AIR JAM 2011。

September 28 [Wed], 2011, 3:26
年月日、から『ハイスタンダード。届け』3人の写真と同時の発表。心が震えて涙が出た。震災後の暗い日本に光が射したと本気で思った。あの発表から約ヶ月。年月日開催。ホントにたくさんの人が待ち望んでいた日。被災地に思いが届く日。そんな場所にいる事が出来た自分は本当に幸せだと思う。長くなりそうやけど、レポ書きます。日の夜中に車で大阪を出発。興奮と緊張で飯が喉を通らないし、眠気も全然なかった。名古屋辺りでの出来事がテンションを一気に上げてくれた。追い越された車から視線を感じふと見てみると、なんと助手席の窓からパーカーが見えたすぐさまこちらも答えるどうやらうちの車のピザロゴで気づいてくれたらしい次のパーキングでお互い車を止めて話してると、さらにエアジャムT着た人がホントにテンションが上がった記念に皆で写真撮ってから、横浜での再会を約束して別れた。大阪から時間かかって横浜に到着。すっかり日も明けてた。時頃に横浜スタジアムに着いたらすでに結構人が集まってた。時リストバンド交換。すでにこの時から異様な盛り上がり。時開場。アリーナの入場口には長蛇の列。開場の瞬間には、周りから歓声が湧いた。スタジアム内に入る時にはみんな声を上げて喜んだ。いにやって来た時分開演。難波さんが出てきていよいよのスタートの注意事項にちょいちょい難波さん入ってくるモッシュもクラウドサーフも来いってやっぱカッケーね磯部正文新曲新莉の風初の生イッソンハスキンは結局一度も見ることが出来ずやったからめっちゃ楽しみやった。一曲目からでテンション上がるしかも途中ゲストでドンドンも出てきたし、新莉の風とハスキンの曲も聞けて最高やったしかも最後には健さんのも好きやけど、イッソンの歌うはマジハンパないホントにあの声が大好きなんです初っ端のイッソンから泣いてたのはここだけの秘密です2ステージあるから転換時間無くすぐテンフィ始まったステージ側に行こうとするが、人の渋滞に捕まるまさかの始まりに移動しながら歌う曲目でようやくテンフィ側のブロック入れたバイブス、ストンパ、、飛ぶ、走る、踊る。全力。タクマさんので『ここにいるみんなと同じようにエアジャムと、ハイスタの復活を楽しみにしてた』って言葉にグッときた『ゆっくりな曲やります』って言ったから風くるかと思ったらストンコラストはで終了どっちのステージも一発目から激熱でしたあまりの暑さにいったん外へ。ほとんど移動しながら聞くことになったが、何曲か知ってる曲があったな。次の機会にはゆっくり見たいアリーナには戻らずバックステージ側でゆっくり見る事にした。めっちゃ会場全体を一望出来たただステージだけは見えなかった。『スキャフルキング始めます』からの会場がうねるアリーナもスタンドもホントにみんな楽しそうやった♪も上がった側は若干ステージが見えたカミコベでは見逃したから、神戸振りのから始まり会場が一気に熱気に包まれたアリーナからえげない数のダイバーが上がるそしてみんな若いマジカッコイイっす次の健さんのツアーではガッツリ見ようとスキャフルみたいに世代を代表するバンドが同じ会場で見れるとかホントにエアジャムは夢のようやと思った同じくバックステージ側で音だけ聞いてた。全然知らんかったけど、かっこよかった、曲聞いてから飯食べに行った。平成維新空からの力ハルマゲドン未確認飛行物体ドライブバイ真実の弾丸アポカリプスナウ見回そうキングギドラ楽しみにしてたけど結局間に合わず。残念。イッチャン来たハイスタまで移動しない事を前提で、二列目の真ん中のブロックにホンマ終始好きな曲ばっかやった途中ロンブー淳出て来たらしいがよく見えずイッチャンのステージはさすがやなぁと思った噛みまくってたけど異端坊この世讃歌八百万星平成ランチキ浮世の亡霊斑デ踊レ難波さんがオススメしてたバンド編成はかなりの大所帯で、和と洋が混ざった感じでなかなか渋かったパフォーマンスも良かったただ、時間が押したのを除けばワグダクは初見やし全然曲知らんかった。でも音圧スゲェからの根強いファンおるやろな西門の昧爽ベテルギウスの灯すでに前方のブロックは入場規制とかハイエイタスはいも大人見。でもすぐ横のテントが気になって音響さんと照明さん見てたこんなとこでオペレーション出来たら気持ちいいんやろなと妄想しながら、ハイエイタス聴き入ってました。ギミギミズすでに人いっぱいでステージほとんど見えず。日本の曲もやってくれたねリンダリンダですごい盛り上がり贅沢言うならカントリーロード聞きたかったな♪マキシマムザホルモン恋のメガラバ!シミ皆殺しのメロディ恋のおまじないからガン上がり『踊れー』からのメガラバテンションヤバスワピポ、ホルモン、シミで、ヘドバンナヲ姉がハイスタ3人とセフレとは知らんかったなんで、予想外の皆殺しのメロディととかマジやってくれるね当時の客席から見てた自分達に確実に胸張れるライブやったと思いますね賽の河原霹靂スクリーンにブラフの過去のエアジャムでの映像が流れる。そしてあのが『あの頃は今日みたいな若いバンドはいなかったよなぁ。どこいっちまったんだ年活動休止したり、解散したり、復活したりよ。今日という日を誰よりも楽しみにしていた始めます。』『今でも俺はあの時と変わらず、ライブ中に死んだっていいと思ってる。でも今日だけはライブが終わった後、次のバンドが見てぇ。』『俺は諦めねぇ東北の人達が元の生活に戻るのを諦めねぇ放射能の街に家族の団欒が戻るのを諦めねぇ子供達が幸せに暮らせる未来を作るために、俺たちはやっていく。変わらない日常変わらない世界変わらない自分本日晴天の』鳥肌立ちまくり、号泣しまくりは圧巻のステージやったこの日のライブは心の中に刻んだ。普通のフェスとかライブでは絶対感じれないくらい、会場の空気が異様な雰囲気やったホントに誰もが待ち望んでいた瞬間がすぐそこまで来てたスタンドがウェーブする絶景会場内に拍手が巻き起こるそして、とうとうその時が来たからハイスタが呼び込まれて、3人がモニターに映し出された瞬間涙が出た。難波さん、健さん、ツネさんが同じステージに立ってた。難波さんが喋り出す『潰れたら手を差し延べてやってくれあと子供の手はぜってぇ離すなよ輝くのを忘れんなよSTAYGOLD』その瞬間、会場全体が輝いた。伝説のライブって言葉をよく耳にするけど、間違いなくこの瞬間だと確信した。間違いないハイスタに出会えて良かったみんなの笑顔と泣き顔の入り混じった表情が頭から離れん。思い出すと涙が出る健さんの『俺らは日本を救うために集まった』って言葉がすごく心に響いた。最後には『また来年会おう』ってホントに最高の時間やった確実に届いたセットリストエアジャムの当選メールが届いた時はホント飛び跳ねるくらい嬉しかった。でもその反面周りの外れた人の多さに唖然とした。一般でもほとんどの人が取れなかった。自分の中でチケット一枚の重みがプレッシャー変わっていった。チケットにいては様々な課題があると思うけど、難波さんが次回に向けてもっといろんな対策を考えてくれてる。今回たくさんの想いを持ってエアジャムに向かった。そしてエアジャムからたくさんの物を貰った。あの空間にいた人に新しい出会いにハイスタの3人にホント心から感謝したいありがとう...STAYGOLD...最後まで長文読んで頂きありがとうございました。スターclub
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oxljq214nt
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oxljq214nt/index1_0.rdf