親こそ戸塚ヨットスクールに入校すべき〜死んでもいい覚悟で引きこもりを預けろ!!!〜

February 24 [Thu], 2011, 15:50
戸塚宏氏の問題は、単なる引きこもりと本当の精神病を区別できないところにある。本当の精神病であれば、死んでしまうだろう。まり、死ぬこと覚悟で入校させるならば、問題はない。どのみち、子育てに失敗して殺すか殺されるかの瀬戸際まできているのだから、死んでもいいと私は思う。戸塚ヨットスクールに預けるしかない親こそ、戸塚ヨットスクールで訓練すべきであることに、戸塚宏氏はまだ気づいていないコラム体罰は悪か。戸塚ヨットスクールの功罪平成ジレンマよりミク月日戸塚ヨットスクールの年そして、現在引きこもりの数は全国で万人。その半数近くが代だ。安倍内閣が掲げた再チャレンジは度重なる政権交代で雲散霧消し、就職氷河期が深刻mixiさを増す一方で、失敗した者が這い上がるための手だては、未だ整えられていない。引きこもりが長期化高齢化する中、彼らを受け入れ、再出発を支援している施設がある。戸塚ヨットスクール。年代、名の死者と名の行方不明者を出した戸塚ヨットスクール事件で日本を騒がせた、あの施設だ。ヨットマンだった戸塚宏が年に開いた戸塚ヨットスクールは当初、単なるスポーツ教室としてスタートした。しかしある時参加した児童が、不登校を克服したことが評判となって、次第に情緒障害児の矯正施設へと方向性をシフト。家庭内暴力などの非行少年を数多く受け入れ、体罰は教育の信念のもとスパルタ指導。マスコミはその取り組みを賞賛し、全盛期は人を超す訓練生が戸塚に在籍した。そんな折、戸塚ヨットスクール事件が発生。世間は一転、スクールを糾弾する。戸塚は逮捕され、傷害致死で有罪。体罰は学校教育におけるタブーとなり、戸塚ヨットスクールの存在は、世間の表舞台から姿を消していった。しかし年、刑期を終え出所した戸塚はすぐにスクールに復帰。訓練生と向き合う日々に戻る。代の戸塚はなぜ、再び闘うことを決意したのか映画平成ジレンマは、戸塚宏という昭和の怪物に密着。光と影光市母子殺害事件弁護団の日などの問題作を世に放ってきた東海テレビが、戸塚ヨットスクールを通して浮かび上がる、現代社会の歪みを描いた。平成ジレンマ東海テレビ放送だれがこの国をスクールの入学金は万円と高額だが、再入校の場合は免除。業後に失敗しても、何度でも復学が可能だ。体罰は封印されたものの、訓練生達は今も厳しい規律の下にあり、その単調さに耐えられず脱走する者も後を絶たない。戸塚らに強制力はなく、訓練生が自分の力で自分の人生を変えたいと気づく日まで、ひたすらサポートに徹する。ある日、いじめ被害で引きこもり、リストカットを繰り返していたという、歳の女子高生が入校してくる。スクールは通常、自傷癖のある者を受け入れていないが、弱り果てた母親を見かねて、戸塚が入学を許可。少女はぎこちないながらも他の訓練生とうち解け、笑顔を見せていた。しかし入校日後、突然スクールの屋上から飛び降り、死亡。一瞬の事故だった。本当に止められなかったのかスクールに責任はないのか年前と同じように詰問するマスコミに、戸塚は怒りを抑えなぜあんな子ができたのその元を追求してくれんかなあと問い返す。なぜ不登校は増え続けるのか。なぜ子供たちは引きこもるのか。誰が、彼らを救うのか。カメラの前で戸塚はふと本音を漏らす。見とったらわかると思うけど、誰もやりたないよね寧ろ、それを作らんほうに回りたいよね。教育の方にね。映画の終わり、スクールは新たに歳の引きこもりを迎える。彼を見める戸塚は、歳。もう一度、這い上がる。社会の片隅で、敗者たちのリベンジは続いている。キキニューススタッフ平成ジレンマ製作著作配給東海テレビ放送東海テレビ放送ナレーション中村獅童プロデューサー阿武野勝彦監督齊藤潤一月日土よりポレポレ東中野ほか全国順次公開東海テレビドキュメンタリー傑作選ポレポレ東中野にて月日土光と影光市母子殺害事件弁護団の日月日日罪と罰娘を奪われた母弟を失くした兄息子を殺された父月日月村と戦争月日火約束日本一のダムが奪うもの月日水毒とひまわり名張毒ぶどう酒事件の半世紀月日木検事のふろしき月日金裁判長のお弁当
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:寒天プール
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oxgenshwcr/index1_0.rdf