恋すること 

February 14 [Tue], 2006, 23:16
久しぶりのブログ。
・・・この場所に来るのは何かあったときなんだよな。

先日、学生時代に付き合ってた彼女から電話が来た。
なんとなく話がしたくなったから電話したとの事だった。
自分が結婚してからは電話で話す事もなかったし、当然嫁さんが亡くなった事も知らなかった。

彼女はまだ独身で自分にまんざらでもない様子だった。
でもこれから発展することは100%ない。
それは死んでいった者に対する冒涜だ。

もっとも亡くなった嫁さんの方がずっとずっと好きだったし、相性も良かった。思い出もたくさんある。
だから結婚したんだけど。

電話を切った後しばらく考えた。なんでこんな時期に電話が着たんだろう。
再婚しろってことなのか。。。亡くなった嫁さんが何か画策してんのか??

正直、最初電話がかかってきた時はびっくりしたし、すっごいドキドキした。
あーそうだ「恋」ってこうゆう感覚だったなって思い出した。
でも隣では娘が寝ているし、「自分」というモノをすぐに取り戻した。
愛する家族、過去の自分、今の自分を冷静に見ることができた。


嫁さんはきっとこう言いたかったんじゃないかな。。。



「ねぇ、わかる?恋するって事。あなたの事は一番愛してる。でも恋する事も必要なの。
私の気持ちもわかってほしいの。」



自分勝手かもしれないけど、残された者はそれぞれ自分で答えを見つけて生きていくしかないんだね。

ねんがじょー 

January 11 [Wed], 2006, 23:12
久しぶりの書き込み。

やっぱり自分の心の中にしまっておくのがいいと最近思い出したので、
書き込みしないようにしてた。

でも・・・
彼女宛に年賀状が何通か着て、それを見ているとまたつらい気持ちになってくる。

辛いねこれ。。。

いぬがいぬ 

November 21 [Mon], 2005, 17:35
家で飼っていた犬が天国へ旅立っていきました。

だいぶ前からおなかに腫瘍ができてて本当ならば手術をすればよかったのだけど、
もう13年くらい生きててる老犬だったので獣医からは体力的に無理と言われてた。
安楽死させるという話もあったのだけど、そのまま生きられるまで生かしてあげようと言う事になり、
最後まで介護をしていました。(自分はほとんど何もしなかったけど。。。)

そして今日、家族が留守の時にひとり(一匹)で旅立っていた。


昨日が嫁さんの納骨だったので、何かそれまでがんばったのかなって気がします。
でも特に彼女と仲良しだったわけでもないので、偶然だろうけど。
今年は「命」というものを考えさせられる年って気がする。
自分の人生のターニングポイントというか、大きな人間になるための試練の時というか、今はそんな時期なんだろうな。

ひとくぎり 

November 20 [Sun], 2005, 23:31
今日納骨しました。

これでひとくぎり。とりあえず一安心、、、というか逆にこれから普通の生活に戻っていくのが怖い。

今までは、「49日まで」、「納骨まで」って気持ちがあったけど、どちらも終わってしまった。
とりあえず、人生の目標がないのがすごい心配。
仕事に集中できればいいんだけど、家庭の内の事と外の事は分けて考えたいしなぁ。
仕事は仕事でがんばっては行くつもりなんだけど、ちょっと心配。

血は見たくない。 

November 17 [Thu], 2005, 23:15
嫁さんのブログに出てくる、アムカとシャケ。
アムカはアームカットでわかるけど、シャケってなんだろうって思っていたら、
瀉血(しゃけつ)の事だったのね。

彼女は俺と知り合う前から瀉血はしてたらしい。
「つらい時はね、血を抜くんだ」って言ってた。
仕事柄そうゆう器具とか手に入るようだったし、うつ病になったのも今の職場からだって言ってたっけ。

なんで瀉血の事を書いているのかというと、先日会社の健康診断で採血があったから。
俺は注射がだいっきらいなので採血をされながら、
「ああ俺は自分で瀉血なんて絶対無理だわ」と思ってしまった。

彼女と相性の良いところは沢山あったけど、この点はまったく合わなかったな。

なにもかわらない 

November 08 [Tue], 2005, 23:29
Nothing's Gonna Change

嫁さんとは1999年に知り合って2000年に結婚した。
彼女の影響で、いろんな音楽を聴く様になったが、
その中でもこれが一番思い出のある曲。
彼女がすごく気に入ってて、結婚式の入場テーマもこれだっけ。

曲名は「なにも変わらない」という意味。

my heart is a sattelite of yours
round round round you
「衛星みたいなこのハート あなたの周りをグルグル回る」

こんな歌詞なんだけど、愛する気持ちはあなたの周りをグルグル回っててずっと変わらない。
そんな意味だって彼女が言ってた。

俺はこれからきっと変わっていく。
いろんな人に出会うだろうし、趣味、ファッション、好きな音楽、考え方。
きっと変わっていく。彼女の知らない人になっていく。

でも自分がどんなに変わっていっても、他に愛する人ができたとしても、
彼女と自分の関係はずっと変わらない。あのころのまま。

今でも俺の周りをグルグル周ってんのかな。
(ちょっとブラックだなー)

S君 

November 07 [Mon], 2005, 10:41
久しぶりのブログだが、あまり書く事がないのは落ち着いてきた証拠だな。
いいことかもしれない。

先日S君にメールを出したのだが、もう一度出したら送れなくなっていた。
どうやらアドレスを変えたらしい。

幼なじみと久しぶりに再会、お互い結婚しているのにデート、そしてキス。
亡くなった当日は電話で話してる。
そして後から、死因について知る。
しかも旦那からのメールで。。。

これってかなりへこむと思う。
S君って小さい頃に母親を亡くしているらしい。
同じような状況になって、彼はどう思っているのだろう。

逆に心配になってくるな。これを見てたら連絡よこせ、、、って見てないか。

ブログという物 

November 03 [Thu], 2005, 10:08
ここ1〜2日気持ちが不安定だったのだが、ある人のメールでふっと気持ちがニュートラルに戻った。

嫁さんの浮気の件は自分の両親には話していない。
誰にも相談できないし、一人でいろいろ考えていくと悪い方へどんどん進んでいってしまう。
彼女のブログを見てしまうと嫉妬心が出てきて、更に気持ちがイライラしてくる。
彼女のケータイのメールを見るともっと酷い。
ブログやケータイはもう見ない方がいいのかもしれない。

人間の気持ちってその時々によって変わる。
ブログに書かれている事だって、その時はそう思っても後から見直すと結構恥ずかしい、今の考えと違う事を書いてたりする。
その時々の思いが断片的に残っている物だと思う。自分がブログを書き始めてそう思った。

だから彼女のブログに書いてある事が全て彼女の本心だって思わない事にした。
当然彼女の大事なメッセージもあるけれど、特に浮気関連は彼女の本心じゃないって信じたい。娘のためにも。。。

彼女のブログとケータイのメールは、気持ちの整理がついたら削除したい。

復讐 

November 01 [Tue], 2005, 17:08
自分はなんて酷い人間なんだろうと思いつつ、嫁さんに復讐します。

今日は定時で帰ろっと。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

November 01 [Tue], 2005, 15:23
今日は仕事になんない。
なんかすんげー腹たってきた。

娘がいなかったら、マジで結婚後悔してるな。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像EVO
» ママがいない (2005年10月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oxygen2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる