エクセルの歴史

May 24 [Thu], 2012, 11:22
現代はパソコンの時代と言ってもいいでしょう。
そのパソコンで使用されるマイクロソフトの表計算ソフトであるエクセルの紹介をしましょう。
パソコンを使用して居る人であれば、エクセルと聞いて早速わかるのでは無いでしょうか。
それほどにエクセルは人気の高いソフトです。
このエクセルはマイクロソフトの歴史のなかでも初期のころから販売されて居るものです。
その歴史はウィンドウズよりも古いのです。
最初はMS-DOS用の表計算ソフトとして誕生しました。
当時はLotus社の1-2-3と競合していました。
使用感については1-2-3の方が優れており、エクセルは販売量について大きく差をつけられていたのです。
まだ、当時のパソコンはDOSベースであり、CPUの処理速度も十分では有りませんでしたから、そのようの時代にGUIによる操作を前面に出していましたから、使い手にとっては違和感の大きいものだったとかんがえられます。
それから、ウィンドウズの時代に入って、ようやくエクセルの人気が出てくるようになりました。
ウィンドウズのインターフェースはエクセルのものをベースに創られたと言われています。
GUIの操作方法についてエクセルは先進的であったと言うことでしょう。
CPUの処理速度が向上し、GUIがスムーズに動くようになってからはエクセルの独壇場となりました。
1-2-3は次第に淘汰されていったのです。
現在ではほとんどのパソコンにエクセルを含むマイクロソフトオフィスがインストールされています。
エクセルを使えることが当たり前の時代となったのです。
エクセルを使用することによって、複雑な計算や処理の簡略化が可能です。
だけど、そのような機能を利用して居る人はわずかであるとかんがえられます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:owuluwo8428
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる