アンジーのララ・クラフトにセクシー女優キム・カーダシアン!? / 2010年06月07日(月)
アンジェリーナ・ジョリーが演じてきた『トゥームレイダー』シリーズの前章で、29歳のセクシー女優キム・カーダシアンがララ・クラフト役の最有力候補に挙がっている、と米テレビ番組エクストラ!が報じている。

【写真】ララ・クラフト役の最有力候補はキム・カーダシアン

関係者の話によれば、「次回作は3D版になるでしょう。ララの若いときがメインのストーリーでティーンエイジャーが対象なので、アンジェリーナの代わりにミーガン・フォックスに白羽の矢が立っていると噂されていましたが、今はキムが、最有力候補として交渉中です。キムもララを演じたいと願っている」そうだ。

モデル出身のキムは、テレビ女優としてもリアリティー番組に出演しているが、タブロイド誌を賑わすのはセクシーな風貌で、女優としてのスキルはほぼゼロに等しい。アンジーも最初はモデルだったが、『トランスフォーマー3』の主演にも演技の経験がないヴィクトリア・シークレットのモデル、ロージー・ハンティントン・ホワイトレイが抜擢されており、ハリウッドのセクシー&若者志向はますます加速しているようだ。【NY在住/JUNKO】 6月7日10時27分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000004-mvwalk-movi
 
   
Posted at 10:30/ この記事のURL
【ゲームニュース一週間】DSiウェアを色んな人に届けるには? / 2010年06月07日(月)
ダウンロードゲームに関して業界から提言がありました。

DSiウェア『Move your Brain - Rollaway Puzzle』を作ったAssoriaのStphane Capo氏は「単にゲームを出しただけでは目標の層へ届かなかった」と語ります。

「ゲームサイトを通してマーケティングしたが、必ずしも子供やカジュアル層といった目標には届いていなかった。彼らはDSiウェアがダウンロードするものだと知っていても、App Storeほど分かり易くないと感じただろう。まずニンテンドーDSiをwi-fiに接続する必要があるし、ニンテンドーポイントをクレジットカードで買わないといけない。我々は最初のゲームを出せて満足だが、多くの間違いを犯したことも知っている。将来のタイトルではこれを繰り返さないようにするだろう」

ダウンロードゲームは通常よりも低予算で作れるため、カジュアルな作品を作るのにもってこい。しかし、その情報はターゲットとする層へは届きにくいようです。それというのも広告費をかけられないため。「失敗」と言い切るということは、子供やカジュアル層はCapo氏のゲームが出たことさえ知らなかったのかも知れません。

このケースでは低予算であるということがプラスとマイナスの両方にはたらいています。低予算でフットワーク軽く作れたものの、充分な宣伝はできなかったのです。理想としては「低予算でスタート」→「ネットなどで口コミになる」→「口コミが口コミを呼んで売れる」→「低予算ゲームなのに宣伝効果は大作以上」というルートですが、現状は口コミの規模が充分ではないということのようです。

氏はDSiウェアとApp Storeを比較しますが、DSiウェアがApp Storeのように買えればどうでしょうか。iPhoneのように特別な設定なくしてネットワークに繋がり、ショップにアクセス可能。わざわざニンテンドーポイントを買わなくても、クレジットカードで決済できる。ソフトは買いやすくなるでしょうが、子供に持たせるには二の足を踏んでしまいます。パケット代や使用金額の上限はどう設定するのか。設定できたとして、それは子供が簡単に解除できないものなのか。

ニンテンドーDSの全世界累計販売台数は1億台を超えています。子供に買い与える理由として「安全である」ことが大きいのではないでしょうか。パケット代ともクレジット情報とも無関係。有料ポイントとして「ニンテンドーDSiポイント」がありますが、これも登録した分以上には使えません。ゲーム機という役割に徹しているため、外界と繋がるルートが限られており、分かり易く安全なのです。

「ニンテンドー3DS」でもこの安全路線は引き継がれるのではないでしょうか。DSiウェアの売り方はこのままで良いか…というとそんなことはありません。

デベロッパー(開発会社)の人もお金がなければ生きていけないのです。
安全を確保しつつDSiウェアの知名度を増すにはどうすればいいのでしょうか。買ったゲームを他の人に渡せる「プレゼント機能」をDSiウェアにも実装する。デベロッパー(開発会社)側が低予算で作れ、高い宣伝効果が得られるように任天堂がこれまで以上の規模で宣伝を代行する。優れたアイデアはフルプライスの作品にするルートを確立する。名作をひとまとめにし、「DSiウェア傑作選」を通常ルートで販売する。この辺りは皆さんの方が良いアイデアをお持ちなのではないでしょうか。

『Move your Brain - Rollaway Puzzle』はニンテンドーDSiのカメラを応用することで、追加のハードウェア無しに「ゲーム機を傾けてコントロールする」ことを実現しています。こうした優れたアイデアがただ埋もれることのないよう、ゲーム機としての安全性とDSiウェアのセールスが両立するような施策が求められるのではないでしょうか。

【6月7日0時0分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000000-isd-game
 
   
Posted at 10:29/ この記事のURL
どんな地形でもどんとこい! 小型4足ロボットLittleDog / 2010年06月07日(月)
小さくなっても相変わらずキモいなあ。

蹴飛ばされようがなにしようが転ばないBigDogを覚えてるでしょうか。あの4足ロボットが小さくなってLittleDogとして登場です。


【 小型4足ロボットLittleDog(動画)】

LittleDogはDARPAのロボット研究の一環としてUSCで開発され、岩山や階段など障害物を乗り越えて進むことができます。初期の頃は足元がおぼつかなかったですけど、今ではすっかりその弱点も克服しましたよ。

特に改善されたのは足元が悪い場所を自動的に学習して、良い足場を選ぶところ。これにより何回か歩くと滑り落ちることなく確実に歩くことができます。とはいえ、結局は人間がプログラミングしていることには変わりありませんからね。ロボドッグを見つけたら速攻で前足を蹴飛ばして、他の脚に引っかけてみて下さいよ。さてどうなることやら。


参照サイト:http://www.youtube.com/watch?v=nUQsRPJ1dYw [YouTube]

Kyle VanHemert(野間恒毅)

【6月7日10時24分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000303-giz-ent
 
   
Posted at 10:28/ この記事のURL
日本初公開「フェラーリ 458イタリア」 / 2010年06月07日(月)
 フェラーリ・ジャパンは5月29日、30日の2日間にわたり「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催。その会場において、話題のニューモデル「フェラーリ 458イタリア」の発表会見が行なわれた。日本で初めての公開となる。

【拡大写真や他の紹介写真】

 会見にはフェラーリ・アジアパシフィック/フェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのエドウィン・フェネック氏、フェラーリS.p.A コマーシャル&マーケティングディレクターのエンリコ・ガリエラ氏、プロダクトマネージャーのアンドレア・バッシ氏が出席した。

 「フェラーリ 458イタリア」は、F430の後継となる新型V8ミッドシップシリーズ。アンドレア・バッシ氏がその紹介の中で「ニューモデルを開発するとき、私たちは、従来とは違うものを開発しようと挑戦している」と語るとおり、F430から完全にリニューアルされたシャシー、新型エンジン、新開発サスペンションなどが与えられており、そのパフォーマンスはF430を圧倒するものとなっている。

 ダイナミックなスタイリングが印象的な458イタリアのスタイリングだが、その内には大型ウイングなどの追加空力パーツの助けを借りることなく、ボディ本体のみで強力なダウンフォースを得られるよう設計されたエアロダイナミクスが隠されている。特に新しい機能として注目されるのが、ノーズ部分に備わるカモメの翼のような形をした黒いウイングレットだ。

 このウイングレットは弾性を持った素材によって成形されており、速度の上昇に応じて増加する空気の流れによって変形。走行シーンに合わせてダウンフォースの発生や空気抵抗の減少に大きな効果をもたらすという。完全新設計となるシャシーはアルミニウムと新合金とを組み合せた軽量構造を持つ。航空産業向けに開発された革新的な製造工程を取り入れることで、軽量化とともに剛性アップも実現した。

●最高時速325キロをたたき出す新型V8エンジン

 新開発の排気量4.5リットル直噴V型8気筒エンジンは最高出力570馬力/9000rpm、最大トルク540ニュートンメートル/6000rpmを発揮する。最高出力はF430の490馬力を大幅に上回る。またトルクについても約15%向上し、さらに3200rpm付近で最大トルクの80%を発生させるというフレキシブルな特性が与えられている。

 組み合わされるトランスミッションは、7速デュアルクラッチタイプのF1ギアボックス。シフトチェンジ時の反応速度は、カリフォルニアに採用される同システムのF1ギアボックスよりもさらに短縮され、ギア比も専用となる。最高時速は時速325キロ以上、静止状態から時速100キロまでの加速は3.4秒未満と発表されたが、こうしたパフォーマンス向上の一方でエンジン内部のフリクション低減や車輛重量の軽量指向などにより燃費性能の向上(13.3リットル/100キロ)、CO2排出量の削減(走行距離1キロあたり307グラム)も実現している。

 運動性能面においては軽量・高剛性シャシーとともに、新開発サスペンションの採用にも注目したい。サスペンション形式はフロントダブルウィッシュボーン×リヤマルチリンク。新形状アームの採用によって、優れた乗り心地シャープなハンドリングとを両立するためのベースを固め、さらにショックアブソーバーには、内部フリクションの低減や制御系の刷新などにより第2世代に進化した磁性流体によるアクティブサスペンションシステム「SCM2」を採用。スーパースポーツらしい究極の走りの世界とともに、卓越した快適性をも手に入れている。

 また車輛ダイナミクスの制御ロジックも新たなステージに入った。従来個別の制御ソフトウェアにより管理されていたトラクションコントロールシステムであるF1-Tracと、電子制御デファレンシャル機構のE-Deffとが、同一ECUによって制御されるようになった。これによりF1-TracとE-Deffの統合動作が進化し、ハイグリップ路面に特化した設定が可能となったという。

 458イタリアは、フェラーリ社テストコースの「フィオラノ・サーキット」では1分25秒のラップタイムを記録。これはF430をサーキット走行に特化させた高性能バージョン「F430スクーデリア」と並ぶもので、そのポテンシャルの高さをうかがうことができる。フェラーリのラインアップにおいて常に絶大なる人気を誇るV8ミドシップシリーズ。その最新モデルとして公開された458イタリアは車両価格2830万円と高価なモデルであるが、早くも多くの予約受注を抱えており、すでに納車は2年待ちとのことだ。【日岐まほろ,エキサイトイズム】

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【6月4日10時6分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000004-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 10:27/ この記事のURL
イスラエル、ガザ支援船との通信記録で「編集」認める / 2010年06月07日(月)
(CNN) イスラエルが5月31日に拿補(だほ)したパレスチナ自治区ガザ支援船団との通信内容を公開したテープに、船団側からとされる反ユダヤ、反米的な暴言が録音されていたことについて、同国は6日、テープを編集していたことを認め、発言者は特定できないと述べた。

イスラエルが4日夜に公表した26秒間のテープには、同国軍が船団に発した警告に対し、「黙れ、アウシュビッツへ帰れ」「われわれはアラブの対米闘争を支援している。9.11を忘れるな」と応答する音声が入っていた。船団を組織した団体側は、テープを操作したとしてイスラエル当局を非難していた。

イスラエル軍は6日、新たに約6分間のテープを公表。これには、最初のテープに入っていなかった雑音、そして、同じ周波数帯で交わされていた他言語での通信などが含まれていた。軍はウェブサイト上で、1本目のテープでは船団側とのやり取りを聞き取りやすくするため、交信のない部分や聞き取れない言葉を削除していたと説明するとともに、どれが船団側の応答だったのかは特定できないと述べた。


【6月7日10時18分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000000-cnn-int
 
   
Posted at 10:26/ この記事のURL
鳩山総理、辞意表明 「クリーンな民主党に」 / 2010年06月07日(月)
鳩山由紀夫総理は2日朝、小沢一郎幹事長に電話で辞意を伝えた。また、同日10時00分過ぎの民主党両院議員総会で経緯を説明。

「私もひきます。しかし、幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい。そのことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党を作り上げることができる。そのように申し上げました」

小沢幹事長も幹事長職の辞任を了解した。



《レスポンス 中島みなみ》

【6月2日12時24分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000005-rps-soci
 
   
Posted at 10:25/ この記事のURL
【COMPUTEX Taipei 2010】大手半導体6社、コンシューマー・デバイス向けLinuxの支援団体「Linaro」を創設 / 2010年06月07日(月)
 大手半導体メーカーの英国ARM、米国Freescale、米国IBM、韓国Samsung、スイスST-Ericsson、米国Texas Instruments(TI)の6社は6月3日、AndroidやMeeGo、Ubuntuなど、コンシューマー・デバイスで使われるLinuxディストリビューションの改良を支援する非営利のソフトウェア開発団体「Linaro」を創設すると発表した。

【詳細画像を含む記事】

 Linaroの目的は、エンタープライズ領域での成功に続いて、TVやタブレット・デバイス、スマートフォン、ネットブックなど、WindowsやSymbian、 Blackberry、iPhone OSなど大手企業のOSが優勢を占めるコンシューマー・デバイスの分野でもLinuxを広く普及させることにある。

 ARM Holdingsの上級副社長で、Linaroの暫定CEOを務めるトム・ランツシュ(Tom Lantzsch)氏は、台北で開かれた記者会見において、「創設メンバー企業6社は、年間数千万ドルの資金をLinaroに提供することを約束する」と語った。

  Linaroはあらゆる企業に門戸を開いている。メンバー企業はオープンソース開発リソースをLinaroに提供し、幅広いオープンソース・プロジェクトに貢献する。声明によると、LinaroはLinux Foundationとパートナーシップを組み、基本的な活動方針を一致させる。

 Linaroで活動するエンジニアは現在20人程度で、ランツシュ氏は、近いうちに100人以上に増える見込みだと語った。

  Linaroでは、創設メンバー企業が製造するチップ(主にARMコアを採用したチップ)に対応したLinux向けの開発ツールを作成する計画だ。スマートフォンなどの小型デバイス向けに設計されたチップは、チップも小型でなければならないうえに、Webやネットに常時接続するための膨大な技術を必要とする。半導体メーカーはしばしば、ソフトウェアによってチップの能力をさらに引き出すことができると指摘する。

 LinaroはARMとのつながりが密接な団体だが、Intelの参加も歓迎するとし、あらゆるプロセッサ向けのツールを提供する計画だとしている。Linaroが声明の中でその存在を強調した「MeeGo OS」は、IntelとNokiaが小型デバイス向けに開発したものであり、ARMやIntelのAtomなどのプロセッサをサポートしている。

  Linaroは、6カ月ごとにソフトウェア・ツール、カーネル、ミドルウェアをリリースしていくことを目指している。これらのソフトウェアは、あらかじめ幅広いチップに対して検証されたうえで配布されるため、デバイス・メーカーが製品の市場投入をスピードアップするのに役立ちそうだ。

 Linaroですでに行われているプロジェクトの例として、デバイス上でのLinuxディストリビューションの起動を高速化するカーネル技術に関するものがある。

(Dan Nystedt/IDG News Service台北支局)

[IDF 2010]インテル、中国で「MeeGo」をアピール――中国テンセントと協業で専用アプリを開発へ
[IDF 2010]インテル、Atom搭載スマートフォンに「Android」OSを移植
[MWC 2010]インテルとノキア、Linuxベースのモバイル向け新OSをリリース
ノキアとインテルが新たなモバイル・アーキテクチャの開発で協業
[IDF 2009 San Francisco]Moblin搭載ネットブックで反転攻勢を目指すLinuxコミュニティ 6月4日19時12分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000004-cwj-sci
 
   
Posted at 10:24/ この記事のURL
MSIブースで、もう1つの「Wind Pad」と「次世代」マザーの謎な機能をチェックする / 2010年06月07日(月)
 MSIがCOMPUTEX TAIPEI 2010で披露した数々の新世代製品の中から最もインパクトを与えたものとして、タブレットデバイスの「Wind Pad」とコンセプトモデルのノートPC「Sketch Book」は外せないだろう。

【拡大画像や他の画像】

 Wind Padについては、開催前日に行われたプレスセッションで明らかにされた情報を紹介しているが、そのときに詳細が不明だったハードウェアスペックと、“もう1つ”のWind Padに関する情報をここでまとめてみたい。

 また、展示ブースには“忘れちゃいけない”PCパーツも多数展示されていた。特に2010年の年末に登場が予定されているインテルの次世代CPU「Sandy Bridge」に対応するといわれている未発表の「Intel 6 シリーズ」チップセットを搭載したマザーボードのサンプルが、MSIでも展示しているが、そこには、従来からあるMSI製のハイエンドマザーボードで導入されてきたオーバークロック機能以外に、「正体不明」なスイッチが実装されていた。ここでは、そのサンプルの姿もチェックする。

●AndroidなWind Padは“新世代Tegra”を採用する

 Wind Padには、同じ10.1型ワイドのマルチタッチ対応液晶ディスプレイを搭載したスレートタイプのタブレットデバイスながら、CPUにAtom Z530(TDP2.4ワット、動作クロック1.66GHz)と搭載して、OSにWindows 7 Home Premiumを導入した「Wind Pad 100」のほかに、CPUにデュアルコアARMを統合したNVIDIAの「新世代Tegra」を採用してOSにAndroid 2.0を導入した「Wind Pad 110」が用意される。

 Wind Pad 100のハードウェアスペックは、メインメモリ容量がDDR2 2Gバイトで(メモリスロットは1基)、データストレージにはシステム基板にオンボードで実装する512Mバイトのフラッシュメモリと、32GバイトまでのSDHCカードを利用できる。さらに、オプションとして32GバイトのSSDの搭載も可能としている。

 無線接続は、IEEE802.11 b/g/nのほかに、3Gデータ通信モジュールも内蔵できる。また、有効画素数130万画素のWebカメラとGPSモジュール、加速度センサーも組み込み可能だ。このほか、ボディに搭載されたインタフェースにはUSB、mini USB、Mini HDMI、SDメモリーカードリーダー、SIMカードスロットがある。

 ボディサイズは274(幅)×173(奥行き)×16.6ミリでバッテリーを搭載したときの重さは約800グラムとされている。また、この状態でバッテリー駆動時間は約8時間になるという。

 一方で、NVIDIAの新世代Tegraを採用したWind Pad 110のハードウェアスペックは、重さは800グラムより少なく、バッテリー駆動時間はWind Pad 100の2割増しといわれている。Wind Pad 100が10時間のバッテリー駆動が可能なので、Wind Pad 110は12時間の駆動が可能ということになる。

 展示されていたサンプルでは、本体搭載のインタフェースとして、mini USB×2、Mini HDMI、SDメモリーカードリーダーを備えていた。また、無線接続もIEEE802.11 b/g/nに対応するという。

●“謎のボタン”を載せるIntel 6シリーズマザーボード

 Sandy Bridgeに対応する次世代チップセット「Intel 6 シリーズ」を搭載したマザーボードとしてMSIが展示していたのは、「P67A-GD65」と「H67MA-GD65」の2モデルだ。P67A-GD65はATXフォームファクタ対応で、MSIの命名ルールからすると、搭載するチップセットの名称は「Intel P67 Express」である可能性が高い。一方、H67MA-GD65はmicro ATXに対応するマザーボードで、こちらも同様の理由から、搭載するチップセットの名称は「Intel H67 Express」と推測できる。

 どちらも、GD65系列ということで、ゲームユーザーを意識したオーバークロック関連の機能がマザーボードに実装される。既存の同社マザーボードで採用されている「OC Genie」ボタンや、ベースクロックを直接設定できるディップスイッチ、そしてオンボードの電源、リセットボタンなどがサンプルにも用意されるが、OC Genieボタンが2つ並んでいて、基板の刻印にそれぞれ「DOC1」「TURBO1」と記載されいる。

 MSIのスタッフは、この機能について明らかにしていないが、専用コントローラを設けたUSB 3.0とSerial ATA 6.0Gbpsとともに、「多機能で存分に遊べる」マザーボードとして登場することが十分に予想される。【長浜和也】

【6月7日10時6分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000013-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 10:23/ この記事のURL
Webとメールに対応したゲートウェイセキュリティの仮想アプライアンス(トレンドマイクロ) / 2010年06月07日(月)
トレンドマイクロ株式会社は6月3日、ゲートウェイセキュリティの仮想アプライアンス「Trend Micro Enterprise Security for Gateways(TMESG)」を6月17日より新たに受注開始すると発表した。また、現在販売中の仮想アプライアンス製品の低価格化を実施した。本製品は、「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance(IWSVA)」および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance(IMSVA)」で構成されるスイート製品。

本製品は、企業のゲートウェイに求められるWebとメールのセキュリティ対策を、同社がカスタマイズしたOSとソフトウェアをパッケージにして提供する仮想アプライアンス。OSとソフトウェアを導入時に個々に設定することや、各々の運用におけるパッチ管理の負荷が軽減されるほか、導入前の検証や環境に応じた柔軟な規模拡張が可能となっているなど、仮想環境ならではの利点を装備する。1年間のサポートサービス料金を含めた1アカウントあたりの料金は1,780円となっている。


【6月4日12時5分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000004-vgb-secu
 
   
Posted at 10:21/ この記事のURL
セナ、左近との交代報道を否定。チーム代表「セナの今後に期待」とコメント / 2010年06月07日(月)
 今週、イタリアのメディアが、HRTはブルーノ・セナに代わって山本左近をレースドライバーに昇格させることを検討しているのではないかと報じたが、セナがそのウワサを否定した。また、チームプリンシパルのコリン・コレスは、セナが今後いい仕事をしてくれることに期待していると述べている。

 イタリアのアウトスプリント誌は、HRTはセナの代わりにテスト&リザーブドライバーの左近を走らせることを検討していると報じた。しかしセナは twitterを通じてファンにメッセージを送り、このウワサを否定した。セナは以下のようなツイートを投稿している。
「みんな、たくさんのツイートありがとう。インターネットで言われているウワサは本当じゃないからね。カナダを楽しみにしている。じゃあまたね!」

 またチーム代表のコレスは、3日、チームの公式サイトで発表したインタビューで、レースドライバーのカルン・チャンドックとセナについて、次のように語っている。
「カルンとブルーノはとても才能のある若いドライバーで、シーズン序盤戦を通して成長してきた。ブルーノはイスタンブールの予選でとてもいいパフォーマンスを見せたし、カルンはモナコでいいレースをした。残念ながらブルーノは燃料のピックアップのトラブルで、カルンはレースアクシデントで、それぞれいい結果を出せなかった。ブルーノとカルンが今後のレースでいい仕事をし、チームの全体的なパフォーマンスが向上することに期待しており、またそうできるという自信も持っている」

 また、テスト&リザーブドライバーの左近とクリスチャン・クリエンについてコレスは、「(金曜フリープラクティスで走行し、)ふたりともいい仕事をしてくれた。エンジニアがより多くのフィードバックを得ることができた」と語っている。

[オートスポーツweb 2010年6月4日] 6月4日19時1分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000003-rcg-moto
 
   
Posted at 10:20/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!