、ご飯を装った丼に鍋を傾けながら、静かに盛ると親子丼の出来上がりです。

めんつゆを使うと、醤油やみりんを使っての味加減が簡単にできて、とっても便利ですよ。是非、お試し下さい。

美味しい親子丼レシピのポイント

簡単に出来る美味しい親子丼レシピのポイントです。まず親子丼を作る鍋ですが、鍋は専用のものを使った方が作りやすいと思います。プロのシェフは、丼専用(親子鍋)のものを使ってます。一人分の親子鍋だと1000円前後で購入できますが、プロのシェフが使うものなんて「もったいない」という方は、浅めのフライパンでいいと思います。

ダシは、少し多めに作るのが美味しい親子丼レシピのポイントの一つです。「つゆだく」が好きな方はそのままで、また、「つゆだく」が嫌いな方は、丼に移すときに汁を少し捨ててもいいと思います。但し、ダシ汁を煮込んで汁を飛ばすのは、鶏肉が固くまってしまうことがあるので、あまりおすすめできません。

親子丼の美味しいレシピに、「みりん」を煮きるという方法があります。「みりん」を煮きるというのは、最初にダシやしょうゆ、みりんをお鍋で煮て、アルコール分を飛ばすことをいいます。「みりん」を煮きると、アルコールが抜けて、美味しいみりんの風味だけが残ります。是非、お試し下さい。

美味しい親子丼ですが、鶏肉の臭みが気になることがありますね。この臭みを取るには、使う前に鶏肉を軽く水洗いすると臭みが取れます。まだそれでも臭みが取れないようであれば、水洗いをした後で、料理酒・生姜汁等に漬け込めば臭みが気にならなくなります。

親子丼の簡単な作り方

まず、材料です。親子丼の材料は、鶏もも肉、タマネギ、三つ葉、卵、それにダシ汁を作る材料として、みりん、しょうゆ、ほんだし、それに水があれば簡単に出来ます。

親子丼の一人前の分量は、鶏もも肉 4分の1枚、玉ねぎ 4分の1個、三つ葉 2〜3本、卵 1個、みりん 大さじ1杯強、しょうゆ 大さじ1杯強、ほんだし 小さじ4分の1弱、水 カップ4分の1杯、これくらいが一人前の目安です。

では、早速 親子丼を作ってみましょう。親子丼は思ったより簡単に出来ますよ。
鶏もも肉は、食べやすいように一口大にそぎ切りにします。タマネギは薄切りに、三つ葉は約3センチ位に切っておきます。

鍋(直径15センチ位の親子鍋が便利)に、みりん、しょうゆ、ほんだし、水を加えて煮立てて、それに鶏もも肉、タマネギを加えて、しっかり火が通るまで煮ます。

煮立ったら溶いた卵 1個を箸などを伝わせて細く糸状に流し入れ、三つ葉を散らして、卵が半熟になったら火を止めて蓋をして、約30秒蒸らします。後は、用意した丼にご飯を盛り、出来上がった具を形を崩さないように載せます。これで親子丼の出来上がりです。簡単ですね。
P R
カテゴリアーカイブ