チュウサギの和(のどか)

February 17 [Fri], 2017, 15:24
私がなぜ便秘になったかというと、運動不足にあるのだと思います

会社への毎日車で通勤しているので、あまり歩く事もありません。犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩に出るようなこともありません。そのような事情で、私は便秘がちなのではないでしょうか。便秘の改善にもなるはずなので、ウォーキングをすることにしました。俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。これって知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めてわかった事実です。

便秘に良い食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食材などです。しつこい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態に到達しています。少しでも早く、この状態を解放して、軟らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。結果 インフルエンザの検査が受けられますよとすすめられました。

私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を頂けるので、検診したいと願いました。インフルエンザは風邪とは異なるもの知られています。症状は1日から5日あたりの潜伏期間後 急に高熱にまで達し、それ症状が3日から7日続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に少しのが見られます。しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。私はアトピーに最適な化粧水を使い続けています。

友人に教えてもらった化粧水は、私の悪化したアトピーを想像以上にきれいに整えてくれたのです。今まで嫌いだった鏡を見るのが、嬉しくなりました。

触る度にお肌がスベスベしていることを感じられます。

インフルエンザにならないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。大体1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組がありました。私の娘が受験生でしたので、それ以降 ずっとヨーグルトを食べさせています。腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。乳酸菌が身体に良いものだということはわりと知られている事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。これについても事実かもしれません。

それは、体質には個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効果の出るお薬ではないからです。自分に合うかどうか確認してから考えてください。元々 乳酸菌 ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る能力があるのだそうです。ノロウィルスの対策に良いと考えられているのですね。近頃は、様々な感染症の話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少ない状態になっていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が落ちています。ここを補って健康な状態に戻すには、保湿することがとても重要です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使用しなければならないのです。

病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などに5日間出席することができなくなります。仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱の症状は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。

たとえ平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、うつしてしまう場合があります。なのでお休み期間は守ることが集団感染予防には必要なことです。子供のインフルエンザを防ぐための注射に出かけました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射を接種しています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。必要以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も語れませんでした
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる