ある種、自信。

September 16 [Fri], 2016, 0:30
お久しぶりです。みっくんです。

未だに大学にいます。
といっても、もう正規の学生ではないんですけど。


この前ある本を読んでいて一つわかったことがあったので、それを書き留めようと思い、ブログを書きます。



私、「今なにやってるの?」って聞かれたら、
「大学院で非正規の学生として研究してる」
って答えます。

はい、研究しています。

なんか小難しい、堅苦しい感じしますよね。
まあ確かにそういう部分があるのは否定はできないですけど。

でも私、そもそもは勉強って大嫌いです。
もう言い切ります。勉強は大嫌い。
毎日コツコツ〜ってのも嫌いですね。
めんどくさいでしょ。
私には基本苦痛な作業ばかりです、勉強って。

そんな私が義務教育を出て、高校、大学、大学院まで行くって、自分でも不思議です。
特に高校のときなんて、英語や数学のテストでしょっちゅう赤点取って、補習授業を受けることがありました。
夏休みの宿題をやらずに提出しなかったこともあります。
急激に大人への反発心が強くなって、やる気もなくなって。
とにかく悲惨でした。

そんな私が今は、辞書を駆使して英語の論文をなんとか解読しようとしたり、統計ソフトを駆使して取ったデータを分析したりしているわけですから。
だいぶ更正しましたね(笑)

だけど今もめんどくさがり、無気力というベースは変わってません。
ほんと、やりたくない。



先日、とある学術の学会によって開催された大会というものに行ってきました。
「学会で研究発表をする」と言う時の「学会」は、たいていこの学会が開催する「大会」というのを指しています。
そこで私も地味に自分の研究を発表してきたわけなんですが。
これがまあ、当日まで憂鬱で憂鬱で(笑)
自ら発表の申し込みをしておいて、ですよ。

でも終わってしまえばどうってことなくて、むしろ一段落したような、軽い達成感のようなものがあったりして。


学会発表が終わって、今は論文作成に取り組んでます。
これもまた、やろうと思うと「嫌だなぁ〜」「やりたくないなぁ〜」って気持ちが真っ先に湧いてきてしまって。
取りかかり始めたらそれなりにはやりますけど、締め切りみたいなものがギリギリまで迫ってこないと始められなかったり。

なんというか……クズですわ、端的に言うと。



あるときね、やりたくないのにやるって変だよなーって思ったんですよ。
勉強嫌いだったら、早く職に就いて勉強から逃れたいって思うのが普通でしょ。

でも敢えて勉強の道に進んで、敢えてそこに留まってるんですよ、私。
勉強嫌いなのに。
おかしいでしょ?

今の研究テーマにものすごく関心があるわけでもないし、これやっててなにか資格がもらえるわけでもないし。
それでも自分で敢えてとどまってるってことは、絶対なにかしらのメリットがあるはずなんです。

それがね、今まで自分でもわからなくて。
実はずっと悩んでたんですよ。
クッソどうでもいい悩みですよね(笑)
でもこれが私にはとても重要で。


今までずっと、罪悪感があったんです。
やりたいことがあってそのために頑張ってるんなら、たとえ安定した職に就いてなくてもそれなりに正当性はあると思うんです。
でも、やりたいわけでもないのに、それをやるために親のすねかじり続けてる(実家暮らしなんで家賃も払わなくていいし、食費・光熱費も出してもらってるって意味です)って訳わかんないじゃないですか。

「ほんとただ就職したくないだけのクズ野郎だな」って。
自分に呆れました。
それで、ほかの道を真剣に考えようとしました。
その矢先です、とある本に出会ったのは。

その本を読んでいて、教えられました。


憂鬱なことをやった先にあるもの。
それが私が今ここにとどまってる理由なんだって。

憂鬱なことを乗り越えた先にあるのは、達成感や開放感。
これってすごく快感なんです。
アドレナリンがバァァーって出てる感じ。
この快感、どうやら中毒性が高いみたいでして(笑)

嫌なことを嫌々やり始めて(やってる最中は案外没頭してる)、終えると達成感や開放感という大きな快楽を得て、また次の嫌なことに取り組む。そしてまた大きな快楽を得る。その繰り返し。


このことに気づいて、ホッとしたんです。

あったじゃない、快楽!って。

好きなことやってたんだ!って。

勉学よりも嫌なことからただ逃げてるだけなのかもって気がしてたから、そうじゃなかったんだ!って。
腑に落ちて。
ホッとして。
嬉しくて。



だから、もうちょっとやってみようって。

もちろん現実的な問題はいっぱいある。
金銭的なこととか……年齢的かつ女性的なこととか(笑)
両親ももう歳だし、この先ますます問題は増えるだろうけど。
けど、もう少し、もう少しだけ私に時間をください。



やりたいことがあるの。










……とりあえずアルバイト増やそうかな(笑)

スマホを変えたんですけどね。

November 07 [Sat], 2015, 23:36
随分前なんですけど、スマホを変えたんですよ。
というか、携帯会社自体を変えたんですよ。
(auからY!mobileにしたんです)

で、スマホも新しくなって、メールアドレスも変わって、
「メールアドレス変更しました!」
なんてメールを送ったわけなんですが、

届かないんですよ。
エラーメールが返ってきちゃって。
届く人には届いたんですけどね。

あ、よくある気まずいやつ、ではないです(笑)

Y!mobileのキャリアメールが非常に使いづらくて、Gmailから送ったんです。
そしたら、おそらく迷惑メール設定をしてるんでしょうね、届かない人が数人いて。

しかたがなくY!mobileのメールアプリで送ったんですけど。

数ヶ月経ってそのアプリが、
「ごめん、迷惑メール設定してる人には届いてなかったわ」
みたいなお知らせを表示したんです。

えぇっ!?Σ(゚Д゚) ですよ。

でももうこっちも送り直すのが面倒臭くて(笑)
まあ、電話番号は変わってないし、私にどうしても連絡したい人は電話なりなんなりしてくるだろうと。
なので、結局メールは送らずじまい。

こういうとき、その相手の人たちとは連絡取り合うことなんてない(つまりもともと繋がっちゃいない)わけなんですが、なぜか「繋がりが消えた」と感じるんですよね。
不思議。


他人との繋がり。
あるようで、ないようで。

でも、連絡を取ることがなくても、自分が「あの人と繋がってる」と思えば繋がってる感覚はそこに確かにあって、そういう感覚を持てることが大事なんだろうなぁと。
そんなことを最近考えています。

夢をかなえるゾウ。

August 30 [Sun], 2015, 2:36

水野敬也(著)『夢をかなえるゾウ』飛鳥新社
定価648円+税

いつ買ったんだろう。
断捨離中に発見した積読(つんどく)本の一つ。
文庫本になる前からこの本の存在は知ってたけど、あまり興味が湧かなくて、文庫になったということで買ってみた本。
何か汚れちゃってたし捨てようかなと思ったものの、一応少し中身を見てから捨てようかなーと読み始めたら、ちょっと面白かったっていう。2日で読み終わりました。

体は人間、顔は象というインドの神様「ガネーシャ」(なぜか関西弁)が、変わりたくても変われなかった一人の男を成功に導くという、なんとも奇抜なストーリー。

・・・・・・こういう感じ、忘れてたなぁ。
そういえば私も変わりたいって思ってたんだっけ。

一時期自己啓発本ばかり読んでたので、正直言うと、どれもこれも知ってることでした。よく自己啓発本に書いてあることばかり書いてあります。
でも、より深く「なんでそうすべきなのか」を、ガネーシャに罵倒されながら(笑)、懇切丁寧に教えてもらうことができます。
なぜそれをやるのが良いのか、今まで上っ面だけで理解していたんだと思います。それってそんなに深い意味があったのか、と驚愕したものがいくつもありました。

いい機会だし、実行してみます。
別にこれで大成できるとは思ってないけど、せっかくお金出してこの本買ったわけだし、「実行しろ」って書いてあったので、とりあえずやってみます。
というか、もうやり始めてます。

「ガネーシャからの課題」はメモっておいたので、ひとまず本は捨てます(笑)
また読みたくなったら、また買います。

マイペースに近況報告。

August 27 [Thu], 2015, 1:10
改めまして、お久しぶりです!

先日久々にブログを更新したんですが、その前に更新したのが昨年の12月。
かなり期間が空いてしまいましたね(^_^;)

これぞ、マイペース。



この約8ヶ月間、何度もブログ記事を書いてはいたのですが、すべて完成しないまま時が過ぎてしまいました……。
でも前回の記事で紹介した『Presents』という本の記事だけは完成させなければ!という思いで(ホントいい本だったのです)、夏休み中になんとか書き上げたというわけです。


さて久々のブログですので、最近の私について少しお話しようと思います。
昨年まで私の趣味といえばマスキングテープ集めでしたが、最近はその熱もある程度まで下がり、ただ今新たな趣味の熱が上昇中です。

それが、セルフネイルと断捨離。


セルフネイル熱は、ドラゴンズのイベントで無料でネイルしてもらったのがきっかけ。
もともと小さい頃からネイルは好きだったけど、塗るのが下手すぎて嫌になったことが何度か(笑)

野球観戦の時にドラゴンズネイルやりたいなぁってところから始まって、ドラゴンズのネイルシール買って、いざ家に帰ってマニキュア(今はポリッシュって呼ぶらしい)を引っ張り出してみたら古くて使い物にならないという……。
買うにもドラッグストアとかだとそこそこ値段するんですよね。で、そういえば100均にマニキュア売ってたなーと思って調べてみたら、100均のマニキュアやネイルシールで可愛くセルフネイルやってる方がいっぱいいるんですよ!
いろんな人のブログ見てはちょこちょこ100均行って道具を買い揃えてみたんですけど、何せ塗るのが下手くそなんですよね(笑)
なので今は主にマニキュアを綺麗に塗る練習をしてます。で、少しネイルシールをつけたりして遊んでます。

下手ですけど、前回野球観戦に行った時はこんな感じ。


断捨離はまだ本当に始めたばかりで、まず身の回りにあるガラクタや、ここ数年で急激に増えた本たちを整理しています。
本はもちろん読み終わったものもあるのですが、買ったのに読んでない「積読(つんどく)」状態の本もたくさんあって、そういう本も含め、残すか手放すか選別中です。

子供の頃のポケモンカードやシールといい、近年のマスキングテープやクリアファイルといい、収集癖があるんですよね、私。
マスキングテープなんて、ぶっちゃけ使うって言っても限界があるじゃないですか。可愛いんだけど、マスキングテープで何かを飾るにしても私そういうセンスがないんで、ぶっちゃけマスキングテープ貼らないほうがシンプルで可愛かったり……。
結局、手元にあっても活用できないんですよ。出費も嵩む。買う必要がないんですよ。
断捨離をしたいと思った理由はそこで、いかに自分が無駄遣いをしているか、自分の今までの購買行動を省みなければいけないと思ったんです。で、最終的には出費削減に繋げたい!そういう魂胆です。



夏休みをそれなりに満喫したので、それもブログに書きたいなぁ。
でも、その根気がない(笑)

最近いろんなことを感じていて、物思いにふけることが多くなりました。
そういうことも文章にしていけたらいいなと思っています。アウトプットはしたほうがいいってよく聞くし。

それでは、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

Presents。

August 14 [Fri], 2015, 14:53
角田光代[著]、松尾たいこ[絵]
『Presents』
双葉社 定価571円+税


この本を買ったのは、去年のクリスマス前のこと。

帰りのバスを待つ時間、入った本屋でかわいらしい文庫本がこっちを向いているもんだから、気になって手を取りました。


ほら、かわいらしいでしょう?
このカバーに惹かれたんです。


普段小説って買わないし、読まない(森見登美彦さんのは例外)。
いつもビジネス書やハウツー本、自己啓発書ばかり読む私が森見登美彦以外の小説を手に取り、しかも買うなんていうのは奇跡に等しい。

そんな私がこの本を買ったのは、知人宅のイルミネーションを拝見し、食事をごちそうになった帰り。
とても寒い夜に輝く七色の光と、贅沢な食事にお心遣い、そして楽しいおしゃべり。
仲間と別れ、ひとり歩く街並みは煌びやかだけど、なぜか寂しい。そこに現れたのがこの本。
プレゼンツ。
どうせクリスマスプレゼントをくれる人なんていないし、「クリスマス限定イラスト帯」って書いてあるから、これは私から自分へのクリスマスプレゼントってことにしよう。
・・・なんて考えながらレジへ。



あの時、買ってよかったです。正解でした。

でも、読むんじゃなかった。
だって、だってさ、・・・私ってこんなに涙もろかったっけ??(´;Д;`)

帰りのバスの中で読み始めて、16ページ目。目次とかあるから実質10ページ目。わずか10ページ目ですよ?
ワサビを食べて鼻の奥がツンとなるような感覚とともに、涙腺から分泌される生温かな液体。
・・・マ、マジか!?マジなのか、自分!?
なんとまあ、私の弱点を突いてくる突いてくる。ドラえもんの短編映画『おばあちゃんの思い出』並みのダメージを食らいました。しかも何度も。

この本は12の短編小説で構成されていて、主人公は中学生からおばあさんまでのさまざまな年齢、環境の女性たち。
そして、この12の主人公たちはこの本のタイトルの通り、プレゼントをもらうことになります。

最初のお話、「名前」からもう私の中ではクライマックス。
だって、全部わかるんだもん。
なんでこんなにつまらない、かわいくない名前なんだよ。他の子はオシャレでかわいい名前なのに。……って思う娘の気持ちも。
産まれてくる子を思って真剣に名前を考える親の気持ちも。
自分の名前がつまらないものに思えても、複数の候補を出して一つを選ぶまでには様々なドラマがあって、それを私は家の本棚にしまってあった姓名判断の本の書き込みを見て知った。
生まれて初めてもらうプレゼント、「名前」。

ほら、泣けてくるでしょ??(ノД`)



あったかくて、優しくなれる本。

そんな本を読みたい方。
ここ数年泣いてないなーって方。
大切な人がいる方。
もうすぐ子どもが生まれるよって方。
最近親とうまくいっていないという方。
読書を始めたいけど何から読んでいいかわからないって方。
そして、男性の皆様方。

騙されたと思って読んでほしい!
オススメです!!(^^)

私のお盆休みE〜夜の動物園〜

August 24 [Sun], 2014, 1:04
皆さん、夜の動物園に行ったことはありますか?

私も今まで行ったことなかったんですが、今年初めて行ってきました!
愛知県名古屋市にある東山動植物園の『ナイトZOO』と呼ばれるイベントです♪

東山公園駅側の入口から入っていくと、このようなオブジェ(?)が。

真ん中に鎮座している落花生みたいなやつ(笑)は、東山動植物園のマスコットキャラクターであり、動物と直物の妖精「ズーボ」です。
動物園「zoo(ズー)」と、植物園「botanical garden(ボタニカル・ガーデン)」の「ボ」が名前の由来で、お腹の「&」の文字は「動物園と植物園をつなぐ」という意味だそうです。
弟が「赤いのは口だ」と言い張ってたんですけど、絶対鼻ですね。出っ張ってますもん。

ちなみにこのオブジェ、空がもっと暗くなるとこんな感じ。

綺麗ですねー。この優しくて暖かみのある光、いいですよね。
ズーボの周りをさまざまな動物が囲んでいました。そしてこの前で記念撮影をしたい人たちもたくさん囲んでいました。

こちらはカワウソさん。

なかなかこっちを向いてくれません。


あ、待って、行かないで〜。
結構時間かけて撮ってたんですけど、これが限界。

ああ、惜しい!非常にすばしっこかった…。

お次は新しいアジアゾウ舎「ゾージアム」の前のモニュメント。

スリランカのお祭り風の飾りつけだそうですよ。スリランカはアジアゾウの故郷らしいです。

こちらは象さん親子。

ゾージアムの中では象の赤ちゃんが生まれた時の映像を見ることができました。一生懸命立とうとする赤ちゃんとそれを気遣うお母さんに目頭が熱くなってしまいました。良いものを見させていただきました。

こちらはアシカさんだったかしら。

すんごい顔。暑かったからなのか、ぐでぇーーん、ってなってました。
あまりにすごい顔なので拡大。

なんという大物感。これから師匠と呼ばせていただきます。

ここにも動物たちのイルミネーションが。

こちらは雪国の動物たちでしょうか。こちらも写真撮影のスポットとして大人気でした。

こちらは植物園の大きな温室。

現存する日本最古の温室で、国の重要文化財だそうです。植物園らしく緑色にライトアップされていました。

せっかくなので東山スカイタワーにも上りましたよ。夜の動物園を上から見てみようと思いまして。

もっと暗かったらもっと綺麗だったんだろうと思います。


……にしても怖い。
ずっと見てれば慣れると思いきや、見れば見るほど高所の恐怖に襲われてしまいました…。下りのエレベーターを待つ列がまさかの窓沿いっていうね。窓に背を向けて「頼むから地震が起きるんだったらタワーから出たあとにしてくれ」って祈りながらエレベーターが来るのを待ってました。エレベーターの中もずっと目を閉じてました。なんでタワーのエレベーターってわざわざ外見れるようになってるんですかね。展望台で思う存分見れるんだからそこはいいじゃないの…。
でも展望台には椅子やソファがいっぱい置いてあったので、高所でえなければかなり過ごしやすい場所ですよ。私が以前行ったときはそこまで親切じゃなかったはずなので、これはいいなと思いました。

動物園にもどると本格的に暗くなってました。まさにナイトZOO。

これはサイさんだったかな。フラッシュ撮影禁止なのでうまく撮れない…。私の携帯電話ではこれが限界でした;
こんなふうに園内のいろんなところがライトアップされていて、夜の動物を観察することができます。写真は諦めて目に焼き付けてきました。ライオンやトラなどの人気の動物には長蛇の列ができていました。

この他に、植物園にはご当地グルメコーナーができていて、最近サービスエリアグルメとしても話題の生フランクフルト(普通のフランクフルトはあらかじめ茹でてあるものを焼きますが、生フランクフルトは火が通ってないものをそのまま焼く)や、から揚げ(2店舗)、ふわふわのかき氷などを堪能しました。その中でも知多牛バーガーは絶品で、ハンバーガーってこういうものだったのか!と衝撃が走りました。まあ、単に今まで食べてきたハンバーガーのレベルが低かっただけだと思いますが…(苦笑)

そして、ナイトZOO最後の2日間限定のメインイベント、縄文杉(レプリカ)へのプロジェクションマッピング。
これは予想以上に良かった!不安定な天気の中の開催でしたが(夕方は大雨&雷ゴロゴロ)、これが中止にならなくて本当に良かったです。短い映像でしたが、技術はもちろん、ストーリーもしっかりしていて動植物の勉強にもなりました。
縄文杉にプロジェクションマッピングを施し、かつストーリーにも縄文杉を登場させることで植物への関心を促し、縄文杉が動物のさまざまな特性について語ることで動物への関心も促すという、まさに動物園と植物園をつなぐズーボ的イベントだったのではないでしょうか!(+・`ω・´)キリッ
実はプロジェクションマッピングを諦めてずっと動物を見てようかとも思ったんですけど、これは見て正解でした。楽しかったです!

初のナイトZOO。
汗だくになりながらも、いつもの動物園では味わえないものを味わうことができて良かったです♪
でも園内を行ったり来たりしたからすんごく疲れた。東山動植物園、広すぎ!(笑)

私のお盆休みD〜ハローキティ〜

August 21 [Thu], 2014, 18:30
名古屋栄三越で開かれていた『40th ANNIVERSARY ハローキティアート展』に行ってきました!

すみませんね、チラシも入口の写真もなくて…。しかも相変わらずくしゃくしゃっていう。

小さい頃はキティちゃんのコップとか使ってた記憶はありますが、正直そこまでキティちゃん好きじゃないです(笑)

アニメは好きだったんですけどね。
イラストではキティちゃんに口ないですけど、アニメではちゃんと口があって、普通に話してますからね。あれを初めて見たときは衝撃でしたね。子供ながらに
「口あんのかよ!Σ(°Д°)」
と思って(笑)


今回のアート展ではハローキティの生誕から現在に至るまでを、今まで発売されてきたグッズやデザインの変遷などによって知ることができます。

やっぱりね、見てると懐かしいデザインがあるんですよ。私がキティちゃんにお世話になってたのはこれぐらいの時期かー、ってのがわかるんですよ。
キティちゃんあんまり興味なかったですけど、なんだかんだで通ってきてるんですよね。敢えてキティちゃんの双子の妹ミミィちゃん推しだった時期とかね、あったんですよ(笑)
まあ今でも私はミミィちゃん派ですけどね。ミミィちゃんのナンバーツー的ポジションに妙に親近感が湧きますね。


今回の展示では、全国各地で発売されているご当地キティちゃんも勢ぞろいしていました。
名古屋開催ということもあり、東海地区のご当地キティちゃんコーナーに人が集まっていました。シャチホコとツーショットのキティちゃん、シャチホコに扮したキティちゃん、Wシャチホコキティちゃん……って
シャチホコばっかりやないかーい!\(^o^)/

いや、他にもたくさんありましたけどもね。ただシャチホコのバリエーションの多さには驚いちゃいました。
私は伊勢うどんをすすってるキティちゃんがかわいいなぁと思いましたよ♪
ちゃんと見てみると、ほんとよくできてるんですよ。細かい部分もこだわってるんだなーって感じがしました。集めてる人の気持ちもわかるなぁー。


今回のイベントは中の撮影が禁止だったので、残念ながら中の様子はお見せできませんが、しかしながらワタクシ、お土産を買ってきましたよ!

今回のアート展で展示されていた『不思議の国のアリス』を題材にしたハローキティの作品の中から、『時間の中のアリス』のクリアファイル、そして、ハローキティの中でも恐らくかなりシュールなデザインの部類に入るであろう『イチゴマン』の靴下。
イチゴマンは絵を見た瞬間に「絶対このデザインのグッズを買おう」と心に決めたので購入。どうやらイチゴマンは子供たちからも人気のようで、グッズ売場で「イチゴマンだー!」ってテンション上がってる子供たちが多くいました。私も心の中では「イチゴマンのグッズコーナーあるじゃーん!」とテンション上がってましたよ?無表情でしたけど。
アリスデザインのクリアファイルの方は他にも種類があって、アート展限定商品のようです。限定って言われると余計に欲しくなりますよね。でもそんなにお金もないので、私は我慢して一番かわいいと思ったこれを買いました。


キティちゃんをまた少し身近に感じられる、そんなイベントでした。

私のお盆休みC〜プロ野球〜

August 21 [Thu], 2014, 18:19
終戦記念日である8月15日、私は中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦に行ってきました。



席はレフトの選手のすぐ横。バレンティンが近い近い。ファウルボールがよく飛んできそうな場所でした。
ちなみに写真はヤクルトの選手の練習風景です。試合中の写真撮るの忘れました(^-^;

野球観戦に行く際の楽しみは試合以外にもあります。
私の楽しみの一つは、野球場で売っているお弁当、すなわち「球弁(たまべん)」です!

じゃーん!
今回買ったのは、期間限定の「サンドラ弁当」です♪
絶対これ買おうと思ってました。

日曜のお昼にCBCテレビでやっている中日ドラゴンズの番組『サンデードラゴンズ』(サンドラ)。ドラゴンズファンの方はもちろんご存じかと思います。
あ、東海テレビの『ドラHOT+』も観ますよ。観てますけど、申し訳ない、
私はサンドラ派なんです。
峰竜太さん、すみませんね。弟はドラHOT弁当買ってたんで勘弁して下さい(^_^;)

肝心なお弁当の中身はこちら!

今回のサンドラ弁当はナゴヤドームで見かける球弁の中ではかなりセンス良いと思います。だって中身は視聴者の投票で決めたんですもん。
そういう組み合わせが欲しがったんだよなーっていう、痒いところに手が届くような弁当でしたね、私としては。
地味にかまぼこが美味しかったです(笑)
ハンバーグも夏野菜のソースが乗っていて、ケチャップやデミグラスソースとはまた違ってすごく良かったです。「そうそう、私はそういうのを望んでたのよー!」っていうね。

今回のサンドラ弁当には当たると観戦チケットが入ってるんですけど、どこ探しても入ってませんでした……うーん、残念。
おかしいな〜、売店で「サンドラ弁当、当たりのやつ下さい」って言ったんですけどねぇ〜、
父が(笑)
恥ずかしいわ!もう飲んでんじゃないのかと思いましたけどね、まだ飲んでなかったですね。売店のお姉さんたちは絵に書いたような苦笑いを披露して下さいましたよ。

そして、皆様にもう一つ残念なお知らせがあります。
今回のこの記事、ここがクライマックスです(笑)


試合の方はヤクルトに4点を先制され、ドラゴンズが2点返したものの、ダメ押しの2点を食らい、結果6-2の惨敗。ヤクルトファンの応援用の傘が舞いに舞ってましたよ。楽しそうでしたねー。うらやましい!
いやぁ〜、それにしてもバレンティンのホームラン凄かったなぁ〜(;´∀`)

私のお盆休みB〜ハイウェイオアシス〜

August 20 [Wed], 2014, 18:17
この時期になると高速道路のサービスエリアやパーキングエリアが話題になりますよね。
ということで、私も行ってきましたよ!刈谷ハイウェイオアシス!

この時期よく特集されてるんですよねー、刈谷ハイウェイオアシス。
グルメや温泉、遊具ゾーン。そして新鮮な地元の食材たち。

でもね、ワタクシあんまり写真撮ってないんですよ( TДT)
本当は父とゴーカートやメリーゴーランドに乗ったりしたんですけどね〜。100円で乗れちゃうんだから、そりゃあ乗りますよね。乗っちゃいますよね?


そうそう、ゴーカート乗ったんですよ!
何年ぶりかなあ?(もちろんメリーゴーランドも数年ぶり)

以前乗った時はアクセルとブレーキを同時に踏んでいたり、カーブで必ずと言っていいほどぶつかったりで(ハンドルの回し具合がよくわからなかった)、恐ろしく酷い有り様だったんですよ。
それで「あ、私は車を運転するセンスがないんだな…」と悟ったものでした。

…が、しかし!
そうです、私はおよそ半年前に自動車の普通運転免許証を手に入れたのです!
ゴーカートの絶望から数年、その絶望を乗り越え、運転の技術をそれなりに身に付けることができたのです!
そして、いつかゴーカートに乗るチャンスが来たならば、そのテクニックを遺憾なく発揮してみせようぞ(*`Д´*)ノ、と思っていたわけです!

ええ、遺憾なく発揮してやりましたよ。アクセル全開で(って言ってもあんまりスピードは出ない)、カーブで一度もぶつかることなくゴールですよ!
父ちゃん、母ちゃん、わたし成長したよ……(。´Д⊂)


まあゴーカートの話は置いといて。
刈谷ハイウェイオアシスには観覧車もあるんですよねー。

……ん?
…………え!?Σ(°Д°)

黄色に赤い服。あの後ろ姿はまさか……ディ○ニーのプ○さんでは!?

他にもハローキ○ィらしきもの、アンパ○マンらしきもの、ドラ○もんらしきものが観覧車にはいました。
すんごーく気になりましたが、……すいません、私観覧車ダメなんです。あんな恐ろしいものに私は乗れません。


さてさて、私が一番気になっていたのがグルメ。
まずは黒豚まん。


これ食べたかったんですよ!
ボリュームもあるし、肉汁も出てくるし、皮の部分も美味しいし。これには満足。

あと食べたのはこれ。

ピッツァのマルゲリータ!
期間限定でマルゲリータがお安くなってたのでこれにしました。
オリーブオイルをお好みでかけられるようになってたんですけど、それがすごくフルーティーでびっくりしました。私が今まで食べてきたオリーブオイルは一体なんだったのだろう……というくらいの衝撃。
お店の窯で焼いたばかりのピザは生地が香ばしく、バジルの葉の香りも良かったですね。これまた、私が今まで食べてきたマルゲリータは一体なんだったのか……というくらい美味しかったです。

他にもラーメン横綱や胡麻のクレープ、チキンオムライス、おからのドーナツなどなど、美味しそうなお店や食べ物が並んでいました。
グルメが充実してるサービスエリアって嬉しいですよね。


刈谷ハイウェイオアシス内にある市場(いちば)には地元の新鮮野菜が並び、なんと、生のとうもろこしの試食もありました。
とうもろこし好きの私ですが、生のとうもろこしは初めてでした。
ほんとに甘いんですね!さとうきびみたいでした。でも、やっぱり生のまま食べるもんじゃないですね、とうもろこしは。青くさい(笑)
テレビでとうもろこし農家さんが「自分たちは生で食べない。ゆでた方がうまい」って言ってたのを思い出しました。

他にも、不格好で市場(しじょう)には出回らない野菜を安く売っていたり、スーパーではあまり見かけないような野菜も売っていて、結構面白かったです。
ちょうど農家さんが品物を並べていらっしゃったので、どれが市場を経由して少し時間が経ってしまった野菜で、どれが朝取れたばかりの新鮮な野菜か、聞くことができました。その野菜を育てた方に直接お話を聞けるのはいいですよね。
野菜以外にも、地元産の魚やお肉、地元の特産品などがたくさん売っていました。


最後に、市民ギャラリーみたいなところのトイレ横の通路にあったペイント(笑)

あ、ここには元阪神タイガースの赤星さんのサインとかバットとか置いてありました。愛知県刈谷市の出身らしいです。



なんだか、伝えたいことがよくわからない記事になってしまった(^_^;)

私のお盆休みA〜夢の超特急〜

August 20 [Wed], 2014, 0:41
ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されていた『東海道新幹線開業50周年記念 夢の超特急展 ―みんなの夢をのせて半世紀― 』に行ってきました!

またもやチラシがくしゃくしゃですみません。

こちらが入り口。

新幹線の先端、私には顔にしか見えませんが、このサイズのものを真正面から見るとかなり迫力ありますねー。
これは実物大なんでしょうかね。

私、鉄道オタクでもなんでもないですけど、このイベントでなぜか感動しちゃいました!!
すっごくいい展示でした!

時は高度経済成長時代。
夢のようなビッグイベントが日本にやってくる。それが1964年の東京オリンピック。
それに合わせて1964年10月1日に開業したのが東海道新幹線、夢の超特急です。
1970年には、太陽の塔や月の石が印象的だった大阪万博も開かれました。
日本人が初めて経験する夢のビッグイベント。これらに夢の超特急が人々を連れていってくれてたんですね。

開業までの歴史やそれに関する資料を見ると、関わった人々の苦労や当時の日本人の高揚感みたいなものを感じることができました。
また映像での説明もあり、ドラマ『相棒』でお馴染みの六角精児さんが案内役をされていました。
…ちなみに、六角さんは乗り鉄と呼ばれる種類のオタクさん(写真を撮ったりするより乗る方が好き)のようで、本格的に鉄道に目覚めたのは実は30代後半とかなり遅めだったそうです(TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』にゲスト出演された時に話しておられました)。

今回の展示では、実際に新幹線の運転士気分を味わえるスポットもありましたよ。

こちらは0系の運転台。0系は初代の新幹線ですね。チラシの左側に描かれている、顔がまん丸でキュートな奴です。
画面には運転席からの景色が映っていて、運転士?車掌?の帽子を被って写真を撮ることもできます。


これは700系の運転台。こちらも実際に運転席に座って、新幹線を運転している気分を味わうことができます。

2つの運転台は記念撮影ポイントになっていて、家族連れが並んでました。大人だけで記念撮影している人が一人もいなかったので、さすがの私も今回は記念撮影を断念。
ですが、画面を見ているだけでも十分面白かったですよ。

そして、これがおそらく今回のイベントの一番の目玉。東京、名古屋、大阪の建物などを再現してある大型ジオラマです!
(モザイクばかりですみません…)

こちらは名古屋ゾーンですね。
タカシマヤ開催だけあって、きちんとタカシマヤのアピールもしてあります(笑)
金のシャチホコで有名な名古屋城もありますよ!

こちらは東京ゾーンですね。
(そして、こちらもモザイクばかりですが…)

東京駅や東京タワーなんかがありましたよ。
新幹線には詳しくないのでよくわかりませんでしたが、いろんな色、形の新幹線が走ってました。ライトが点いてる新幹線もありましたね。かっこよかったです!
このジオラマに一番多くの方が集まっていたのではないでしょうか。

他にも実物の座席やパンタグラフなどのパーツ、新幹線の絵本やおもちゃ、新幹線関連の商品、チラシ、時刻表などなど、マニアの方が見たら大興奮?の資料が展示してありました。

そして出口のグッズ売場で私はこちらの2点を購入。

今回のイベント限定のクリアファイルと、私がこのイベントで虜になったキュートな0系のふせんです。
グッズ売場にはJR東海以外の新幹線の商品(どうやら今はドクターイエローって新幹線が売り出し中のようです)や、名鉄、名古屋市営地下鉄、リニモなど新幹線以外の鉄道関連の商品、そして完全マニア向けの駅名看板や車両のパーツなどもあり、かなり充実した品揃えでした。

いやぁ、0系が可愛い。なにあの愛くるしい顔は。
でもこの0系、現在は引退してるんですよね。悲しい!悲しすぎる!っていうか、もしかしたら知らず知らずのうちに私、実は0系乗ってたんじゃないの…?絶対何度か新幹線乗ってるもん。うわー、なんか悔しい!
ちなみにN700系はおととし乗ったんですよ。思わず記念撮影しちゃいましたね(笑)
だってあんなにクチバシとんがってるんですよ?しかもまだ新品でキレイでしたから。そりゃあ撮りますよね!車両をパシャパシャして、車両をバックに記念撮影ですよ。
あっ、東京駅で新幹線の車内清掃を間近で見た時も大興奮でした!だってあんな素早くてリズミカルな清掃、なかなか見れないですよ?極限まで効率化されてるんだと思うんですよね。あれは絶対一度は見た方がいいと思いますね!うんうん!

新幹線って、いつの時代も、人々をワクワクさせてくれるものなのかもしれませんね♪
新幹線好きな人の気持ちが少しわかるような気がします。

今度はリニモ・鉄道館にも行ってみたいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みっくん
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Cocco、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Base Ball Bear、サカナクション
読者になる
マイペースに歩いていく。

勉強嫌いの研究者見習いがマイペースな日常をマイペースに更新していくブログです。
コメント歓迎♪
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
最新コメント
アイコン画像まさ
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2017年02月24日)
アイコン画像みっくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年12月24日)
アイコン画像みっくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年12月19日)
アイコン画像みっくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年07月28日)
アイコン画像むしくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年07月28日)
アイコン画像みっくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年04月09日)
アイコン画像まいりー
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2014年04月09日)
アイコン画像みっくん
» 大腸内視鏡検査体験記―当日病院編― (2013年12月28日)