新年遅々 

2011年01月12日(水) 12時48分
あけましておめでとうございます。


早々といいますか、もうこんなに日も経っていますが、
新年という事でちょうどタイミングよくブログの引っ越しが出来ればと思っていました。


なので、前々から思っていたことをやっとこさ重い腰を上げて引っ越ししました。


5年強、ヤプースから始まってヤプログに変わって引っ越しを余儀なくされて、
それからずっとここでしたけど、
変わります。

新しいブログのURLがこちらになります。


http://sixstringsmagic.blog111.fc2.com/



今後もご愛読頂ければと思います。

よろしくお願いします。


松本雄介

変わり行く世界。変えていく未来。 

2010年12月30日(木) 19時08分
年の瀬ですね。

後2日で今年も終わり、どうしてもこの時期一年を振り返ってしまいますよね。
節目なんてものには拘らないなんていつぞやに豪語していた割に、ちゃっかりしてます。


どうも、松本です。




ちょうど昨年の今日はClapperで例年通りKILL THE BONENNKAIに名を連ねて、12月はバンドとして各地を飛び回ってはライブをしてバタバタと過ごすことが多かったわけですが。

ON THE WAYが解散したこと、まだあれから3ヶ月しか経ってないんですよね。



本当に濃厚、凝縮の一年間だった気がします。


思い返せば、3月にON THE WAYPPERをしたことも。
あれも今年だったんだって思うぐらい、もっと遠い前のことに思えるぐらいに色々とあった気がします。










長年続けてきた事がなくなったことに対する戸惑いと、
それならばと心機一転したくて環境の変化を望むべく
ここ数ヶ月過ごしてきたんですけど…。

ちょっとづつ見える景色は変わってきているんじゃないかって思います。




また全てが手探り、この年になってゼロから始める面白みと不安と怖さと。


自分のペースですごいゆっくりとだけど。




ON THE WAYの解散も、仲間のバンドの解散も、大好きなバンドの解散も、
多くの出会いや別れも。

本当にめまぐるしかった2010年。
その分だけ、来年が寂しいことにならないように。


昨日CLAPPERアチ君とも話をしていたけど、
思い出話に華を咲かすのも悪くない。

ただ美談、過去の栄光みたいな形にはしたくない。



大好きなHOLSTEINが解散した時
「写真の中の自分よりも今笑っていられるように」
的なことを言っていたんです。

今になってその言葉が分かるし、
絶対にそうでありたい。




またいい一歩を踏み出せるように。









どれだけの人がここのブログを見てくれているのかも分からないけど、
本当にお世話になりました。

また来年、ON THE WAYとは形違うけど、
ちゃんとまた人前に出れるようにもしたいし、
今後とも変わらぬお付き合いを。

来年もみんなにとっていい一年であるように。


For all the people who dreams tommorow.
Thanx for all. And a Happy New Year.

松本 雄介

繰り返しのような繰り返されていない日々。 

2010年12月28日(火) 17時45分
スピーカーからうねり出される

ディレイのフィードバック音みたいに

繰り返しのリフレインじゃない。

オーバーダブのような心地よくもならない。





思い出してまた頭の中をループするのは

そんな安易な事じゃないんだ。





ループされたリズムをベースにして、
ひたすらにジャムっていくようなハイセンスなバンドでもない、
そんな「キレイ」や「おしゃれ」なんてものには収まらないさ。



僕の頭の中をループしたのは
もっと泥臭くて、人間くさい
そんな葛藤ばかり。

鳴り止んで欲しくても鳴り止まないそのディレイも
最後には繊細で切れそうで切れない緊張の糸のように
誰もが息を呑むような瞬間を演出できればいいんじゃないかって。



一筋の光が垣間見えた瞬間の一転の清らかさを。


ただそれが見たくて、今はまだもがいています。








終る、


始まる


見出す。


捕まえる。







浮いた話も何も出来ないこの過程もきっと笑い話にできる。

そうなれるように。


今はただいい意味で、もがくだけです。


やるだけやって。




沢山泣いて苦しんで、その分笑えた今年よりも、


来年はもっと笑っていられるように。




ただ、前に進む。



進むだけ。


匍匐前進ぐらいの速度。 

2010年12月21日(火) 14時16分
バンドしたいっていうのと音を出したいっていう欲を
ふつふつと沸き揚げようとしています。
思い腰を上げないととずっと思っている訳です。



どうしても形から入りがちな松本。
極力自重しようとは思っているのですが。。

新たに始動する予定であるのでその準備にそろそろ取り掛かろうとしている今日この頃。




ここでも何回か最近の心情しかり、感覚は綴っていたんですけど。
まずはちゃんと楽器を手にしないとねってところから。
数日中に落ち着きそうなので楽器と向き合いだすのはもちろんですが。




やっぱり機材近辺も放っておけないのが僕ですね。

まだまだどんなバンド、スタイルになるのかも分からないんですけど。
ただON THE WAYとはがっつり変わるつもりではいるので。
アホみたいに長かったシールドを買い換えないといけなくて、
すごいテンションが上がってます。






元々、OTWの時にはギターからボードまで7m、
ボードからアンプまでも7mの計14m。

長いでしょ。
長すぎるでしょ。


そんな感じだったんですけど。
元々前に使っていたシールドもFarEastElectricっていうところの
Angelシリーズの素敵なハンドメイド モノだったんですけど。
音のスピード感とかはダントツで好きだったんですけどね。
ハイエンドシールドほど高くなく、
でもやっぱり質は高い。

ただモデルチェンジも激しくて、値段も激しくて
FEEのケーブルはもう手が出ません。
あくまでも庶民派ヲタクを提唱していきたいので。



そこで最近気になっていたのがLAVA CableとEvidence Audio。


LAVAについては1年ぐらい前からGeorge L'sのパッチみたいに取り回しの効くいいケーブルってことで評判聞いてたんですけど。
需要と供給のバランスが悪いのか、全然店頭で見ない。

最近やっと見るようになったので、
ボード上のレイアウトが決まりそうになったら切り売りで買おうかしら。
ソルダーレスなのも素敵な所ですよね。


パッチじゃなくて長いほうも考えていたんですけど、
こっちはやっぱりモノが少ないみたいで。
要検討って感じですね。




それに対して、ギターからボード、ボードからアンプへのシールドとして候補に挙がっているEvidence Audio。

大先生John Mayerも使っているっていうのがツボ。
まぁ、John先生についてはコロコロ代わるからなんとも言えないですけど。

あの太さ、皮膜、SwitchCraftじゃなくてノイトリックプラグなのもツボです。










アンプも最後にOTWで使ってたBognerにするのか、
その前に使っていて、実は売らずにとっておいてあるVibro-Kingにするのか。

真逆の方向にあるFender Vibro-Kingが選択肢に出てきた時点で
今後の方向性が違ってきてるのも分かるかな?って思うんですけどね。

アンプではなくてあえてエフェクトで歪ますこともオッケーなんじゃないか?的なね。



もうここまで来ると、僕の頭の中もパラレルワールドですよね。
やばい。


アンプ、シールド、エフェクターの組み合わせでニヤニヤ。
程々にしておきます。

エフェクトについては買い足さないように我慢。
まだバンドとして方向も見えてない以上、足元を足す必要もないので。



いつものドライブペダルにディレイモノがあればとりあえずはオッケー。
セレクターとバッファーぐらいがあればもう満足です。



さぁ、始めるぞ!










もう、不採用通知の連続で意味が分からないんですけど…。
なんとかやっています。
色々なことの環境の変化。心機一転っていう言葉。
それにつきると思います。

めげずに、折れずに。

BLACK or WHITE 

2010年12月20日(月) 12時31分
黒か白かで言うと僕は白っぽいらしいです。







善悪、良し悪しといった表現での色ではないけど
僕は白らしいです。
しかも屈託も無く。





確かに人の中に2色がバランスよくあることで均衡が保たれている人も居ると思うけど、
僕はというとその表現で間違いないのかもしれない。
単色の方がいいや。
自分でも少しそう思う。




ただ、2色の比率は人によって違うだろうし、
混ざってる人も居るかもしれない。


人とそれが違うからって悪いわけではないし、
ましてそれが他人ってことだし
大それた言い方をしたらアイデンテティでしょ。
なんてませたことを思っても見たり。





マイケルジャクソンはBLACK OR WHITEを歌っているし、
人が人と異なる事にそこは論点ではないんですよ。


やっぱり僕自身、
違いに恐れて日々を送るより
違いに楽しみを覚えて毎日を過ごしたい。


だからこそ、1人ではなく誰かと居る事、大勢と交わる事が楽しいんじゃないかな?


どうしても大衆と同化したがる日本人的気質は排除して、
もっとフレキシブルに、
柔軟に多角的に色んなモノ、感情、人。
取り入れていけたらもっと見えてくる世界も広がるはず。




ちゃんと木じゃなくて森を見れるようにしたいし、
踏み込みたくなる気持ちを少し抑えて本質を捉えれるようにしたい。


その瞬間に惑わされるのではなく、
さらに先までを見据えていたい。


目先の感情ではなくてその先にある心情を掴みたい。








日常に突出した感情はそこまで必要ないだろうし振り回さなくてもいい。


それを表現する瞬間が芸術でありたい。そうあるべきだ。




だからこそサブカルチャーとしての魅力が見出せるんじゃないかな。
日常というループからはちょっと逸しているからこそ普段にはない感情、感性が燻られる。





アートだよ。






表現者としてステージに立つ瞬間にONとOFFのスイッチが切り替わる。
それで充分だし、
だからこそ魅力的なんだと思う。









この前久々に見れたenvyはやっぱり最高にかっこよくて
覇音、轟音の中にある繊細さ、美しさも相まって
包み込まれる音にただ泣きましたね。
久しぶりに音が自分に降ってきて本当に気持ちのいい時間だったな。









昨日は旧友、imonの休止ライブ。
やっぱりそこにステージに立つ意味も深さも
いっぱい考えさせられる。




一回ステージに立つ場をなくしているからこそ
ありがたみもあの場に立つ意味も知れた。

今年は休止、解散の知らせが続いた。
憧れるバンド、仲間。
もちろん自分が一旦歩みを止めたこともそうだ。

足を止めて分かる、歩くことは容易な事ではないんだよね。
だからこそ、歩んでいける喜びを今の僕は知っている。





自分の身辺の周りももうすぐ落ち着きそう。
一番は仕事のことだったりもするわけですけど。
改めて、人として生活を送るってことに向き合ってみる。
改めてというより、初めてちゃんと向き合おうと思う。


そして落ち着けたら、
また大好きなギターを持とう。


焦燥感に駆り立てられて否応で持つのではなくて
ただ楽しくて仕方なかった初めたての頃みたいに
無垢にただ6弦に向き合いたい。


そこにちょっとのGainとDelayを足して魔法でも起こそうよ。

いつだってフィードバックは僕を心地よくしてくれるんだ。




居酒屋に入るかラーメン食べるか、スタジオに入るか。
そんな感じでスローペースだけど僕と仲間とで
らしく生活しながら音を出せるようにしたいです。
そんな新たに音を出そうと仲間とも集うところです。
早めにいい話をここでも出来るように。

















黒も白も、
嬉しいも悲しいも
喜びも怒りも
僕も貴方も
同じとこも違うとこも


全てが今なんだよね。

どれも嘘じゃない。
どれも否定しない。

ちゃんと全部を受け入れて肯定できるようになれば
また一回り大きくなれる自分でいられる気がする。

だから、
また話しをしよう。


対話。
分かり合うこと。




どうしても僕というニンゲンは何事も肯定的に捕らえたいみたいです。



色んなことが僕を縛り付けるかも知れない。
自分自身で気付いたらはまってしまってることもあるかもしれない。
それでも落ち着いて一つ一つを解いたら
ちゃんと縄は解けるんだよね。
自由にのびのびと、前に進んでいたい。


いい方向に何事も転じますように。
思うこと、祈る事ではなくて そうあれるように自分が動く事。




年の瀬も、新しい年を迎えるにも。
あいも変わらず僕らしく、このままに。



Cheers and Heartful joy for all the people around me.




また書きますね。

色々と触れる。 

2010年12月11日(土) 18時55分
俺の気持ちも頭の中も、
タッチパネルみたいに気安く触れるものじゃない。

単調でバカに見えても、もっと複雑なものなんだよ。



責めて携帯ぐらいは、タッチパネルにして使いやすくしていこうよ。




なんて意味の分からない気分です。
松本です。








すでに携帯2刀流も慣れたのですが、
Docomoの方もスマートフォンに変えようかとずっと検討中。
フリックとかやっぱり慣れると楽なんですよね。


普通にボタンをポチポチするのが苦。


Docomoのラインアップにはエクスペリア、ギャラクシー、この冬にでる国産モデル。
色々とあるみたいで。

すでに持っているiPhoneとの連携を考えてGoogleアカウントを取って
G Mail、Googleカレンダーあたりで自宅PCとあわせて同期してスケジュール管理楽チン!
みたいなことにしようかな?とも思ったんだけど。
どうしたものかと。




しかしながらにハイテクぶりたい心境とは別に、
来年用にずっと気になっていた「ほぼ日手帳」をゲットしたり。
大人文具的な雰囲気で気になって仕方なかったLAMYの万年筆ゲットしたり。


やっぱりデジな世の中ですけど、
昔ながらにある手書きの文化って大事だと思うんですよね。


字を書くことも。
絵を描くこともひとつだし。



何事もやっぱり人の手を介したものが好きですね。






iPodを買うかどうするか、圧縮率の問題だったりで色々と勉強不足な部分があるので、
そこもはっきりしたいですね。


やっぱり音が好きな人が音に対して妥協しちゃいけないっていうのが少しあって。
圧縮の激しいACCとかで聞きたくないっていう気持ちだったり。
元々PCには全部AIFFで保存してあるけどロスレスで転送できるのなら少なからず
少しは容量にもやさしいだろうとか。
色々できないか模索してます。









環境の変化がもたらしてくれている恩恵か、
色々とこれからチャレンジできそうです。
いつもの日常の中に、大きくなくていい。
小さな変化やサプライズのようなものが散りばれられているのが本当に良いなと。


ON THE WAYしてるときに体力作り、体作りのためにしていたランニングをまたしてみたりと。
これもまた分かりやすい、最近始めようと企画していることのひとつ。

今回は大会じゃないけど、そういう場に出てみようという
具体的な目標ができたりと楽しみでしかないです。



整体に通ったりと、体資本なことは相変わらず痛感しています。
もっとちゃんとしないと駄目なんだよね。
頑張って体は大事にしていかないと。



やってみたいことはたくさん。
その時に必要と思ったことはなるべく取り入れていこうかと思っています。








最近ちょっとだけギターと疎遠だったんですけど、
たまに触るとやっぱり下手になってます。
練習しないととは思うけど、
焦燥感ももう少し後になったらちゃんとでてくるんじゃないですかね。
湧き出ない焦りを無理矢理にしても違う気がするんですよね、最近は。


なので、またゆっくりやっていきますよ。









師走、気温もやっと冬らしくなってきましたね。
個人的には年末にひとつの節目を迎えるので。
それまでは駆け抜けないといけないですね。





マメに更新できるようにします。

楽器のこと、デジタルなこと、自転車のこと。

最近買ったデジ一も。


ではまた。




DelayTimeを右に回そう 

2010年12月08日(水) 17時21分
そうだ、Repeat も Time の摘みも全開に振り切るぐらいに回してしまえ。
発振していくDelay音が増幅していく自分の気持ちみたいです。





そんな毎日を最近送っています。

松本です。







大きく変わることがないけどちょっとづつニュアンスの違う、テープエコーのプラッターサウンドみたいに。
リフレインされていくように繰り返すことで増幅、増大されていく。


素直な気持ちってここまで大きくなれるんだ。
繰り返す事で増幅、相乗、そんな気持ちの上々。



久々に無垢な日々。










今まで僕を取り囲んでいたもの
全てを一回投げ出したくなったのも、
真っ白になりたかったのも

こんなにも素直な気持ちを確かめたかったからなんだろうな。



そう思います。








だから、

この年になっても
忘れかけた初期衝動を取り戻して、
本当の意味での「気持ちのまっすぐ」
を取り戻したから。


もう大丈夫だ。



また音を出そう。
やりたいことをしよう。



やりたい仕事をして、
やりたい音を出して、
最高の仲間や大切な人との取りとめも無い毎日が回って。


今まで手にする事が出来なかった当たり前の日常を。
もう一度見つめなおしてみたい。




特別な一日よりも


「≒」だけどちょっと違う毎日がRepeatする。
DUBサウンドみたいに心地いいそんなDelayな毎日が送りたい。








あー、久々にスタジオ入って大きな音でテープエコー発振させたいな。
大きな音でギター弾きたい。

かき鳴らしたい衝動にも駆り立てられないけど、
今はただかき鳴らすよりも、
繊細さと素直な音を。
ピックが巻き弦に擦れるニュアンスを。
艶やかなプレーン弦の伸びを。
シングルコイルの繊細さとFender Ampのダイナミクスと掛け合わせて。




あの人がつれづれなるままにペンを走らせてアートな自己表現に長けるのなら、
つたなくてもいい 僕は再び6弦の魔法を解き放ちたい。



くすんだレイクプラシッドのストラトをプラグインしたらいいさ。
大好きなストンプボックス踏み込んで、
チューブの悲鳴と一緒に叫べばいいんだ。



愛しいな。
RE−201なDelayな日々に幸あれ。





ON THE WAYを終えて、楽器を持つ。バンドをする。
音楽を表現する。

僕の歩幅で、
少しづつだけどまた動き出しています。

やりたい音もしたいバンドもちょっとづつ形を変えながらも見出しています。
お外に出るのは当分先かも知れないですけどね。



ただやっと動こう、動いていきたいって
具体的に見出しながら思えるようになってきた気がします。
宜しく。












業務連絡的な話になると、そろそろOTWのHPの方はレンタルサーバーの関係でなくなるので、
もしHPからここに来てる方がいれば
良ければこっちでブックマークを登録しなおしていただければ嬉しいです。
宜しくちゃん。





また書きます。

ほなまたねん!

なう 久々 なう 

2010年11月17日(水) 15時43分
お久しぶりすぎるぐらいに空いてしまいましたね。





本当ならON THE WAYが終わってしまった以上、一旦この場は終えて
新たに開設しようかなとか考えたりはしていたんですけど、
(ヤプログが重いとか他にも諸事情言い訳は多数ありますが)

まぁ、バンドを終えマイペースに歩んでる自分と外の空気との接点であるこの場を
今でもちょっと気に留めてくれていた、もの好きな方に
「もう更新しないの?」なんて言われたんで。

近況報告とかここ最近のことつづれたらなんぞ。
やっと重い腰を上げれるぐらいになったかなと。








まぁ、正直な話をしたら何もないって言うのが正解で。
裏を返すと何も無いということを始めて手に入れた。
というのが現状です。


自分の生活の中心にはいつだってON THE WAYがあって、
バンド、ライブ活動をする事がライフワークであり何よりだった。

そんな1番が無くなって、精一杯できる2番を探すっていうことが
こんなにも難しい事だとは思わなかったですね。

自分のあまりにも何も無さにもビックリしました。



何も無いという事を始めて手に入れて、
何も無い現状を始めて知って。
何かを見出さないといけない事を今更ながらに諭される。








もちろん、楽器を置くわけでもないし、バンド、ライブハウスという環境から離れるつもりもない。



ただ、今一息置いて改めて今の自分、環境を見つめなおすいい時間とキッカケをもらえた。
このタイミングだからこそちゃんと見直そうと思った時に気付かされる事の多さ。
この歳になって、知ること、再確認できたことは決して無駄ではないですよね。



だからこそ、遮二無二なって勢いと気持ちでひたすらにして来たバンドではなく、
一度立ち返った上で今の自分に本当に必要な物。
必要なこと。やりたいこと。

全部に一問一答して、そぎ落として蛇足は取っ払って。
ようやく見出せつつある。
ブラブラと練り歩いた2ヶ月弱じゃないですかね。




ON THE WAYを終えて、すぐにまた1歩踏み出せなかったけど。
どう踏み出したいかはやっと見えてきた。
ただ急ぎ足にならなくて良かったなとも思える。


追々でまたいい形で報告できるように。
小さく、確実に歩んでいきますよ。









振り返れば、この夏は転機といえるんじゃないかと思って。
さっきも書いたみたいに、
今まであったものが無くなって、
ない物を欲して探し回ったり。

色んな方面で自分を取り囲むものをイチから見つめなおしました。
人間付き合い、仕事、時間、環境。

転機なら一層の事全部変えてしまえ!
ぐらいに思ったりもしてましたし。


ただゆっくり、自分らしく自分が居たいように居れる。
そんな環境であればそれでいいんじゃないかと。

寝て起きて、バイト先と家を往復するだけの毎日なんて絶対にイヤだし、
活力も楽しめる事もなければやっていけないし。
むしろ楽しむ事はやってくるんじゃなくて、自分から探しにいくぐらいでいたい。


自分らしく、全力で楽しめる毎日。


理屈っぽい自分の性格を理解した上で、
納得できるまで自問自答しました。
やっと突破口と一片の光が見えてきた感じです。



だからこうして言われて、ここで綴ろうとも思えるのだろうし。










大丈夫、僕はたくさんんの仲間と家族と大切な人たちに囲まれて元気にやっています。




またステージに立ちたいって、人のライブ見て思うし、
約束した仲間もたくさんいる。

今の自分のペースにはなるけど、
着実に確実に一歩を踏み出そうとはしているので。








またちゃんと書きます。

ブログもずっとここを続けたけど、
心機一転って感じで新しい場所作るか、
何かしらするかも知れないけど。



それと、ON THE WAYのホームページから着てる人が居たら、
ちょうど来月ぐらいにはレンタルサーバーの都合で閉鎖になると思うので、
しんごの方のブログ含めて、
ブックマークなりしてもらえると助かります。

新しいブログをどうするか探さないとね。
最近はずっとtwitterばっかり、楽してたけど
個人的にはやっぱりダラダラと長文でこうして書き綴るのも
苦じゃないみたいです。


逆にこっちしか知らない人の為に。
俺のtwitterのアカウント。

YusukeMatsumoto
@uskmtmt

で探してみてくださいな。


しょうもないこと、つぶやいてます。







これからもよろしくです。。




松本 雄介

遅くなりましたが。 

2010年09月28日(火) 0時08分
早いもので最後のライブから1週間が経ちました。


遅くなりましたが、来ていただいた皆さん。
来れなかったが何かしら、思っていてくれたり
応援をしてくれていた人。

本当に僕という人間、またON THE WAYに携わってくれたみんなに感謝。


ただその一言に尽きると思います。


個人的に苦悩していた時期、バンドとしてミーティングを重ねていた時期。
本当に色々なモノがありましたがこうして最後を迎えれた事は
少なからず幸せなのかなって思います。

泣くと思っていたけど、最後の最後は笑っていられました。
自分でも驚いていますが、本当に幸せな事なのかなと。



これ以上多くは話す事も無いのかもしれないし、
ちゃんと綴ろうと思っていたけれど、
実際にこうして何かを形にしようと思っていても、
当てはまる言葉も正直な表現も無い。

困った物です。




とりあえずは、息抜きというか自分の視野を広げて行けたらと思っています。
私事な近況報告だったりするかもしれないけど、
この場を借りてだったり、何かしらを発信できればって思ってます。

ON THE WAYのHP自体はサーバーの都合で12月には閉鎖する形になるとは思うので。

最期を決めて、元々なんらかの形で音楽を続けると思っていたけど、
やっぱり何かを形にしたいっていう気持ちを確認できました。

自分発信なのか、はたまた回りとか仲間とか色々な支えのお陰なのか。

絶対にまた来るから、って約束してしまった仲間が多過ぎるからね。


御楽人出ある前に、一個人としてもう少し充電して、また音楽してステージに立てるようにはしたいですね。

まったくというほど具体的な物が見いだせていないので、
まずは充電。

一回どこかで日常と切り離して旅行とか休暇欲しいななんて思ったりもしてますけど。


まぁ、また報告できればと。

ノープラン過ぎる感じなんですけど。
焦燥感に駆り立てられた毎日が無くなって、
こういう生活もあるんだって、毛儀らって居たけどこれもまた発見なんですかね。

何も見えていないけど、一番芯にある部分はブレてないから、大丈夫です。

僕が僕である事。
それだけで今は十分だし、もっと自分らしくある為に、これからを送れたら良いんじゃないかっておもいます。



頭ごなしに考えたり、
眉間にシワを寄せる前に、
まずはエンジョイ。




また書きます。


よろしくです。

東京2日間。 

2010年09月11日(土) 20時20分
無垢な幸せ。

そんな2日間でした。


今まで何度もライブをしてきた八王子MATCHVOX。
吉祥寺WARP。


ON THE WAYとしては、最後のライブをしてきました。
最後になってしまうというのが急な話でもあったけど、
今4人にできることは僕らの音楽をただする事。



こんな形になってしまったからとういう表現が正しいかどうかは分からないけど、
ただステージからの景色は本当にすごかった。

少なからず、こうしてずっと続けてきた事に意味と繋がりを感じれた、すごい大事な夜でした。


こうして慕ってくれる人がいる。
十二分に幸せじゃないかな?




そしてWARP。
ずっとお世話にしかなってない。
多くは語らなかったけど、
ただ、また待っているって言ってもらえた事。
それ以上も、それ以下も今はいらないし、本当に十分でした。







後10日で終ってしまう。
終えてしまう。

そう思いながらも、まだ実感が無いのが怖いんです。
あとステージに立てるのも1回だけ。




何ができるかとか、
考えてはみるけど蛇足なのかな?って辞めてしまったり。
実感がまだわいてこないから、分からないんです。


ON THE WAYのギタリストとして過ごしてきた5年強が終ってしまう。
でもギターを弾かなくなるわけでもないし、
音楽がこの世からなくなってしまうわけでもない。
ましてや俺の日常は今日もこうして流れている。


ただ、20日という日を節目に何か流れるものは変わるんですよね。

頭でわかっていても、まだ解りきれない。
そんな感じで、今は過ごしてます。

ただ、20日は最高のライブをしたい。
それだけです。

絶対に遊びに来て下さい。

よろしくです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:6弦魔法使い まつもと
読者になる
ギター好き、自転車好き時々カメラ。

ON THE WAYというバンドでギターを弾いてました。(過去形)
好きな物を好き、嫌いな物を嫌いっていうそういう場所です。

好物としましてはギター、自転車、漫画、アニメなど。
好き嫌いの激しいヲタク気質である。
好きな物、気になる物にはどっぷりとハマる。
逆にそうでない物には全く興味を示さない。

典型的なB型気質の人間である。

そんな自由奔放人間の綴り場。
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31