発表会 

October 29 [Sun], 2006, 16:34
発表会に参加される方は、
参加費用¥2000を当日までに納入ください。
多分、いくらか返金できると思うのですが・・・。

こんなところに連絡事項を・・・プリントアウトしなくてすみません。

全員が??すでに仕上げに入っています。
後は、丁寧に練習しましょう。
テンポを変えたり、リズムを変えたり、途中から弾いたり・・・、
通し稽古も大事ですが、部分部分を取り出したり・・、
いつも決まったような練習にならないようにしましょう。

レッスン 

October 22 [Sun], 2006, 15:45
男の子のレッスンが3人、続いたのだが・・・。
うらやましいほどの打鍵の力強さ。

う〜〜〜む。

美しい音を出す、一番のポイントは、打鍵にあり!
っという点で、大いに期待できる。

一人は、モーツアルトのトルコ行進曲を練習中。ラストのオクターブもなんなく弾きこなしている。
頼もしい限りである。

一人は、魔女の踊り。強弱を変幻自在に操っているところが、おそるべし!っという感じ。

一人は、バイエル。
今では、幻?のバイエル?を堅実に練習している。その成果が少しずつ、現れてきている。
これからが楽しみなのである。

・・っというわけで、今日も、楽しくレッスン時間は過ぎ・・元気と活力をいただいた私である。
1週間後がまたまた楽しみである。

リスト 

October 15 [Sun], 2006, 13:38
大人の生徒の方々のブーム??
リストを弾かれる方が続出。

若い頃は、美男子だった、リスト。
もちろん、私も大好き。

ショパンほど繊細ではないけれど・・
彼のロマニー音楽との融合??コラボ??が魅力!?
情熱的で、そう、どちらかというと激情的?とも言える音楽。
大好き。聞くのは!!?
弾くのは・・やっぱり難しい。
10度の音程やオクターブの連続・・さすがに「ピアノの魔術師」の異名を持つ。
超絶技巧の数々・・・。

それでも・・めげずに・・
皆さん、頑張っております。

マルタ・アルゲリッチのリストを聞きながら・・ため息をつきつつ書き込んでいる私です。

サッカー少年Kくん 

September 24 [Sun], 2006, 12:47
サッカー少年のKくん。文武両道?レッスンも休まずがんばってます。

楽しそうに弾くその姿に、嬉しさ倍増の私であります。

これからも頑張ってね〜〜〜。

男の子らしく?打鍵が強く、これからが楽しみであります。



カバレフスキー 

September 02 [Sat], 2006, 18:46
小学1年の女の子
発表会曲は、
カバレフスキーの「いたずら」

彼女にぴったりの曲??

2箇所の難所をなんとかクリアすべく、只今、特訓中。
厳しいレッスンにもめげず、頑張っています。

練習は、必ず、成果と現れます。ただ、すぐには、現れないのだけど・・・。練習は、裏切りません。自分を信じて、自分に厳しく、頑張ってね。

発表会 

September 01 [Fri], 2006, 20:14
日時が決定しました。
11月19日です。

そして、
小4の彼は、ランゲの「荒野のばら」と決定したのですが・・
彼には、ちょっと・・ハードルが低すぎるのでは??
っと思ったり・・
でも、本人が気に入ってるのなら・・それもいいか??
まだまだ・・変更可だし〜〜。

発表会 

August 20 [Sun], 2006, 12:42
11月に発表会を予定している。
そろそろ本格的に動き出さなければ・・・。

今年は、モーツァルト年??

生徒の曲は、ほぼ決定。う〜〜ん、自分の曲が・・・。
モーツァルトは、苦手なので・・どうしたものか・・・。
う〜〜む。

生徒 

July 27 [Thu], 2006, 9:01
大人の生徒は、レッスンの回数は少ないが、実に内容の濃いレッスンとなる。
ついつい・・こちらも気合が入る。

今、ラ・カンパネラを練習中の生徒は、実は、40歳すぎからピアノを始めたのである。そして、あれから月日は流れ・・・10年のお付き合いである。
10年にして、リストの超絶技巧練習曲の「ラ・カンパネラ」。素晴らしいガッツである。

彼女は、45歳にて車の免許も取得。そして、50歳をすぎた今年は、「ダイビング」に挑戦。オーストラリアへ行くらしい。

彼女の前向きな姿勢には、いつもながら感心するし、見習わなければ〜っと思うのである。

レッスンを通して、ピアノを通して、このような素晴らしい方との出会い・・ありがたいと思っている。
と同時に、自分もいつも研鑽していくことが大事だとも思うのである。

楽譜 

June 15 [Thu], 2006, 16:27
小学生の頃に使っていた楽譜を見たら・・
そこには・・
先生の愛が感じられた。

楽譜の上の方に、
練習方法が書き込んであったり・・
リズムの応用が書き込んであったり・・
ハナマルがしてあったり・・・

あ〜〜、こんなにも頑張っていたんだ〜
っと思ったり・・・。

いつか、私の生徒も楽譜を読み返し、
こんな風に感じてくれるのだろうか・・・。

ならば・・もっと読める字で書こう???

日々のレッスンの大事さをあらためて思った今日この頃である。

連弾 

May 26 [Fri], 2006, 19:53
ブラームスのハンガリー舞曲第5番を連弾しているのだが・・
小学1年生と小学5年の兄弟コンビである。

小さな体が椅子に埋もれるように座っているのだが・・
二人ともレッスンになると
熱心で
輝きだす。
それぞれのパート練習にも耳を傾け、
自分の演奏に活かそうと
虎視眈々??

とても楽しい1時間である。

頑張れ~~っ。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oyaji
読者になる
Yapme!一覧
読者になる