膝に水がが貯まることと運動の関係

November 05 [Wed], 2014, 21:36
膝にある関節液は膝の動きを滑らかにする役割をを持っていますが、その状態によって関節液が貯まることがあり、そのことを「水が貯まる」と表現されることが多くなっています。この水とはもちろん関節液のことですが、貯まる条件としては軟骨が磨り減る、半月板に傷ができるなどが挙げられます。軟骨が磨り減るとは、骨と骨の間にあるクッションの役割を担う軟骨が磨り減ることでスムーズな動きが弱まることに対して、体がより多くの関節液を供給することで対処しようとしているものです。半月板に傷があり動かすときに痛みを感じる場合であれば、関節液が熱を帯びることもあります。しばらくの間運動をしなければ関節液は減りますが、クッションの役割を担う軟骨は栄養素を関節液から得ているので動かしてやる必要があります。膝に痛みを感じたり、水が貯まる症状を感じたら、まず医師の診察を受ける必要があります。その上で、ゆっくりした間接運動などを行うことが大切です。頭頂部薄い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:てつじoxextci5
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oxextci5/index1_0.rdf